「要件ヒアリングシート バックアップ」に近い情報
「バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説バックアップとは?

バックアップとは、万一、ITシステムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリー(またはリストア)できるように、別のストレージ領域にこれらの情報の複製を保管しておくこと。また、バックアップツールとは、こうした作業を円滑かつスピーディーに行うための機能を備えた専用ソフトのことを指す。従って、バックアップ機能だけでなくリカバリーの機能も含めてバックアップツールと呼ばれている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリーしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリーされ、ディスク上に無い場合にはテープからリカバリーされる。バックアップでは、バックアップすべき頻度、ハードウェア環境(Backup to Tape、Backup to Disk、D2D2Tなど)、ネットワーク環境(帯域、WAN経由、LAN経由、SAN経由など)により、テープバックアップやバックアップサービスなどを使い分けることで作業効率が改善される。

「バックアップ」に関する記事情報

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

バックアップツールの導入状況と課題(2018年)

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントや満足度などバックアップツールの導入実態が明らかになった。

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

業務PCのバックアップ先を賢く選ぶ方法

業務用PCを組織として保護する必要性は理解できたが、普通のバックアップでは容量も世代管理もままならない。効率の良いバックアップ先を賢く選ぶ方法を指南する。

業務PCバックアップに「組織として対応」すべき理由

情報漏えいやデータ喪失、訴訟リスクは企業のIT予算の割合とは関係なしにやってくる。万一の自体に、組織として誠実に対応するために手軽で効率よくデータを保護する方法を考えよう。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などが明らかになった。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。BCP(事業継続計画)の対応状況やバックアップツールの導入状況などが明らかになった。

何ペタまで自力でバックアップするつもり? 巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」

止められない業務データを格納しているファイルサーバ。増える一方のデータを、どこまで自前で運用し続けられるのか? ストレージ拡張以外のファイルサーバ置き換え案を考える。

クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術

大量の仮想マシンが並ぶ環境を効率よくバックアップするには? 運用の極意とリカバリーの新技術を紹介する。

クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画、効率化の考え方

クラウドが当たり前になると、システムのバックアップは煩雑になりがちだ。どうすれば運用を楽に、効率的にできるだろうか?

「バックアップ」に関するIT製品情報

仮想/物理/クラウドに分散したデータを効率的にバックアップする秘策とは

株式会社ネットワールド

かつてはオンプレミスのみでのデータ保持が一般的だったが、現在ではクラウドが当たり前になるなど、企業のデータ保持環境は大きく変化している。仮想/物理/クラウドに分散したデータのバックアップを効率化する方法はあるだろうか。

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア

Commvault Systems Japan

オンプレからクラウド環境まで、企業データの統合バックアップに

業務負担もデータ消失リスクも最小限に――クラウド時代の賢いバックアップ対策

東京エレクトロン デバイス株式会社

オンプレミスとクラウドが混在し複雑化する今日のシステム環境。データを確実に保護するため、バックアップ業務の負荷は高まる一方だ。そこで、こうした企業の課題に応えるべく、バックアップ対策にも新しい形態が求められている。

従来製品と一線を画す、クラウド時代の次世代バックアップソリューションとは

東京エレクトロン デバイス株式会社

クラウドやハイパーコンバージドインフラなど、企業のITインフラが進化していく一方で、バックアップに関しては旧態依然としたツールが使用されている。そこでいま、新たなバックアップソリューションに注目が集まっている。

重複排除で容量は4分の1以下に、関電システムソリューションズが選んだHCIは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

関電システムソリューションズは、社内のコミュニケーション基盤として構築した3Tier環境を刷新してHCIに移行したことで、バックアップ・リストア環境が大きく改善し、重複排除機能で全体容量は4分の1以下になったという。

「バックアップ」に関する新着セミナー

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2019/06/21(金)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員8名 | バックアップ

『VMware Cloud on AWS』×『Veeam』移行/データ保護の最適解はこれだ!

株式会社クライム

2019/05/16(木)17:00~17:40

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | バックアップ | 運用管理

「バックアップ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。