「自動イネーブルとは」に近い情報
「自動」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「自動」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「自動」に関する記事情報

マイクロソフトが提案する「企業活動の全自動カイゼン基盤」とは

マイクロソフトが企業活動全体のデータレイク作りに本気を出す。打ち出したのは「現場」データの取り込みだ。意欲的な新ライセンスで、現場と本部の断絶、エッジとコアの分断を解消する。

1分未満で50%充電できるって本当? 「超高速充電リチウムイオン電池」

数時間はかかるスマホ充電や電気自動車への実用的な充電が数秒〜数分でできるかもしれない。東京工業大学と岡山大学の研究チームがリチウムイオン電池充電の桁ちがいな超高速化を実証した。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

組織ネットワークの脆弱性をモノリスが教えてくれる「NIRVANA改弐」

組織ネットワークをグラフィカルに視覚化するとともに、脆弱性情報を常時入手して、リスクのある箇所を自動発見、警告を行う脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐(ニルヴァーナ・カイ・ニ)」とは。

老舗RPAベンダーの野望 「第三の労働力」のインテリジェント化とは?

2001年に創業した英Blue Prismは、主要なRPAベンダーの中では最古参の部類に入る。インテリジェント機能を強化した最新バージョンは業務自動化に何をもたらすのか。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

ああ、バレちゃった……、Appleが“秘密裡”に開発中だったアレ:481st Lap

各種センサーとAIを搭載した自動運転車は、自動車メーカーのみならずテック系企業も参入し、研究開発にシノギを削っている。テック系の最先鋒といえばグーグルであり、もちろん自動運転車の開発を進めていることがちょいちょい話題になっている。

今、あらためて考えるテスト自動化【最終回】

開発における「テスト」と聞くとまずツールを考えるが、中にはテストに関連した機能を含むプログラミング言語もあるという。それがテストフェーズでどう活用できるのだろうか。

今、あらためて考えるテスト自動化【第2回】

テストを自動化するに当って、どのようなツールがあるのかを紹介したい。

「自動」に関するIT製品情報

攻めのIT運用自動化が進展、運用担当者の今後の役割は?

リバーベッドテクノロジー株式会社

管理・監視ツールが自分の代わりに考えてくれて、セルフサービスITインフラが、ボタンを押すだけでデプロイされる環境の中で、IT運用担当者は何をすべきだろうか。

構成管理ツールだけでは難しい「インフラのコード化と自動化」を完成させる方法

SCSK株式会社

構成管理やパッチ適用など、ITインフラの構築/運用に関するさまざまな定型業務。この負荷を削減するのが、「インフラのコード化と自動化」を実現する構成管理ツールだ。しかし、それだけでは業務領域の全てをカバーするのは難しいという。

単純作業から管理者を解放、実例で探る「自律型データベースクラウド」の真価

富士通株式会社

データベース管理にまつわる作業負荷の高さは多くのIT管理者の悩みだが、コストをかけて増員したところで根本的な解決にはならない。そこで注目されるのが、パッチ適用やチューニング作業を自動化する「自律型データベースクラウド」だ。

Oracleが描く2019年の戦略は? クラウド/AI/自動化の領域で与える影響を読む

富士通株式会社

その動向が業界中から注目されるOracleだが、2019年以降も「クラウド」「AI」「自動化」という3領域への注力は加速するとみられている。各分野における同社の今後の戦略とユーザーに与える影響について、分かりやすく解説する。

AIを賢く育てて現場を革新、「自律型システム運用」を実現するための3ステップ

株式会社野村総合研究所

システム運用を自動化し、プロセス標準化と業務効率化を実現するものとして、AI活用が注目されている。だが、そのメリットを享受するためには、一部の有識者に属人化しがちなナレッジを共有/活用するための“環境整備”が優先課題となる。

「自動」に関する新着セミナー

【NEC主催】RPAハンズオンセミナー 作ってみよう!業務自動化ロボ

日本電気株式会社

2019/06/19(水)09:30~11:30

  • 東京都
無料 | 定員各15名 | PCソフト

「AI×音声×テキスト」ビジネスの自動化が加速する最新AI/BPRセミナー in Tokyo

株式会社ソフツー

2019/06/14(金)16:00~18:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「AI×音声×テキスト」ビジネスの自動化が加速する最新AI/BPRセミナー in Fukuoka

株式会社ソフツー

2019/06/20(木)16:00~18:00

  • 福岡県
無料 | 定員20名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「自動」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。