「過去トラ 活用」に近い情報
「活用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「活用」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「活用」に関する記事情報

全力すぎるRPA導入 月316時間を効率化した運用ポイント

ディー・エヌ・エー(DeNA)はRPAを2017年6月に導入した。外部コンサルタントに頼らず、社内リソースでRPAの活用を定着させたことが大きな特徴だ。同社はどのようにRPAを運用しているのか。

肩越しに手元を見ながら作業を教えてくれる 「遠隔操作ロボット二人羽織」って何?

まるで自分の両手のように自在に動く「二人羽織」ロボット。今後、どういった活用が期待されるのだろうか。開発の背景を聞いた。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

今のAIブームは単なるお祭り騒ぎか 1541人に聞いたAIビジネス利用実態

第3次AIブームと呼ばれる現在、RPAと並び企業の関心が高いAI。今のブームは一時的な盛り上がりなのか、それとも定着の前段階なのか。それを探るために、1541人の読者に対して勤務先でのAI活用状況について聞いた。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

国内働き方改革ICT市場、順調な市場拡大の裏にある懸念

2017年の働き方改革ICT市場は、2兆2769億円だった。働き方改革を背景としたICT活用が進み、市場は順調に拡大すると予測できる。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

Googleドライブで業務効率をアップするための4つの手順

G Suite(旧Google Apps)の中心機能であるGoogleドライブの共有権限を活用して、社内や社外のプロジェクトチームでスムーズに仕事を行うことは業務効率の改善につながります。そのための4つの手順を紹介します。

何でもRPA化で無法地帯……秘伝のロボ術で起死回生した百貨店企業

2016年からRPAを導入し、年間4600時間分の削減したJ.フロント リテイリング。しかし、その過程では「IT部門が関与しないところでRPAが作られ、“無法地帯が生まれる」といった苦労を経験した。苦労の中で編み出した、秘伝のロボット活用術を紹介する。

「活用」に関するIT製品情報

事業拡大によるリスクに対応、小規模企業の成長に不可欠な“4つの戦術”とは?

日本オラクル株式会社

小規模企業が持続的に成長していくためには、事業拡大による運営の複雑化が生むリスクを排除し、独自の成長プロセスを生み出す必要がある。そのために欠かせない4つの戦術と、それらを効果的に実行するERP/CRM活用術を紹介する。

投資回収期間は2カ月~1.9年、中堅・中小企業のクラウドERP活用の実態調査

日本オラクル株式会社

企業の経営効率化に有用なERP。中でも、低コストで導入・運用が可能なクラウドERPの活用が中堅・中小企業で広がっている。100社超への調査からクラウドERPの評価を行ったところ、多くの企業がROIを短期で達成していることが分かった。

人員を増やさず実現、コールセンターの生産性と顧客満足度を最大化する秘訣とは

ワークスモバイルジャパン株式会社

コールセンターや社内ヘルプデスクを運営する企業にとって、「対応品質向上」は重要だが困難な課題だ。そこで、人員が不足する中でも、生産性と顧客満足度を向上させる方法として注目される「チャットツール」の新たな活用法を紹介する。

「クラウドの利活用」がDXの鍵となる 着手前に確認しておきたい課題と対応策

SB C&S株式会社

DXを推進して、ICT環境をランクアップさせたい企業にとって鍵となるものは「クラウドの利活用」だ。IT基盤構築、SaaS活用、セキュリティ対策といったさまざまな課題を解決して最適な環境を創造するために必要なものとは何だろうか。

明治座の「基幹システム再構築プロジェクト」に欠かせないと評されたツールとは

JBCC株式会社

東京で長い歴史を誇る劇場、明治座の基幹業務システムを20年以上支え続けたあるツールは、次の再構築プロジェクトでもフル活用が予定されているという。そのツールの実力と今後の展望を、同劇場のIT部門責任者に語ってもらった。

「活用」に関する新着セミナー

G Suite (旧名:Google Apps)活用セミナー/東京・Google 本社

株式会社サテライトオフィス

2019/05/14(火)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員100名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール

【京都開催】AI活用ユーザー事例の紹介 (アクセラレーテッドコンピューティングの時代)

株式会社オープンソース活用研究所

2019/04/12(金)14:00~17:10

  • 東京都
無料 | 定員7名 | サーバー

【店舗をお持ちの企業限定】ローカル検索を最適化 Google Map などの順位改善や自社ブランド価値の向上を行う方法

株式会社オープンソース活用研究所

2019/04/17(水)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員15名 | WEB構築

「活用」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。