「抱える」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「抱える」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「抱える」に関する記事情報

国内ITサービス市場、成長と引き換えにサービス事業者が抱える課題

2018年の国内ITサービス市場は、5兆6664億円に着地したとみられる。同市場は、2019年以降も緩やかな成長を継続すると予測できる。

経営のための改革はいらない……働き方改革、進捗と従業員のホンネ【実態調査】

働き方改革の波が広がり、ベストプラクティスを耳にする機会も増えたが、取り組み企業からは不満の声も上がる。働き方改革の最新状況と、企業が抱える課題を聞いた。

BIツールの導入状況(2019年)/後編

導入企業は「おおむね満足」が多数なのに未導入企業が多い理由は? BIツール未導入企業が抱える三重苦が見えてきた。

RPAのテストは難しい? 必ず押さえたいポイント

RPAがよく止まるという悩みを抱える企業は多い。原因の1つは、行うべきテストができていないことにある。必要な情報や条件を整理することが難しいテストを、ユーザー部門や開発担当者がどう行えばよいのか――ポイントを解説する。

RPAは使いものにならない……? 導入企業の訴えまとめ【実態調査】

2017年ごろから導入企業が増えつつあるRPAだが、導入企業からは具体的な課題も上がっている。RPA導入の最新事情と、企業が抱える課題について聞いた。

営業部門の業務課題とIT活用(2018年)/前編

キーマンズネットは2018年10月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。それによると、現在営業部門が抱える課題は営業部門の「中」ではない領域にあることが明らかになった。今後のITツール導入意向と併せて見ていく。

業務効率を落とすことなく情報漏えい対策を徹底する方法とは

「情報管理の対策はやっている」が、それでも「情報漏えいを前提とした対策が不十分」という課題を抱える企業は多い。ユーザーの業務効率を落とさずに打てる対策はないだろうか。

「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革

全世界に16万人の従業員を抱える富士通。全社的な働き方を見直し、改善するのは容易ではない。そこで考えた富士通ならではの取り組みとは。

約7000人の従業員に活用を促した、電通のRPA導入成功の鍵

全社約7000人の従業員を抱える電通では、全社を対象とした大規模導入を行い、約600もの業務へのRPA大規模適用させ、継続的な効果を創出している。同社の大規模導入の手法、スケールのポイントは?

基幹系システムの利用状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員239人を対象にアンケート調査を実施した。基幹系システムを利用しない理由や今後期待する機能など基幹系システムが抱える問題点が明らかになった。

「抱える」に関するIT製品情報

グループ会社438社を擁する商社が選んだデータ収集・分析基盤

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

グローバルで多数のグループ企業を抱える丸紅では、各社が持つデータを収集して一元管理するデータ基盤の構築とBI製品導入で、レポートを自動生成する仕組みを実現した。

大規模環境でのエンドポイント防御の課題、ビッグデータ処理を効率化する方法は

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

膨大なデータを抱える大規模環境では、エンドポイント防御における分析の非効率さがしばしば課題となる。Fortune 500の1つとして知られる銀行の事例を基に、対策の強化と悪意のあるアクティビティーの可視化におけるポイントを紹介する。

映像配信基盤なのになぜ? 「ひかりTV」がミッドレンジストレージを選んだ理由

日本ヒューレット・パッカード株式会社

競争の激しい映像配信サービス業界では、高品質なサービス提供を支える仮想化基盤に力を入れている。だが、会員300万人超を抱える映像配信サービス「ひかりTV」が基盤に採用したストレージは、ハイエンドでなくミッドレンジ製品だった。

インフラの仮想化統合でストレージ運用の負荷増大、ICUはどう解決した?

ヴイエムウェア株式会社

学校教育におけるITの価値向上を目指す国際基督教大学では、仮想化基盤を導入し学内ITインフラの集約を進めてきた。しかし、基盤の二重化によりコストや運用面で課題を抱えるようになった。それらを解決するため、同大学が取った方法とは?

仮想化環境のクラウド移行は必要? 不要? 初心者でも分かる8つの判断基準

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

オンプレミスの仮想化環境が抱える課題の解決策として、クラウド移行が進んでいる。しかし、本当にクラウド移行が最善策となるのか、判断に迷うケースもあるだろう。そんな企業のためにクラウド移行の基礎知識や判断材料をまとめた。

「抱える」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。