「自治体中間サーバーサポートサイト」に近い情報
「自治体」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「自治体」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「自治体」に関する記事情報

「行政DXの後れを副業人材で取り戻す」なぜ福山市はデジタル人材を時間も労力も掛けずに採用できるのか

全国の自治体に先駆けて民間人材の登用に取り組んできた福山市。同市は行政のデジタル化の後れに危機感を感じ、民間企業に従事する副業可能なデジタル人材をスピーディーに登用するために、ビズリーチと組んである方策を考えた。

自治体業務の効率化、老舗商社のシステム刷新、不動産テック――3つのRPA導入事例

RPA導入の成功と失敗の分岐点はどこにあるのか。RPAの業務適用に成功した3つの事例から、ニューノーマル(新常態)時代におけるビジネスのデジタル化/自動化成功のヒントを探る。

「業務時間84%減」は本当か? クラウドサービス実証の三鷹市を直撃した

クラウドベンダーの発表によれば、自治体業務の自動化を支援するクラウドサービスの実証実験において、東京都三鷹市は84%もの業務時間を削減できたという。これは事実なのか、それとも現実味の薄いチャンピオンデータなのか。実証に参加した三鷹市情報推進課に話を聞いた。

進む脱ハンコ、自治体クラウド活用状況 業務時間が5分の1以下に?

コンカーとインフォマートは、請求書管理や処理業務の効率化とデジタル化の有効性に関する実証実験を実施した。両社のクラウドを利用して4自治体で実施したところ、業務時間の削減効果が見られた。

「テレワーク導入の助成金・補助金制度」まとめ 新型コロナウイルス対応、社内の電話はどうする?

新型コロナウイルス感染症対策として、行政や地方自治体が臨時で「テレワーク導入の助成金制度」を実施しています。今回は、コストを抑えながらテレワークに取り組むために、厚生労働省と東京都の助成金制度について解説します。本記事は「BIZTEL ブログ」の記事を元に編集・再構成しています。

LINEに続き、政府が通信事業者らに協力要請、データを活用した新型コロナウイルス感染クラスター対策が本格化

政府が感染症拡大阻止に向け、プラットフォーム事業者や通信事業者にデータ提供を呼び掛けている。「Code for Japan」らと協力した自治体向けのデータ整備も本格化しつつある。

いよいよ始まる「ローカル5G」、何がどうなる?

「ローカル5G」がにわかに話題になり始めた。キャリアがインフラを整備する5Gと異なり、ローカル5Gは企業や自治体などの単位で地域や建物を限定して運用できる仕組みだ。2019年12月24日には総務省によるローカル5G事業者の免許申請受付が始まり、初日には10の企業や自治体が申請した。

何かとシバリが多い自治体のIT改革、渋谷区が採用した第4のネットワーク「コア系」ってどんなもの?

マイナンバー、住基台帳……「守るべき情報の巣窟」自治体のワークスタイル変革は、ネットワーク設計一つをとっても厄介なことだらけだ。いざというとき、庁舎にいなくても安全に行政が動く仕組みを作る渋谷区のICT基盤はどんなものか。

人質は公共サービス、自治体のランサムウェア被害が増大:520th Lap

ランサムウェアが猛威を振るっている。端的にいえば「身代金を要求するマルウェア」だ。PCなどを勝手にロックして「解除してほしければビットコインを支払え」と脅してくる。自治体は絶好のカモだ。

沖縄3自治体「ユーザーからの問い合わせがない」インターネット分離成功の鍵

ユーザーの利便性を落とさずに「インターネット分離」を運用できるケースは少ない。しかし、沖縄県3自治体に導入された、2つのブラウザを使い分けるソリューションは約2年の間「ほぼ問い合わせがない状態」という。

「自治体」に関するIT製品情報

テレワークやマイナンバーでリスク増大? 自治体にいま必要なセキュリティ対策

トレンドマイクロ株式会社

情報セキュリティ対策の見直しを積極的に行っている自治体だが、テレワークの推進や、マイナンバーの利用範囲拡大により、さらなるリスクの増加が見込まれている。現状の問題点を明らかにするとともに、今後必要とされる対策を解説する。

侵入後対策からネットワーク分離まで、新宿区などに学ぶセキュリティ対策強化術

トレンドマイクロ株式会社

標的型メールや未知のマルウェアの被害が急増する地方自治体や官公庁では、今や民間企業と同様の防御策を講じる必要に迫られている。ネットワークの可視化をはじめとする課題に向き合う各組織の事例から、その実践のヒントを探る。

「自治体クラウド」でも採用、高品質なバックアップを実現するデータ保護基盤

ベリタステクノロジーズ合同会社

総務省の推進により多くの自治体で導入が進んでいる自治体クラウド。その実現に向けた業務基盤を提供する行政システム九州が、高精度のバックアップ環境を整備し、同時にBCP体制を強化、バックアップウィンドウを短縮できた方法とは?

自治体の実証実験で採用、LGWAN上でのアプリ提供に適したセキュアな基盤とは?

株式会社STNet

地方自治体に向けて、LGWAN上でのアプリケーションを提供するには幾つかの課題が伴う。今回は徳島県とセキュリティ企業が共同で行ったサイバー攻撃対策強化実証実験を例に、LGWAN向けプラットフォームサービス選びのポイントを解説する。

自治体のもつデータの利便性やセキュリティを向上

Hyland Software, Inc.

テキサス州ヒル郡では、裁判所の重要書類や、住所システムのデータへのアクセス性や利便性、セキュリティの向上を図るため、ShareBaseを導入し、時間とコストを削減できた。

「自治体」に関する新着セミナー

【オンラインセミナー】自治体施設や商業施設の来場者動向の見える化! 新Wi-Fi認証クラウド・サービス『d-dive』

高千穂交易株式会社

2021/05/25(火)13:15~14:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | ネットワーク機器 | データ分析

「自治体」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。