「自社ipとは」に近い情報
「自社」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「自社」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「自社」に関する記事情報

人材管理、人事管理の状況(2019年)/前編

人材/人事管理に関するIT投資、積極的な企業はそう多くはない。だが人事関連部門ではHR Techやタレントマネジメントに対応できない自社の現状に危機感を募らせているようだ。

自社でできる、かしこいAIの育て方――画像認識の2事例に見る

AI画像認識は魔法のつえではなく、その頭脳を育てるには労力がかかります。さらにその工程をベンダーに任せきりにしては、現場で活用できるレベルにまでAIを育てることは不可能です。「自社で頭脳を育てるなんて無理」「うちにAIスキルを持った人材はいない」――その打開策とは。

FinTechの急先鋒、セブン銀行はAIでATMをどう変えるつもりか

セブン銀行はAIによる業務再編を前提にATMを刷新する。将来は自社スタッフ全員が「電卓のように」AIを使う世界を目指すという。ATMが変わるだけで、どこまで企業が変わるかを聞いた。

AIが学生を審査? “採用”に踏み込む最新のAIサービス

機械学習や深層学習といったAI技術を採用に活用するケースが増えてきた。本来は、人が担うべき領域と考えられていた採用活動になぜいまAI(人工知能)が乗り出しているのか。具体的なサービスとともに紹介する。エントリーシートの審査や一次面接にとって代わるようなサービスや、AIが自社で活躍できるポスト「ハイパフォーマー」を探し出すサービスもある。

本気のマイクロソフトが実践した“いいことずくめ”の業務改善

日本マイクロソフトは、2011年の震災をきっかけに自社の働き方がいかに非効率であったかを見つめ直した。徹底的な業務改善を実施したところ大きな成果につながったわけだが、何を実践したのか。

ROIの高い業務はパンドラの箱、RPAしくじり先生ノート

自らを「しくじり先生」と名乗り、自社のRPA導入事例の失敗を語る人物がいる。ディップでRPA導入を進める進藤氏は、自らが経験した苦い教訓を基に、導入を成功させるためのポイントを偽りなく語った。

人事評価者の評価もできる? 機能別に見る人事評価システム詳細解説

人事評価システムといっても、備わる機能は製品によってさまざまだ。今回は、実際のシステム画面を見ながら機能の詳細について紹介しよう。自社の人事制度に合ったシステムを選定する際に役立ててほしい。

匿名化ソリューションとは? 導入方法、代表的なソリューションを整理する

匿名化ソリューションはどう導入するのか、自社の要件でチェックすべきポイントを整理。国内3つの主要匿名化ソリューションの特徴も紹介。

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

中小ベンチャーの知財価値をどう守る? 手順書の検討過程を公開中

知らない企業から訴えられたり、ライセンス契約を要求されたりといったリスクは大企業だけのものではない。中小ベンチャーが自社技術をちゃんと評価するために特許庁がガイドラインを公開レビュー中だ。

「自社」に関するIT製品情報

自社のSOCは信頼できる? 調査で見えた「脅威ハンティング」能力の格差

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

ある調査によると、自動セキュリティツールは脅威の約半数を見逃しているという。その一方で、能動的に脅威を見つけ出す「脅威ハンティング」に取り組む企業・組織は少ない。いまや失われつつあるSOCの信頼を取り戻すにはどうすべきか?

SIEMとEDRをどう使い分ける? 10のユースケースで考える正しい役割と運用方法

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

高度化するサイバー攻撃に対処するため、自社でSOCを構築する企業も増えているが、SIEMやEDR、SOARといったツールの活用に悩むケースは少なくない。10のユースケースをもとに、リスクの種類に対するツールの使い分け方を解説する。

機械学習もパイプラインもSQLで実現、クラウドDWH「BigQuery」の実力とは?

株式会社grasys

自社にデータウェアハウス(DWH)やアナリスト/エンジニアを持っていないことが原因で、効果的なデータ分析が行えないケースは多い。そこで有効なのが、Google Cloud Platform(GCP)が提供するDWHである「BigQuery」だ。

先端テクノロジーを自社の取り組みにどう生かす? 2019年の活用動向を徹底解説

Splunk Services Japan

AIやIoTといった、テクノロジーの進化への対応が求められる現代。企業はどのような影響を受け、またどのような取り組みが求められるのだろうか。そのヒントとなる、2019年の先端テクノロジー活用の動向を解説する。

85%の企業が初期段階、CX成熟度チェックから始める顧客体験向上のロードマップ

サイトコア株式会社

顧客のニーズや購買活動が複雑化する今日、優良な顧客になってもらうためには顧客体験(CX)の向上が欠かせない。優良顧客化のロードマップを描くためには、まず自社のCXがどの程度成熟しているのかを見極めることが重要だ。

「自社」に関する新着セミナー

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代のRPA導入戦略とは ~自社導入で培ったRPA導入・活用ノウハウのご紹介~

株式会社日立ソリューションズ

2019/08/01(木)14:00~16:00

  • 大阪府
無料 | 定員50名 | 情報システム

働き方を “変える時代(とき)” 自社に合った働き方が見つかる特別セミナー

株式会社ラクス

2019/07/25(木)14:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

「自社」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。