「既存プロジェクター 無線化」に近い情報
「既存」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「既存」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説プロジェクターとは?

プロジェクターはディスプレイ装置の一種で、画像や映像コンテンツをスクリーンに映し出すための機器。PCと接続し、プレゼンテーションや会議の場で利用される「データプロジェクター」と、DVDやゲーム機などに接続する「ホームシアタープロジェクター」の2系統がある。「液晶プロジェクター」「DLP(Digital Light Processing)プロジェクター」「CRTプロジェクター」など、映写方式によっていくつかの製品タイプがある。

「既存」に関する記事情報

EDIの2024年問題とは? ISDN回線終了で何がどうなるか

既存の電子商取引システが使えなくなる。最悪の場合には業務が停滞してしまう可能性があるという2024年問題する。費用と時間をなるべくかけずに対応する選択肢はあるだろうか。

中堅・中小製造業のRPA導入、AI、IoT活用の実際は? 事例で理解する自動化のコツ

製造系の企業が既存のシステムを生かしながら生産性を高めるには、RPAやAIなどを頼るのも一案だ。機械、現場、基幹系……今ある3つの情報を今あるシステムを生かしながら効率化し、生産性向上につなげる方法を取材した。

企業におけるSaaSアプリの利用状況(2019年)/後編

不満の声も聞こえるSaaS利用企業の現場からは使い勝手などに不満の声も聞こえる。では実際のところ、現場に定着できているのだろうか。意外にも業務効率化とは無縁の回答者の存在も。既存SaaS活用の戦略も聞いた。

「EDR」とは何か? 比較される「EPP」と何が違うか

既存の防御の網の目をすり抜けて侵入した脅威に対し、効果を発揮するEDR(Endpoint Detection and Response)。導入企業からは「効果がイマイチ分かりにくい」「運用が難しい」の声も聞くが、EDRの正しい認識や選定方法、運用のポイントを知ることで、その本来の価値を引き出せる。

身近に迫る「宇宙サイバー攻撃」その脅威と対策とは?

2040年には少なくとも1兆ドル超の市場に成長すると予測される宇宙産業。これまで国家や既存航空宇宙産業の他に異業種企業やベンチャー企業が続々と参入しているが、なかでも懸念されるのが「宇宙サイバー攻撃」だ。人工衛星を機能不全に陥らせる攻撃の手口と影響とは?

AI-OCRは「手書き文字」をどこまで正確に読み取れるのか

AI-OCRの読み取り精度は既存のOCRと比べてどこまで実用水準に達しているのか。3つのAI-OCR製品を使って、個人差が大きく識別が困難とされる手書き文字の認識率の違いをMM総研が検証した。

リスク山盛りで情シスは大丈夫か “改元システム対応”の近道とは?

今回の元号改正による既存システムへの影響は限定的だと楽観する企業もあるだろうが、中には想像以上に時間を要するケースもある。本特集では、「いつまでに何が必要か」をまとめ、対応が厄介なケースと注意点について説明する。

みずほダイレクトは不正アクセスさせない! 「FIDO」の導入メリット

パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることながら、既存の仕組みや端末を生かせるなどの特長から、企業にとってもコストや労力の面でメリットが大きいという。

Windows 10移行実態、ベンダー都合にユーザーはうんざり?

「Windows 7」の延長サポートが2020年1月14日に終了する。「Windows 10」への移行が急がれるが、既存システムの利用に影響が発生することも多い。1549人に聞いた。

既存会計システムがモバイル活用できない、KDDI社員1万1000人の完全移行プロジェクト

あのKDDIが会計システムを「モバイルで活用できない」という課題に悩まされていた。ユーザーの通信環境を整えることに注力していた同社が陰で苦労していた。

「既存」に関するIT製品情報

カルビーはシステム刷新に伴いどのような業務改善を実現できたか

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

カルビーでは処理速度の低下が問題となっていた既存システムの刷新を検討。併せてさまざまな業務課題も解決したいと考えた。同社のシステム刷新プロセスを解説する。

市場停滞期を乗り越える鍵、プラットフォームビジネス参入を成功させる成長戦略

日本電気株式会社

既存ビジネスの停滞への危機感から、ライフライン関連の従来型企業の間でも、顧客ロイヤリティーを高めるための取り組みが始まっている。その中でも大きな可能性を秘めている「プラットフォームビジネス」を成功させるための成長戦略とは?

原価計算・採算管理システム「J-CCOREs」

JFEシステムズ株式会社

鉄鋼・金属・化学・半導体等、複雑な工程を持つ業態に適合した原価計算・採算管理システム。既存の生産管理システムを生かしつつ、独立した原価計算が可能。

製造企業が知っておきたい、B2Bマーケティング成功に向けたMA実践活用術

株式会社セールスフォース・ドットコム

系列企業や既存顧客を中心としたビジネスに限界が見えてきたことから、日本の製造企業もマーケティングオートメーション(MA)に注目し始めている。今からMAに取り組む企業が成功を収めるためには何を知り、どのように実行すべきだろうか。

5年で限界を迎えるセキュリティ製品、現代のエンドポイントに必要な対策は?

マクニカネットワークス株式会社

サイバー空間における攻撃・防御の手法は大きく変化し、既存のアンチウイルス製品では端末を守り切るのが難しい。企業のネットワーク環境や攻撃者の狙い・手法などの変化に対応し続けられる、今、そして未来でも必要な対策とは何か。

「既存」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。