「車、ミッション、datとは?」に近い情報
「車、」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「車、」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「車、」に関する記事情報

ひそかに設置されたAIカメラは「ながら運転」を撲滅するか?:532nd Lap

クルマの「ながら運転」は危険だ。特にスマホを操作しながら運転していたことが原因の自動車事故が多発している。スマホのながら運転は飲酒運転よりもはるかに危険だと指摘する専門家もいるほどだ。

ウェアラブルデバイスが男性の「あの悩み」を解決する?:531st Lap

活動量計やスマートウォッチに代表されるウェアラブルデバイスが普及したことで、毎日の行動を記録したり、かざすだけで電車や飛行機に乗れたりと、今まで不可能だったことが次々と可能になっている。だが、まさかこんなことまでウェアラブルデバイスで解決するとは夢にも思わなかったよ……。

1分未満で50%充電できるって本当? 「超高速充電リチウムイオン電池」

数時間はかかるスマホ充電や電気自動車への実用的な充電が数秒〜数分でできるかもしれない。東京工業大学と岡山大学の研究チームがリチウムイオン電池充電の桁ちがいな超高速化を実証した。

AI技術でタクシー配車を最適化する「リアルタイム移動需要予測」とは?

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

ああ、バレちゃった……、Appleが“秘密裡”に開発中だったアレ:481st Lap

各種センサーとAIを搭載した自動運転車は、自動車メーカーのみならずテック系企業も参入し、研究開発にシノギを削っている。テック系の最先鋒といえばグーグルであり、もちろん自動運転車の開発を進めていることがちょいちょい話題になっている。

トヨタが実践したデザイン思考の成果と「デジタル筋トレ」

最近よく聞く「デザイン思考」。コンセプトは分かるけれど、実際の行動方法はよく分からない、というのがホンネだ。トヨタ自動車が3年前から取り組んだのは、どんなことか?

「私は、やってない!」、スマホで痴漢冤罪(ちえん)証明がサービス化?:454th Lap

「痴漢冤罪(えんざい)」は電車通勤をするビジネスパーソンにとって大きな脅威だ。まったく身に覚えがないのに痴漢の加害者に仕立て上げられたなどという話を耳にすると、ただでさえ乗りたくない満員電車にもっと乗りたくなくなるというものだ。

自動運転の影の主役「ダイナミックマップ」とは?

カーナビの道案内機能を超えた高精度3D地図情報が自動車運転を可能にする「ダイナミックマップ」。信号の状態も分かるかもしれない。

コネクテッドカープラットフォームの本命となるか、「AGL」とは?

車載プラットフォームのオープン標準を目指すプロジェクト「Automotive Grade Linux」。その全容を徹底解説する。

発生する電車遅延、乗客からの問い合わせ殺到……東急電鉄の遅延トラブル対処にBoxが採用された理由

電車の遅延トラブルに頭を抱えた経験のある人は多いだろう。しかしその裏で同じように駅係員も頭を抱えていた! そんな東急電鉄がトラブル時の対処法を刷新、そこに採用されたのは、何と「Box」だった……。

「車、」に関するIT製品情報

作業進捗も在庫分析もサポート、“現場指向型”の倉庫管理ソリューションとは

東芝デジタルソリューションズ株式会社

物流現場のパフォーマンス向上には、車両も含めた倉庫内の作業を効率化することが欠かせない。そこで注目されているのが、入出荷作業から人員/在庫の最適化に向けた分析までを支援する、“現場指向型”の倉庫管理ソリューションだ。

交通運輸システムを激変させるコネクテッドビークル、収益化につなげるヒント

SAS Institute Japan株式会社

自動車をはじめとする交通運輸システムの分野では、コネクテッドビークルによる破壊的ともいえる変革が進行しつつある。これを支えるのは、スマートデバイス化したモビリティから収集したデータに基づく、優れたアナリティクスだ。

RTOの“2分の1”、2時間でランサムウェア被害から仮想マシン復旧した方法とは

アクロニス・ジャパン株式会社

物理サーバから仮想環境への移行後、バックアップシステムのセキュリティ品質やコストが課題となった、カナダの自動車販売代理店Ready Honda。複数拠点を抱える同社が、バックアップ/復元の一元管理とRTO短縮を実現した方法とは?

システムが3年で300倍以上に拡大、急成長企業がIT環境の複雑化を解消した方法

レッドハット株式会社

配車サービス大手のGrabでは、急激な成長にインフラが追い付かず、サービスの停滞やシステムの複雑化を招いていた。これを解消し、迅速かつ安全、確実なサービス提供が可能な環境を構築した背景には何があるのか。事例から読み解く。

OSSで開発サイクルとコストはどれだけ変わる? 自動車業界のモダン開発手法

ギットハブ・ジャパン合同会社

大転換期を迎えた自動車業界では、ソフトウェア開発の必要性が増大し、パートナーとの連携がより重視されるようになってきた。そうした変化に対応する新たな製品開発プロセスとして注目されているのが、OSSを活用したモダン開発だ。

「車、」に関する新着セミナー

自動車業界向けIBP-計画・分析の高度化を加速せよ(第2回)自動車部品サプライヤー様向IBP

Board Japan株式会社

2019/10/25(金)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報システム | データ分析

「車、」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。