「既存プロジェクター 無線化」に近い情報
「既存」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「既存」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説プロジェクターとは?

プロジェクターはディスプレイ装置の一種で、画像や映像コンテンツをスクリーンに映し出すための機器。PCと接続し、プレゼンテーションや会議の場で利用される「データプロジェクター」と、DVDやゲーム機などに接続する「ホームシアタープロジェクター」の2系統がある。「液晶プロジェクター」「DLP(Digital Light Processing)プロジェクター」「CRTプロジェクター」など、映写方式によっていくつかの製品タイプがある。

「既存」に関する記事情報

AI-OCRは「手書き文字」をどこまで正確に読み取れるのか

AI-OCRの読み取り精度は既存のOCRと比べてどこまで実用水準に達しているのか。3つのAI-OCR製品を使って、個人差が大きく識別が困難とされる手書き文字の認識率の違いをMM総研が検証した。

リスク山盛りで情シスは大丈夫か “改元システム対応”の近道とは?

今回の元号改正による既存システムへの影響は限定的だと楽観する企業もあるだろうが、中には想像以上に時間を要するケースもある。本特集では、「いつまでに何が必要か」をまとめ、対応が厄介なケースと注意点について説明する。

みずほダイレクトは不正アクセスさせない! 「FIDO」の導入メリット

パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることながら、既存の仕組みや端末を生かせるなどの特長から、企業にとってもコストや労力の面でメリットが大きいという。

Windows 10移行実態、ベンダー都合にユーザーはうんざり?

「Windows 7」の延長サポートが2020年1月14日に終了する。「Windows 10」への移行が急がれるが、既存システムの利用に影響が発生することも多い。1549人に聞いた。

既存会計システムがモバイル活用できない、KDDI社員1万1000人の完全移行プロジェクト

あのKDDIが会計システムを「モバイルで活用できない」という課題に悩まされていた。ユーザーの通信環境を整えることに注力していた同社が陰で苦労していた。

AIやbotとの組み合わせも、文書管理ツールを軸にした働き方改革

文書管理ツールは文書を管理するだけのツールにあらず。人工知能(AI)やbotを使った製品も登場しており、既存ツールの延長線上で使える機能が増えた。働き方改革に使える。

文書管理ツールを起点に、ベテランの「ノウハウ握りしめ」を回避する方法

ノウハウはベテランの頭の中にしかない。現場に負担を掛けずに会社のノウハウとして体系化するには、案外と既存ツールが「使える」らしい。

「面倒だった隙間の手作業」をカバーする業務支援クラウドとは?

既存IT資産の移行先ではなく、これまでカバーできなかった隙間を補完する「業務支援クラウド」が大きな潮流に。その実態に迫る。

キーワードは「脱ファイルサーバ」、拡張以外のファイルサーバ見直しの選択肢を考える

データ量は増え続ける見込みなのに、いつまで既存ファイルサーバの拡張で耐えるつもり? いま、ファイルサーバ環境を見直すなら、拡張以外の選択肢も考えよう。

IoTネットワークの新選択肢「SIGFOX」とは?

省電力で広い版をカバーするIoTネットワークに新たな選択肢「SIGFOX」が登場した。既存方式との違いやそのメリットを詳しく解説する。

「既存」に関するIT製品情報

サポート終了目前のWindows Server 2008/R2、今からでも間に合う延命策とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2020年1月にEOSが迫るWindows Server 2008/R2だが、時間の制約からリプレースが難しいケースも多い。そこで、体制が整うまで既存OSを延命したい企業に注目されているのが、現環境のまま手間なく移行できるクラウドサービスだ。

Facebook広告の効果が上がらないのはなぜ? 事例から見えた「7つの失敗理由」

Repro株式会社

SNSは今や既存メディアをしのぐ広告効果を期待できるほどに浸透しているが、いざ投資したものの成果を上げられていない企業も多い。なぜ失敗に陥るのか、そして改善のポイントは何か。Facebook広告における、50の失敗事例から読み解く。

無断残業の把握も可能 IT資産管理ツールで働き方改革の第一歩を

株式会社ディー・オー・エス

既存ツールでは正確なIT資産管理を実施できないとリプレースを決断したエクシング。新ツールはIT資産管理やログ管理だけでなく「働き方改革」の推進にも役立った。

ナレッジマネジメントはなぜ失敗するのか? 成功への鍵は既存情報のフル活用だ

株式会社野村総合研究所

社員の持つナレッジは企業の重要な資産だが、複数のシステムに散在している状態では必要な情報を見つけるのに多くの時間がかかる。そこで注目されているのが、ナレッジをスピーディーに引き出し、蓄積・共有できるソリューションだ。

製造企業が知っておきたい、B2Bマーケティング成功に向けたMA実践活用術

株式会社セールスフォース・ドットコム

系列企業や既存顧客を中心としたビジネスに限界が見えてきたことから、日本の製造企業もマーケティングオートメーション(MA)に注目し始めている。今からMAに取り組む企業が成功を収めるためには何を知り、どのように実行すべきだろうか。

「既存」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。