「認証 対義語」に近い情報
「認証」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「認証」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザー本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。IDとパスワードを入力させる方式の他、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「認証」に関する記事情報

あの大物がパスワードを解析されたのに大喜び、その理由とは?:534th Lap

最近は生体認証の発達と普及によってパスワードの入力が不要なシーンも見られる。しかし、まだまだパスワードから離れられないのが現実だ。パスワード不要の世界は来るのだろうか……。

二段階認証と二要素認証、何が違い、どう危ない? 二段階認証が安全と言い切れない理由と最新の対策

二段階認証と二要素認証の違いを説明できるだろうか。よく分からないままでは思わぬ攻撃を受ける可能性がある。両者の違いと想定されるリスク、最新の認証技術がどうなっているかを整理する。

FIDO2普及元年、脱パスワードで変わる認証システム

パスワードの必要ない世界を実現するといわれる「FIDO」。2018年には、ブラウザでの認証をより便利にする「FIDO2」が発表され、2019年は“脱パスワード”が進むと予想できる。今知るべき、FIDOの各仕様の概要とメリットを解説する。

かの国の裁判所が続々とAIを導入、まさかの役目とは?:473rd Lap

最新のIT技術の導入にためらいを見せることが少ないお隣の国、中国。交差点で信号無視する人を街角の大型ディスプレイに瞬時に拡大表示したり、トイレのペーパーを一定量提供するのに顔認証技術を採用したりと話題には事欠かない。

みずほダイレクトは不正アクセスさせない! 「FIDO」の導入メリット

パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることながら、既存の仕組みや端末を生かせるなどの特長から、企業にとってもコストや労力の面でメリットが大きいという。

絶対に理解できる「FIDO」の話 パスワードの弱点を克服する認証

パスワードを使った認証の仕組みは時代に追随できなくなっています。パスワードを契機として15億件の情報漏えいが発生した事例もありました。そこで、FIDO認証という手法に注目が集まっています。その仕組みとは。

行動追跡、可視化、画像認識技術とマーケティングの関係

顔認証の精度が向上したことで、顧客の行動分析が可能となった。、販売やサービス業で新しい「おもてなし」を実現するサービスが登場する。

顔認証、顔認識で変わるセキュリティ対策

「顔認識」技術はここまで進化した。群衆の中から特定の人物を見つけ出し、10メートル離れた場所から視線の先を追う。用途は実に広い。

認証への意識の低さが「データ暗号化」を台無しにする理由

データを暗号化するだけで、情報が守られるわけではない。ユーザーIDやパスワードといった認証のための情報が流出したら、暗号化したデータは容易に復号できてしまう。

耳で認証、ヘルスケアや屋内ナビも実現する「ヒアラブル」技術とは?

耳に特化したパーソナルデバイスを利用する「ヒアラブル」技術が登場した。デバイスから語りかける執事のような世界が実現するか。

「認証」に関するIT製品情報

クラウド対応認証シングルサインオン 「WisePoint Shibboleth」

ファルコンシステムコンサルティング株式会社

クラウドサービス、社内Webシステムへのシングルサインオンと多要素認証

いまさら聞けない「本人認証」 SMSを活用した二段階認証について

ユミルリンク株式会社

アプリ開発や決済・金融系サービスを取り扱う企業の事業責任者や技術・開発担当にとって、「本人認証機構の実装」は重要度を増している。今回は認証の基本的なことや、有効な認証手段となる“SMS認証”に焦点を当てて紹介していく。

1分以内の障害復旧と運用自動化を両立、カブドットコムに学ぶIT基盤刷新の秘訣

日本ヒューレット・パッカード株式会社

クラウドセキュリティの国際認証をいち早く取得し、APIによるクラウドサービスの提供に取り組むカブドットコム証券。同社のサービスを支えるのが、APIやAIにより運用負荷を軽減し、コストの最適化を可能にする次世代型インフラだ。

盗んだ認証情報を不正ログインに悪用、botを使った新たな攻撃手法への対策は?

F5ネットワークスジャパン合同会社

盗んだ認証情報を利用し、botによって総当たり的に不正ログインを試みる「クレデンシャルスタッフィング攻撃」が拡大している。この被害を軽減するには、ID/アクセスセキュリティの徹底と、bot管理の両方が必要になる。

認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」

株式会社ネットスプリング

導入・運用の容易性とネットワーク認証の高機能化を両立したLDAPベースの認証アプライアンスサーバ。

「認証」に関する新着セミナー

クラウドとモバイルが変えた、認証・ID管理のトレンドと最新動向

マジセミ株式会社

2019/10/28(月)14:30~16:45

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 運用管理

「認証」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。