「経費 精算」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「経費 精算」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「経費 精算」に関する記事情報

経費精算システムの利用状況(2019年)/後編

経費精算システムと聞いて「こんなものかな」と満足する人は6割以上。それなのに、アンケートでは「さては精算を断念させるつもりか」と思いたくなるような経費精算の仕組みへの不満が聞こえてきた。

経費精算システムの利用状況(2019年)/前編

経費精算システムはどの程度使われているだろうか。調査では意外にも「手書き」を挙げる企業が一定数存在することが明らかになった。実態を探る。

生涯52日もムダ作業がある? コンカー流働き方改革の鍵は「Suica」が握る

「一生のうち、経費精算に52日を費やしている」。自らの手を煩わせることなく経費精算できないのだろうか。コンカーが約2年かけて自動化を目指す、夢の経費精算の世界とは。

経費精算システムの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員359人を対象にアンケート調査を実施した。経費精算システムの導入率などが明らかになった。

経費精算システムの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員359人を対象にアンケート調査を実施した。1カ月当たりの経費精算額や経費申請の方法など経費精算システムの利用実態が明らかになった。

「手作業のExcel集計」のムダを自動化する「Masume(ますめ)」

経費精算などの「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」というワークフロー。ありがち過ぎて改善できなかったムダを自動化するには?

「経費 精算」に関するIT製品情報

稟議や経費精算プロセスを電子化、意思決定を迅速化するワークフローシステム

新日本コンピュータマネジメント株式会社

稟議や経費精算をいまだ紙ベースで運用している企業は少なくないが、そのことにより意思決定に遅れが出ているケースもある。そこで注目されるのが、複数人が連携する業務を“電子化”し、生産性を向上させるワークフローシステムだ。

申請者の作業時間を30分から3分に短縮、ドームに学ぶ経費精算システム活用術

株式会社BearTail

手作業による経費精算業務の非効率さは、生産性の低下だけでなく、申請者/経理部門双方の不満を招くことがある。クラウド型の経費精算システムでそれらを一挙に解消したドームの事例から、製品選定のポイントと活用の秘訣を探る。

経費精算システム導入の決め手は領収書撮影機能とSuicaの入力自動化

株式会社BearTail

交通費をはじめとする経費精算の申請書類は従業員側の手間だけでなく、記入漏れやミスもあるため、経理や職場上長など管理側の負担が重くなりがちだ。現場にも管理側にも楽になる手段はないものだろうか。

「AI-OCR」はもはや必須? 経費精算システム選びで重視すべきポイント

SCSK株式会社

経費申請・精算業務を効率化する「経費精算システム」。多様な製品の中から自社に合うシステムを選ぶには、重視すべき機能を押さえておく必要がある。注目される「AI-OCR」機能をはじめ、製品選定のポイントを解説する。

バラバラの書式や承認フローを統一して業務改善、老舗陶器会社の社内文書運用術

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

器の老舗「たち吉」では交通費・経費の精算業務、稟議・報告業務の改善が急務となっていた。特に問題視されたのが、異なる書類作成環境や部門ごとに存在する報告書による書式や承認フローの不統一だ。それを解決した方法とは?

「経費 精算」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。