「連携 英語」に近い情報
「連携」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「連携」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「連携」に関する記事情報

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

連携機能で250兆円経済圏の可能性を秘める「APIエコノミー」とは?

システム同士を連携させるAPI。多くの公開APIが利用できる「APIの銀行」となる存在も登場した。APIの今を解説する。

ID管理システムの導入状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員201人を対象にアンケート調査を実施した。ID管理システムの導入形態や連携するシステムなどID管理システムの利用状況が明らかになった。

無駄仕事で忙殺される中小の経理、RPA×freeeで何ができるか

経理担当者は本当に経理の仕事で忙しいのか。freeeは、中堅中小企業の経理業務を向上させるためにfreeeとRPAの連携を推奨する。会計業務量を従来の約30分の1に削減した実績もあるfreeeと、RPAを連携させる意義とは。

「隣の部署のデキる人材」を逃さない人材シェアリングとは?

求めていた人材は、実は隣の部署にいた。情報連携のない従来型の人材調達ではよくあることだ。人材不足の今、それでは求める人材をなかなか獲得できない。そんな人材調達を効率化する人材シェアリングとは。

LPWAを徹底活用してIoTビジネスを始めるには?

LPWAはIoTデバイスからデータを収集するための通信手段として注目を集める。LPWAを活用するためには、どのようにデータをクラウドと連携させ、アプリケーションへと受け渡し、可視化するか。

カメラ×AIで何ができる? 専用演算チップを積んだファーウェイの新スマホの実力

スマホのAIといえば「Hey Siri」などの音声アシスタントがおなじみだが、ファーウェイのAIは一味違う。ライカのレンズと連携することで実現する、新機能とは?

電子ペーパーで会議室を見える化、グループウェア連携で社内資産を有効活用する手法

「会議室が足りない」「もっと増やせ!」クレームに苦しむ人も多いだろう。増設計画をする前に、会議室のリアルな利用実態を把握したい。そんな声に応える電子ペーパーが登場した。

サービスによって大きく乖離(かいり)する「クラウドPBX」選択の勘所

事務所移転や働き方改革の推進などによってPBX機能をクラウドに移管する「クラウドPBX」が脚光を浴びているが、PBXの機能継承やコミュニケーション基盤連携などサービス選びには落とし穴も。その勘所とは?

「連携」に関するIT製品情報

API関連プラットフォームとAWS導入で、Dropboxの人事システムはどう変わったか

Dell Boomi

企業が急成長する際、特に人事システムとワークフローはその影響を受けやすい領域だ。Dropboxも顧客や従業員の急増に対応しきれず、複数ある人事アプリケーション間の連携に苦心していた。同社はどのように環境を改善したのか。

経営層と情シスが今すぐ取り組むべき10大業務課題

CTCシステムマネジメント株式会社

現代のビジネスにおいてITの活用は重要なミッションであり、適切なIT投資を行うためには経営層と情報システム部門の連携が不可欠だ。2者が連携して取り組むべき業務課題と、その解決に必要なシステムとは何かを確認していく。

G Suiteと連携。手間なくメールの誤送信防止や安全な保管を実現

株式会社クオリティア

若手芸人など所属するタレントは約800人。ファンへのメール誤送信はあってはならないことで、加えて個人メールフォルダの大容量化も大きな課題となっていた。

情報漏えい発生ゼロへ。Office 365と連携したメール誤送信対策

株式会社クオリティア

Office 365にメール誤送信防止サービスとアーカイブサービスを組み合わせて、本社と各レストラングループに展開。情報漏えいの危険を回避する体制を短期間で整備した。

導入期間わずか3カ月で、10年使える経営管理基盤を構築できた理由

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

企業成長に伴い、システム刷新の必要性を実感していたセキュアでは、ERPとCRMを連携させた経営管理基盤をわずか3カ月という短期間で構築できた。その理由とは?

「連携」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。