「携帯電話 内線化」に近い情報
「携帯電話」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「携帯電話」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説携帯電話とは?

コンパクトな外観の、持ち歩ける電話機のこと。一般的にはバッテリーとアンテナを内蔵し、無線通信によって音声とデータ通信が可能。日本ではNTTドコモ、KDDI(auブランド)、沖縄セルラー電話(auブランド)、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスがサービスを提供している。

「携帯電話」に関する記事情報

「スマートフォン」シェア(2019年第2四半期)

国内のスマートフォンと従来型携帯電話の出荷台数は前年同期比1.4%減の707.3万台だった。アップルのiPhone出荷が前年を上回る出荷を実現しシェアを維持した一方、Android陣営はハイエンド機種の出荷抑制傾向によって伸び悩んだ。

「スマートフォン」シェア(2019年第1四半期)

IDC Japanは、「2019年第1四半期国内携帯電話・スマートフォン市場実績値」を発表した。2019年春に発表された「分離プラン」は携帯電話、スマートフォン市場にどれだけ影響を与えたか。

「スマートフォン」シェア(2018年第3四半期)

国内の携帯電話出荷台数は前年同期比6.1%増の745万台だった。iOSの新製品が前年を上回る出荷を実現し大きくシェアを回復した。Android陣営はベンダーによって勝敗が分かれた。

「スマートフォン」シェア(2018年第2四半期)

国内の携帯電話出荷台数は前年同期比0.9%増の717万台だった。Androidが好調な一方で、iOSが大きくシェアを落とした。

「スマートフォン」シェア(2018年第1四半期)

ついに従来型携帯電話の出荷が「ゼロ」に。国産スマホメーカーの首位争いにも変化あり。2018年第1四半期シェアはどうなった。

「ピッチ」よ、さらば:463rd Lap

「PHS」を覚えているだろうか? 携帯電話が爆発的な普及を見せた1990年代半ば、その通信料金の安さから若者に支持されたあの通信端末だ。正式名は「Personal Handyphone System」。愛称は「ピッチ」だ。

「スマートフォン」シェア(2017年第2四半期)

国内スマートフォンの出荷台数は685万台。従来型携帯電話のシェアはどんどん減少している。シェア情報を紹介する。

「携帯電話」シェア(2016年)

2016年の国内携帯電話出荷台数は3260万台だった。シェア情報を紹介する。

「携帯電話」シェア(2016年度第3四半期)

2016年第3四半期(7月~9月)は、前年同期比1.4%増の767万台のプラス成長となった。シェア情報を紹介する。

「国内携帯電話」シェア(2016年第2四半期)

2016年第2四半期は、前年同期比2.5%減だった同市場。市場は減少傾向の中、前年同期比28.8%増の1位ベンダーとは? シェア情報を紹介する。

「携帯電話」に関するIT製品情報

到達率99%の驚異的な高さと手軽さが魅力、「SMS」活用で得られる効果とは?

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

電話、郵便、電子メールなど、企業が顧客とコンタクトを取るためのツールは数多くあるが、いずれも到達率やコストなどに不満が残る。そこで見直したい選択肢が、スマートフォンや携帯電話に直接メッセージを届けられる「SMS」だ。

開封率の高さで再注目、「SMS」をビジネス活用する前に知っておきたいこと

ユミルリンク株式会社

スマートフォン・携帯電話を持つほぼ全ての人にメッセージを送ることができるとして、「SMS(ショートメッセージサービス)」の効果が“今”見直されている。SMS利用のメリットと注意点を改めて整理し、SMS配信サービス選びのポイントを見ていく。

BYODで生産性向上とコスト削減を両立、NTTデータCCSのセキュアなモバイル管理術

株式会社レコモット

携帯電話(スマートフォン)の会社貸与による通信管理費の負担が課題となっていたNTTデータCCSは、それらの解消と社員の生産性向上のため、BYODの実施を決意。情報漏えいなどのリスク解消と運用コスト削減を両立した同社の方法とは?

携帯電話使い分けサービス 「モバイルチョイス“050”」

楽天コミュニケーションズ株式会社

個人のスマホ・携帯電話を、業務用として簡単に使い分けできる!

「携帯電話」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。