「銀行 cir 意味」に近い情報
「銀行 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「銀行 意味」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「銀行 意味」に関する記事情報

貴社の資金繰りを判定するAI――FinTechはどこまで進むか

決算書なしで銀行から融資を受けられる時代が来た。各所で進むFinTechを支えるAIはどういったものだろうか。

企業におけるデータ利活用の実態(2019年)/後編

キーマンズネットは2019年4月11~25日にわたり「データの活用状況に関する意識調査」を実施した。中小企業のデータ活用動向や「情報銀行」の利用意向などが明らかになった。

三井住友銀行が挑むデジタル変革の裏側――AIを活用した業務改革

業務の効率化に頭を抱える企業は多く、三井住友銀行もその1社だった。ヘルプデスクや人事総務、顧客応対など行内には合理化すべき業務が多くあった。これらを効率化するために同社が選んだ選択肢とは。

FinTechの急先鋒、セブン銀行はAIでATMをどう変えるつもりか

セブン銀行はAIによる業務再編を前提にATMを刷新する。将来は自社スタッフ全員が「電卓のように」AIを使う世界を目指すという。ATMが変わるだけで、どこまで企業が変わるかを聞いた。

連携機能で250兆円経済圏の可能性を秘める「APIエコノミー」とは?

システム同士を連携させるAPI。多くの公開APIが利用できる「APIの銀行」となる存在も登場した。APIの今を解説する。

「RPAをお祭り騒ぎにはしない」三菱東京UFJ、RPAへの全力投球

RPA活用の国内での先駆者として知られているのが三菱東京UFJ銀行に導入のいきさつと活用ノウハウを聞いた。企業規模問わず参考にしたいRPA活用の極意や、序盤では「RPAとマクロとの決定的な違い」も紹介しよう。

匿名加工情報とは? 基礎概念、利用用途を理解する

個人情報保護法は個人情報を守りながらも広く社会に貢献する情報活用に向けた道も整備している。情報銀行構想などはその一例だ。その際、カギとなる匿名加工情報とは何か。匿名化ソリューションとその利用用途はどんなものか、基礎情報を整理する。

「ご確認」メールで、あなたの会社の銀行口座が狙われる

突然、亜種が生まれ、大量の攻撃が発生するマルウェア。日本語メールで銀行口座を狙う「URSNIF」が復活した。

インターネットバンキングのサイバー攻撃対策事情、ジャパンネット銀行の取り組み

日本初のインターネット専業銀行、ジャパンネット銀行ではさまざまなセキュリティ対策を実施。日々新たな「不正送金マルウェア」が見つかる中、同社ではどのような対策を行っているのか?その取り組みを追った。

「銀行 意味」に関するIT製品情報

性能・分析・拡張性など高度な要件をもつ大手投資銀行が認めたデータ基盤とは?

インターシステムズジャパン株式会社

フォーチュン100に名を連ねる大手投資銀行では、Hadoopデータレイクのさまざまな技術的課題に直面していた。動的な拡張性やミリ秒単位のクエリ応答性など高度な要件に対応すべく検討された、データ基盤刷新の取り組みを紹介する。

端末のシンクライアント化に対応したログ管理でセキュリティ対策

株式会社ラネクシー

紀陽銀行では、営業店端末を中心にシンクライアント化を計画したが、ログ管理ツールが非対応だったことから、MylogStarを導入、必要なセキュリティ対策を実現できた。

AI活用に向けIT基盤をクラウドへ、福井銀行は大規模システムをどう移行したのか

日本アイ・ビー・エム株式会社

福井銀行では、大量のテキストデータから価値を引き出すためAIを活用するPoCに取り組んできた。だが、その仕組みを実現するにはインフラのパフォーマンスや柔軟性が不十分だった。そこで同行が選んだのが、クラウド移行という選択肢だ。

1000台規模のタブレットをリモートで運用管理、第四銀行はどう実現した?

株式会社JALインフォテック

デジタライゼーションの一環として、全店舗を対象に約1000台のタブレット導入を決意した第四銀行。インストール作業によるコストや手間の負担をはじめとした多くの課題を解決し、リモートでの運用管理を実現した秘策とは?

シンクライアント環境に適したデバイス制御で情報漏えい対策強化

株式会社ラネクシー

琉球銀行株式会社では、行内PCのシンクライアント化に伴いデバイス制御製品を導入。特定のUSBメモリだけを利用可能にでき、かつ制限解除を柔軟に行える点も評価した。

「銀行 意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。