「来歴 意味」に近い情報
「来」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「来」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「来」に関する記事情報

AIの反逆か!? 日本のラーメン店が体験した近未来的イタズラ電話のナゾ:523rd Lap

恐怖の電話か、イタズラ電話か。さまざまな発信元から、ある店にだけ不気味なイタズラ電話がかかる。その背景には賢くなりすぎたAIの影がちらつく………。さて真相は?

「クラウド会計ソフト」シェア(2019年3月)

MM総研は、個人事業主を対象に実施したWebアンケートを基に、クラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。導入状況やベンダーシェア、クラウド会計ベンダーの今後の事業チャンスとなる出来事を一挙に公開する。

表で分かる、ディープラーニングと従来の画像認識の違い

ディープラーニングを使った画像認識は、従来の方式と何が違うのでしょうか。現場の技術レベルや認識対象の特長といった項目ごとに、表で説明します。さらに、ディープラーニングを使うべきではないケースについてもお伝えします。

FinTechの急先鋒、セブン銀行はAIでATMをどう変えるつもりか

セブン銀行はAIによる業務再編を前提にATMを刷新する。将来は自社スタッフ全員が「電卓のように」AIを使う世界を目指すという。ATMが変わるだけで、どこまで企業が変わるかを聞いた。

3分で知る、ディープラーニングで「できること」「できないこと」

従来の機械学習に比べて、圧倒的な精度を誇る深層学習。しかし、なぜそれが可能なのでしょうか。その仕組みを知ると、深層学習の「できること」「できないこと」が見えてきます。

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

会議の実施状況と課題(2019年)/後編

ビデオ会議システムやリアルタイムコミュニケーションツールの登場により、場所を問わず会議が実施できるようになった今、もはや旧来の会議体は古いものになりつつある。だが、まだ対面型の会議を必要とする企業が一定数存在する。そのワケとは。

RPA導入で必ず起こる、テストの問題とは

RPA導入で必ずぶつかる壁として「テスト」がある。いい加減にしたり、従来のシステムと同じ要領で行ったりすると、思わぬロボトラブルにつながってしまう。テスト時によくある7つの失敗事例とその原因を紹介する。

【BI導入事例】2倍の受注に「2倍働く」以外の答えを作る――名古屋のものづくり企業が選んだ方法を取材した

製造工程が「ぶっ通しで20時間」もかかるエンジンを取り扱う三菱重工航空エンジン。受注が増える中でサプライヤー管理や品質管理、需要管理の工程を効率化した。IoTなどの未来志向の技術を、現場の効率化に還元する。何にどう効果があったのか。

メルカリ弁護士が語った「AIにシゴトを奪われる人間」の生存戦略

今ある仕事の47%がAIに奪われる時代に、われわれは何をなすべきか。日本有数のAIベンチャーで法務や事業開発を担ってきた人物が語る、将来AIに仕事を奪われる側の人間がこの先生きのこる方法とは。

「来」に関するIT製品情報

検証で見えた、VDI基盤における大規模クローン展開の最適解

SB C&S株式会社

仮想デスクトップの展開方法は従来、コストやストレージへの負荷と、ユーザーの利便性がトレードオフの関係にあると考えられてきた。ユーザーの自由度を確保しながら、仮想マシンを低コストで大規模展開する、新たな方法を紹介しよう。

エンタープライズRPAに求められる4つの要件:全社規模での活用を実現するには?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

複数部門や全社活用など、大規模環境でのRPA導入においては、将来を見据えたさまざまな要件の検討が必要となる。ロボットの開発や管理、拡張性など、エンタープライズ企業がRPA活用において直面しがちな4つの課題と、解決法を解説する。

100日以内で基幹システムをクラウド移行、次世代ERPがもたらす利益とは?

日本オラクル株式会社

従来、ERPは導入にも、その効果を享受するにも時間がかかることが多かった。そこで注目されているのが、ゼロからのERP移行を100日以内で実現でき、導入初日から役職・役割に応じた環境が利用できるクラウドERPだ。

「本当に『HCI』が最適か」の疑問に答えるインフラの基礎知識

ヴイエムウェア株式会社

ITインフラの運用管理を効率化する手段として注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。従来型のインフラに対してどのような利点があり、どのような導入法があるのか。その基本をおさらいしよう。

顧客体験の価値を最大化、不動産業界における成約数アップの秘訣とは?

株式会社プレイド

不動産業界において成約数を増やすには、確度の高い顧客を見極め、サイト初回訪問から資料請求、物件来場、成約というステップを的確に導くことが重要だ。そのために人軸で情報を把握し、顧客・ステップごとに最適なアプローチを取りたい。

「来」に関する新着セミナー

「未来の働き方のヒントがここに!」共創ワークショップ体験会

富士通

2019/10/23(水)14:30~16:30

  • 東京都
無料 | 定員10名 | スマートデバイス | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

従来比1/3のコストで導入できるテレビ会議システム体験セミナー

株式会社ブイキューブ

2019/09/26(木)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員16名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「来」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。