「技術ばらし」に近い情報
「技術」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「技術」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「技術」に関する記事情報

Bluetoothの脆弱性が危険な件、あなたのイヤフォンは大丈夫?:579th Lap

スマホやPCなどのデバイスと周辺機器を無線でつなぐ身近で便利な技術「Bluetooth」に新たな脆弱性が見つかった。対策を取らなけらばデバイスが乗っ取られてしまう可能性もあるという。

壁の向こうにいる人の動きを感知する? 驚きのWi-Fi新技術とは:577th Lap

Wi-Fiの技術を使って、壁の向こう側にいる人を検知できる技術が発表された。その驚きの方法と役立つ利用方法を紹介する。

国内1万社が抱える「オフコン沼」、捨てないけれど塩漬けにしない方法

オフコン技術者は「絶滅寸前」か。今も国内に多数残るIBM i(旧:IBM AS/400)などのシステムを、今後どう扱っていくべきか。DX推進待ったなしの状況で、仕様すら把握できず取り残されるレガシーの救済方法を聞いた。

令和時代の「脱・昭和」な働き方 4つの先行実践例に学ぶ、道具、 ルール、考え方

平成が終わり、令和になったいま、ようやく世の中が「脱・昭和」を本格的に検討し始めた。平成の30年間で発達した情報技術を活用したら、物理的なモノや位置といった昭和の制約からどこまで開放されるだろうか。先行する企業の5つの事例、運用の経験則から実践方法を学ぶ。

雷サージでデータ喪失も? 自宅ルータや店舗エッジサーバの電源を保護する最新UPS事情事情

雷や自然災害のシーズンが目前に迫る。在宅勤務やエッジサーバを使った遠隔監視などの利用が進むが、電源対策は十分だろうか。技術的には安定したUPSだが、最近は用事ごとのラインアップに加え、運用面で新しいトレンドが生まれている。不測の事態に備え、情報を確認しておこう。

ハイパフォーマー量産組織は「作れる」時代に 幸福度を指標化する「ハピネス指数」とは何か

人間や組織の「よい状態」を可視化する技術を基に、新しい価値評価基準が提案されている。提案するのはテレワーク導入やジョブ型雇用の推進など、日本企業の変革に率先して取り組む日立だ。ハイパフォーマーを生み出す組織づくりを科学的に提示できるという。

大手ITベンダーが次々と顔認識技術の提供、開発の停止を表明 その理由は?:567th Lap

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

5Gの電波活用最新事情 見た目はガラス?「透明・動的メタサーフェス」とは

ガラスのように透明なのに、ある時は電波を反射し、ある時は電波を通す、そんな制御ができるのが「透明・動的メタサーフェス」。微細な2次元構造を組み付けた大面積材料が可能にする5G時代の電波活用技術とは?

「ウェアラブルデバイス」シェア(2019年第4四半期、通年)

音声アシスタント技術の進展により2019年第4四半期および通年のウェアラブルデバイス市場は耳装着型デバイスが大きく躍進した。2019年第4四半期および通年で世界と国内のウェアラブルデバイス市場のトップ5を占めたベンダーはどこか。

電子回路では到達不可能な超高速・超低電力動作を実現 グラフェンを利用した「全光スイッチング」技術

電子回路の微細化によってプロセッサの性能を向上してきたが、それも限界を迎えつつある。その代わりとして期待されているのが、チップ内部への光回路実装だ。NTTと東京工業大学が「全光スイッチング技術」の開発に成功した。

「技術」に関するIT製品情報

intra-martの組織変更ツール、データ連携ツール「Accel-KNIGHT」

株式会社 情報技術センター

intra-mart導入時の初期データ構築、定期的な組織変更や外部データ連携を低コスト・短納期で実現。スケジューラによる自動化で、マスタ運用負荷も軽減できる。

次世代のデータ管理方法「DataOps」とは

日本電気株式会社

DevOpsの手法を企業のデータ管理に取り入れた「DataOps」は、企業のデータ収集と管理、分析のサイクルを加速する方法の一つだ。本書ではDataOpsのメリットと関連技術、導入方法について説明する。

CaaSに欠かせないクラウドネイティブなインフラ、実現に必要な3つの要件とは

三井情報株式会社

アプリケーションの可搬性と一貫性を維持するコンテナ技術は、今やビジネスに不可欠な存在となりつつある。ただ、Kubernetesを利用するだけではコンテナの強みを生かしきれない。インフラ全体をクラウドネイティブに進化させる必要がある。

特有の課題もあるコンテナ環境のセキュリティ問題、NISTの要件をどう実装する?

トレンドマイクロ株式会社

NIST SP 800-190は、コンテナ環境の保護を目的に、米国国立標準技術研究所がまとめたセキュリティ実装のガイドラインだ。開発環境から本番環境にまたがる保護を支援できるが、実装にはコンテナ特有の課題も立ちはだかる。

コンテナの利点を最大化、セキュリティを確保するための6つのステップとは?

トレンドマイクロ株式会社

アプリケーション開発作業を迅速化し、プラットフォーム依存からの脱却を可能にするものとして、コンテナ技術の重要度が高まっている。それらの利点を享受し、安全にコンテナを利用するための「6つのステップ」を解説する。

「技術」に関する新着セミナー

<ライブ配信セミナー>時間と距離を超えるナレッジが 設計や生産の「未然防止」「技術伝承」「海外連携」を加速

アクセラテクノロジ株式会社

2020/10/07(水)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「FIT2020 金融国際情報技術展」に出展=NTTデータビジネスブレインズ=

株式会社NTTデータビジネスブレインズ

2020/10/08(木)10:00~2020/10/09(金)18:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | WEB構築

リモートワークの課題を解消!Splunkユースケースと技術要素

マクニカネットワークス株式会社

2020/10/15(木)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 運用管理

「技術」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。