「経費 投資 違い」に近い情報
「経費 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「経費 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「経費 違い」に関する記事情報

ITリテラシが高いはずの若手がハマる「働き方改悪」、脳機能から見る組織の課題とは

ソフトウェア市場の拡大により、経費精算など特定の業務に特化した業務用アプリケーションが多数登場している。中には、会議室を予約するためだけのアプリケーションなどもある。ツールが分散した結果、業務を阻害している可能性もあるようだ。

経費精算システムの利用状況(2019年)/後編

経費精算システムと聞いて「こんなものかな」と満足する人は6割以上。それなのに、アンケートでは「さては精算を断念させるつもりか」と思いたくなるような経費精算の仕組みへの不満が聞こえてきた。

経費精算システムの利用状況(2019年)/前編

経費精算システムはどの程度使われているだろうか。調査では意外にも「手書き」を挙げる企業が一定数存在することが明らかになった。実態を探る。

生涯52日もムダ作業がある? コンカー流働き方改革の鍵は「Suica」が握る

「一生のうち、経費精算に52日を費やしている」。自らの手を煩わせることなく経費精算できないのだろうか。コンカーが約2年かけて自動化を目指す、夢の経費精算の世界とは。

教員とベンダーの癒着で経費不正利用が横行、Amazonが解決する方法とは

アマゾンジャパンは9月20日、法人・個人事業主向け購買サービス「Amazon Business」を開始した。企業が購買に対して抱えている課題を解決するという。ナビタイムや大阪大学がサービスに対する見解を語った。

経費精算システムの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員359人を対象にアンケート調査を実施した。経費精算システムの導入率などが明らかになった。

経費精算システムの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員359人を対象にアンケート調査を実施した。1カ月当たりの経費精算額や経費申請の方法など経費精算システムの利用実態が明らかになった。

「手作業のExcel集計」のムダを自動化する「Masume(ますめ)」

経費精算などの「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」というワークフロー。ありがち過ぎて改善できなかったムダを自動化するには?

「中堅中小企業向け会計管理」シェア(2013年7月)

システム活用における重視事項として「管理会計の強化による経費の削減」が最も多くあげられた同市場。シェア情報を紹介する。

「中小企業向け会計管理」シェア(2012年8月)

システム活用の目的として「管理会計の強化による経費の節減」などが重視される「中小企業向け会計管理」市場。シェア情報を紹介する。

「経費 違い」に関するIT製品情報

会議向けに導入したシステムで採用・面接業務もペーパーレス化

日本電気株式会社

サンライズでは、事前準備などの負担が大きかった役員会議にペーパーレス会議システムを導入し、経費を削減。また同製品の応用で、採用業務の時短・負荷軽減も実現した。

交通費・経費精算クラウド「経費Bank II」

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

経費精算のワンストップサービスで、経理作業の効率化を実現 

40拠点以上の経費精算を効率化。手作業主体からデータ連携主体へ

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

同社経理部では40拠点以上の経費精算業務において、全従業員の負担軽減にも配慮しつつ、効率的に経理業務を処理できる体制作りに意欲的に取り組んできた。

複数拠点1000人以上の交通費/経費精算業務を全てクラウド管理

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

交通費/経費精算をExcelフォームへ入力して提出する方法へ移行しても、経理の負担は軽減されないまま。だが、あるクラウド型システムの導入が、その問題を一掃した。

電子化により小口現金を廃止、ピー・シー・エーに学ぶ経費精算の効率化

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

経理業務の効率化を目指すなら、まずは経費精算システムの導入を検討したい。システム化により小口現金の廃止と経理業務のスピード化を実現した企業の取り組みから、その有効性を改めて考える。

「経費 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。