「施行 意味」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「施行 意味」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「施行 意味」に関する記事情報

2020年10月の電子帳簿保存法改正で経理の業務はどう変わるか

2020年10月、改正電子帳簿保存法が施行され、経理業務のペーパーレス化が進むとされる。いま準備しておくことは何だろうか。パンデミックの状況下で従業員に「決死の出社」をさせない働き方の提案が活発だ。

API連携、電子決済代行……FinTechと金融業界DX現在地点

銀行オープンAPIや電代業者について法的に定める改正銀行法施行から2年経過を前に、金融業界とFinTech市場の動きが顕著になりはじめた。

若手不足、だぶつく管理職……やってみて分かってきた働き方改革、組織の問題

働き方改革関連法施行から約1年。2020年4月からはいわゆる「残業規制」での中小企業向けの猶予措置もなくなる。対策手法やツールの提案は多いが、果たして各企業は効果を出せているのだろうか。約1年の具体的な取り組みの中で見えてきたのは、別の課題のようだ。

勤怠管理システムの利用状況(2019年)/後編

中小企業に対して1年間の猶予が設けられた残業時間の上限規制も、2020年4月から適用が開始される。働き方改革関連法が施行されてから1年がたとうとするが、企業の対応状況はどこまで進んでいるのだろうか。

勤怠管理システムの利用状況(2019年)/前編

「働き方改革関連法」が施行されてそろそろ1年がたとうとするが、組織における勤怠時間の管理意識はどう変化したのか。2018年の調査結果と比較するかたちで、勤怠管理システムの利用実態を探った。

営業部門における働き方改革の取り組み状況(2019年)

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。2019年4月からは「働き方改革関連法案」も施行されたが、約1年で営業部門の働き方は変わったのか。

PDCAを回して従業員の9割を“幸せ”にした中小企業の実録

オフィススペースの施行を手掛けるオカモトヤは、従業員が満足する働き方に変えるために、経営層がPDCAを回しながら各種施策に取り組んだ。

働き方改革関連法への対応状況(2019年)/前編

働き方改革関連法が施行された。時間外労働の上限規制など、とりわけ従業員の管理については今まで以上にシビアな管理が求められるようになるが、会員読者の認知度や対策度合いはどのようだろうか。

伸びるデータ保護対策市場、GDPRが追い風か

企業における情報保護対策は、個人情報保護法の改正やGDPRの施行により重要度が増した。暗号化製品やDLPの市場規模はどの程度伸びるのか。

GDPR対応のデッドライン迫る、日本企業がすべきことは何か

2018年5月25日に施行されるGRPR。99条にも上る条文をこれから全て解釈するのはハードルが高い。GDPRの概要把握のためのポイントを紹介しよう。

「施行 意味」に関するIT製品情報

知らなかったでは済まされない、「働き方改革関連法」対応での注意点とは?

株式会社SmartHR

働き方改革関連法の順次施行に伴い、企業には待ったなしの対応が迫られている。時間外労働の罰則付き上限規制など、特に対策が急がれる項目をはじめとした要注意ポイントについて、コンプライアンスの観点から対応策を解説する。

本人確認をオンラインで完結、「eKYC」を導入するメリットとは?

株式会社ポラリファイ

犯罪収益移転防止法の施行規則改正により、オンライン上での本人確認「eKYC」が認められたが、2020年4月からは、郵送を介する従来の確認方法は厳格化される。銀行やカード会社だけでなく、宅建業なども向き合うべき課題とは?

GDPR対応はどこから始めるべき? データ活用も規制対応も実現するカギとは

シンクソート・ジャパン株式会社

データの価値が注目される一方で、EUで一般データ保護規則(GDPR)が施行されるなど、その取り扱いに関する規制も強化されている。新たな顧客権利や法規制に対応する上で、ますます重要となるのがデータ品質管理ツールだ。

GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法

F5ネットワークスジャパン合同会社

GDPRの施行により、欧州だけでなく国内の企業にもこれまで以上のコンプライアンス対応とセキュリティ対策が求められている。情報漏えいの主な原因であるアプリケーションを狙った攻撃を防ぐには、多層的な防御戦略が必要だ。

中国から日本国内へのデータの越境、そのリスク管理のために採るべき方策は?

株式会社IIJグローバルソリューションズ

中国で既に施行され、今後取り締まりが強化されるというサイバーセキュリティ法 現地でビジネスを展開する組織は、同法の本質を知り、その上で、データ越境する 際のリスクを可能な限り低減するようなIT環境を構築する必要がある。

「施行 意味」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。