「比較検討書の書き方」に近い情報
「比較検討」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「比較検討」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「比較検討」に関する記事情報

教育界でもHRTech導入の兆し ITを活用して教員の人事評価を実施、検討進む

教員の人事評価と、人事評価に関する技術の活用について調査によると、人事評価を実施または検討している学校の割合は8割以上に及んだ。

RPAの“魔法”は万能ではない? 検討企業の懸念と導入企業の不満

アンケート調査からRPAの導入実態を紹介する本連載第3回では、導入検討企業が抱えている懸念を導入企業の声と照らし合わせて紹介したい。

アナリストが解説、二桁成長が期待される「HCIの最新トレンド」

仮想化基盤として企業での導入検討が進んでいるHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。運用管理や拡張性の面でメリットが得られるHCIについて、企業における利用状況や今後の成長率について概観しながら、最新動向を見ていく。

OKRとはどんな目標管理手法か、導入方法、MBOとの違いを整理する

働き方が変わる中、組織の目標と個人の評価や成果の導き方を見直す動きがある。テレワークの普及と相まって、組織と個人のコミュニケーションやマネジメント手法を見直す時、検討したい手法の1つがOKRだ。MBOのような目標管理と何が違うだろうか。実践を支援する目標管理ツールと併せて紹介する。

令和時代の「脱・昭和」な働き方 4つの先行実践例に学ぶ、道具、 ルール、考え方

平成が終わり、令和になったいま、ようやく世の中が「脱・昭和」を本格的に検討し始めた。平成の30年間で発達した情報技術を活用したら、物理的なモノや位置といった昭和の制約からどこまで開放されるだろうか。先行する企業の5つの事例、運用の経験則から実践方法を学ぶ。

読者調査から見たIT資格の取得実態 ~取るべき資格、注目の資格~

リモートワークで自由な時間が増えたなら検討したいのが、「自分磨き」だ。読者はどんなスキルアップを考えているだろうか。キーマンズネットが実施した「IT資格の取得状況」に関するアンケート調査を無料ブックレット(全24ページ)にして提供する。

VPNとは? 4種類あるVPNの違いと導入費用、製品の選択肢、注意点を解説

テレワークなどで利用する機会の多いVPNには用途ごとに4種類の実現方法がある。セキュリティや品質、利用デバイスの種類によって複数の選択肢を検討できるため、それぞれの最適解を把握しておきたい。実現コストなどを基にした比較も紹介する。

Web会議システムはTV会議と何が違う? 無料版は? メリット、デメリットを解説

テレワーク推進やコスト削減のためWeb会議システムを検討している企業は多いだろう。しかし従来のTV会議システムと何が違うのか? 実はそれぞれに向いた利用目的がある。今回はそれぞれのメリット、デメリットを見ていこう。

営業部門の業務課題とIT活用(2019年)

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。営業部門が今後導入を検討しているITツールの1位はRPAであることなどが明らかになった。

AI(人工知能)の活用状況(2019年)/後編

前編で「AIに関心がある」とした層は回答者全体の約7割を占めることが分かった。しかし「現在活用しているか」と聞くと、まだ足踏み状態。「AIの活用を検討する」とした層の検討分野とは。そして、約3割が「AIを活用しない」と回答した理由とは。

「比較検討」に関するIT製品情報

14年間利用してきたNotesの移行で営業担当の業務は効率化したか?

サイボウズ株式会社

中野製薬では、営業担当の業務効率化を目的に、グループウェアの見直しを検討していた。長年利用してきたNotesからの移行を同社はどのように成功に導いたのか。

HCI導入検討時の最大の疑問、「最良の選択肢」となるかどうかはどう見極める?

日本電気株式会社

仮想化環境の運用管理におけるさまざまな課題を解消するものとして注目されるハイパーコンバージドインフラ。その導入を検討する企業が一番に知りたい、「他の選択肢とのメリットの違い」や「HCI導入で狙った効果を得る方法」を解説する。

人手不足の情シスの救世主? 構築から保守まで効率化する「次世代HCI」の実力

日本電気株式会社

DXの推進により管理すべきシステムが増加する中、人手不足に悩む情報システム部門の負荷が高まり続けている。この状況を打破するものとして注目されるのが、導入検討から保守に至るまでの、作業プロセス全体を効率化する次世代HCIだ。

特権ID管理製品の導入時に知っておきたい、3つの製品タイプと注意点

株式会社アシスト

インフラを構成するサーバを始め、データベースやアプリケーションなどにも特別な権限を持ってアクセスできる特権IDは、適切かつ安全な管理を徹底する必要がある。その管理や運用のパターンを知った上で、自社に最適な手法を検討したい。

システム運用には「RPA」より「RBA」? 3ステップで進めるシステム運用自動化

株式会社野村総合研究所

システム運用の負担減のためRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を検討するケースがあるが、自動化対象が限定的だ。システム運用に適した自動化の3ステップと、「RBA(ランブック・オートメーション)」について紹介する。

「比較検討」に関する新着セミナー

企業の 7 割が検討している電子署名  〜「連携」による「ワークフロー」改善 〜

Dropbox Japan

2021/01/26(火)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 運用管理

「比較検討」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。