「行先表示電子化」に近い情報
「行先」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「行先」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「行先」に関する記事情報

勤怠管理「紙のタイムカード」以外に何がある? 3つの移行先を一挙解説

勤怠管理の厳格化が求められるとはいえ、今まで使っていた紙のタイムカードシステムの乗り換え先はどこにすれればいいのでしょう? 今回は乗り換え先として考えられる3つの方法と主要なツールの特徴をまとめて紹介します。

SAPのクラウド移行先はどこに? Microsoft、AWS、Googleが支援を本格化

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

Windows Server 2008サポート終了問題への対策状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員144人を対象にアンケート調査を実施した。移行計画の有無や移行先のインフラ基盤など、Windows Server 2008のサポート終了に伴う企業の対策状況が明らかになった。

「面倒だった隙間の手作業」をカバーする業務支援クラウドとは?

既存IT資産の移行先ではなく、これまでカバーできなかった隙間を補完する「業務支援クラウド」が大きな潮流に。その実態に迫る。

ISDNのサービス終了に向けて、移行先にMVNOは使えるか?

2020年後半をめどにISDNがサービス終息を迎えようとしている。いまだ企業用途の多いISDNの移行先としてMVNOが注目されている。移行ソリューションとはどのようなものか。

基幹システムを任せて大丈夫? 最新「IaaS」解説

開発環境や情報系システム、管理系システムの移行先として一般的な選択肢となったIaaS。基幹系システムの移行はどうだろうか?

「行先」に関するIT製品情報

Office 2010のサポート終了まで残り1年――後継版も2025年で終了、移行先は?

株式会社アイエスエフネット

永続ライセンスのOfficeにはサポート期限がつきものであり、セキュリティ上の懸念から期限切れのソフトは避けねばならない。2020年10月に延長サポート終了となるOffice 2010の移行先を、どのように考えるべきか。

成長阻む会計パッケージの「限界」、今すぐクラウドERPへ移行すべき4つの理由

日本オラクル株式会社

プロセス分断による二度手間、ミスやエラーの多発といった問題から、会計パッケージに「限界」を感じる企業が増えている。その移行先として注目される「クラウドERP」が企業にもたらすメリットを、4つのポイントから分かりやすく解説する。

オンプレと同じ感覚では失敗する? 既存システムのクラウド移行での3つの要点

日本オラクル株式会社

クラウドの利用目的の主流は、既存システムの移行先としての活用に変化しつつある。しかし、オンプレミスと同じ感覚で設計すると、メリットを得られないばかりか、機会損失を生むこともある。失敗を避けるための「3つのポイント」とは?

TCOの87%削減も可能? 6社の事例に学ぶ、クラウド移行先の比較ポイント

日本オラクル株式会社

多くの組織にとって、基幹業務システムやデータ分析基盤のクラウド移行が、待ったなしの状況になりつつある。それらを実現した6つの企業の事例から、クラウド基盤の選び方と、移行による効果の実態を探る。

Windows Serverサポート終了の前に知っておきたい、クラウド移行の選択肢は?

日本オラクル株式会社

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了に備え、この機会にとクラウド化を考える企業が増えている。移行先の検討事項であるコストパフォーマンスに重点を置き、3つの主なクラウドサービスを比較する。

「行先」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。