「日本特許情報システムズ」に近い情報
「日本」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「日本」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説情報システムとは?

情報系システムとは、企業が利用する各種情報システムの中で、ビジネス活動のさまざまな場面における情報を管理し、意思決定を支援するためのシステム群のこと。具体的には、顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するための「CRM(Customer Relationship Management)」や、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できるさまざまな情報を吸い上げて活用できるようにする「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」、あるいはコールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用される「CTI(Computer Telephony Integration)」などが挙げられる。これら情報系システムに対し、企業活動を遂行する上で必要不可欠となる情報システム群は、基幹系システムと呼ばれる。

「日本」に関する記事情報

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

日本は現金主義とはもう言えない? 増税で一変しそうなキャッシュレス事情

中国や韓国に比べてキャッシュレス後進国だといわれる日本だが、その状況が変わりつつあることが、スマートサウンド・ラボの調査レポートから分かった。さらに、増税を受けてキャッシュレス決済の利用が加速するという。その要因は? 台頭する決済サービスは?

マクドナルドがAIベンチャーを買収、一体何が始まるのか:530th Lap

日本のマクドナルドの「スマイル0円」サービスに慣れてしまうと、海外店舗のクルーのそっけない態度にびっくりすることがある。今後、スマイルの購入が難しくなるかもしれない。

企業を狙うランサムウェア、脅威の可視化が急務――トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロが報告書「2019年 上半期セキュリティラウンドアップ:法人システムを狙う脅迫と盗用」を公開した。日本と海外の脅威動向をまとめている。

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

調査で分かった「日本企業のDXがいまいちな理由」デキる企業は何が違うか

「ビジネスモデル開発? イエイエ、メッソウもございません」――目先の成果を求める日本企業のDXは総じて保守的。そんな結論が調査から明らかに。この状況で成果を出す日本企業がやっていること、特徴も分かった。

契約書レビューAI、日本語リーガルテックの最前線~実務ユーザーに聞く「本当に使える?」

多様な働き方が増える中、多くの人をつなぐスタートアップ企業。華やかさの裏側にあるのは案件ごと、業務内容ごとに発生する大量の法務案件だ。AIを使い、専任担当なしでもリスクなく法務案件をさばく、契約書レビューAIのユーザー企業に実際のところを聞いてみた。

ローカルブレークアウトとは? SD-WANでどう実装? 仕組みと使い方

SaaS型アプリ利用の増加で注目を集めるのが「ローカルブレークアウト(インターネットブレークアウト)」だ。ローカルブレークアウトを実現する重要な技術がSD-WANだが、日本での普及はこれからと見られる。基礎情報、選定のポイントを解説する。

5G、約7割は自分が何を知らないかも分からない――日本経営者の悲しい実態

アクセンチュアは世界の企業経営層や技術担当幹部など1828人を対象とした第5世代移動通信システムに関する調査結果を発表した。日本では約7割の経営層が5Gに関して、「何を知らないかについても分からない」と回答したことも分かった。

Teamsとは? SkypeやSlackとの違い、メリット、おススメの移行方法をマイクロソフトに聞いた

Microsoftがコミュニケーションの主力ツールと位置付けるMicrosoft Teams(以下、Teams)だが、Skypeなどの同社製品やSlackといった他社製品と何が違うのか。メリットや効果、Teamsならではの機能、最適な移行方法は? 日本マイクロソフトに聞いた。

「日本」に関するIT製品情報

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

最大1日500分の効率化、月桂冠の出荷作業を改善した倉庫管理システムとは?

東芝デジタルソリューションズ株式会社

日本を代表する酒造メーカーの1社である月桂冠では、倉庫管理システムの保守費用が増大したことをきっかけに、刷新を検討することとなった。同社が新たなシステム選定で重視した要件や、導入効果を分かりやすく紹介する。

動画で解説:データ分析の専門知識なしに、離職率の原因と対策を探る方法

日本オラクル株式会社

データを活用できるかどうかが企業の成長を左右する大きな要素となっている昨今。中でも効果が期待されている分野が、機械学習を活用したデータベースの自律化だ。アナリストによる分析と何が違うのか、その特長を分かりやすく解説する。

動画で解説:AIで誰もがデータ保守運用と洞察に富んだ視覚化を実現する時代とは

日本オラクル株式会社

データ活用は、IT部門にもビジネス部門にも負担の重いミッションだと思われがちだ。実際、データ分析には手作業のタスクが多い。機械学習を活用し、データベースの運用・セキュリティ・管理を一挙に自動化・効率化したい。

動画で解説:インサイトを迅速で容易に獲得、機械学習で変わるデータ分析とは

日本オラクル株式会社

ITリーダーの多くは、全てのビジネス部門がより正確かつ迅速な意思決定ができるようになる方法を模索している。このニーズに対して、機械学習の機能が組み込まれたアナリティクスプラットフォームは、どのような形で貢献するのだろうか。

「日本」に関する新着セミナー

何から始めたらいい?のギモンに答えます!個別業務の最適化からはじめるRPA

日本電通株式会社

2019/10/23(水)15:00~15:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 開発 | 基幹系システム | PCソフト

ITIL4ファンデーションブリッジ研修(日本語版)

株式会社IT&ストラテジーコンサルティング

2019/12/25(水)09:30~18:00

  • 大阪府
8万8800円(試験受験料込・税別) | 定員20名 | 情報システム | 運用管理 | 開発

ITIL4ファンデーションブリッジ研修(日本語版)

株式会社IT&ストラテジーコンサルティング

2019/11/15(金)09:30~18:00

  • 東京都
8万8800円(試験受験料込・税別) | 定員20名 | 情報システム | 運用管理 | 開発

「日本」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。