「感染制御リスクアセスメント [建築icraマトリックス表]」に近い情報
「感染」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「感染」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「感染」に関する記事情報

検索エンジンに潜む悪意、拡散中のマルウェア「Adrozek」にご注意を:592nd Lap

感染すると検索エンジンを利用するたびに働いてしまうマルウェアが登場し、感染拡大しているという。

「緊急事態宣言下でもPCリプレースで出社」の悲劇を生まないためのPC運用の勘所

COVID-19の感染の勢いは衰えを見せない。本格的にテレワークへとシフトする企業も見られる中で、PC運用もそれに適した方法が必要だ。オフィスであれば、PCニ何か異常が発生したら、情報シス担当が直接サポートできるが、テレワークとなるとそうもいかない。今のPC運用をどう見直すべきか。

ニューノーマルにおける企業内研修の在り方とは? 取るべき対応とテクノロジーを解説

企業内研修は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、当初は中止や延期を強いられ、現在はWeb会議でしのいでいるところもあるのではないだろうか。今後しばらく感染症対策が続くことを想定し、本質的な対応が求められている。

コロナ禍で得た教訓を生かす テレワークの“理不尽”から生まれた不公平感とは

2019年までは働き方改革のもと、生産性向上や隙間時間の有効活用を目指してテレワークが進められてきた。ところがコロナ禍におけるテレワークは感染症対策の必然性から生じたもので、事業継続を目的としている。2019年までのテレワークとは本質的に異なる。強制的ではあるものの、実践することで課題も見えてきた。これからの働き方改革の方向性をあらためて考える。

電子契約の法的効力は? イチから分かるクラウド型電子契約サービス

新型コロナウイルス感染症の影響で、「脱・紙、ハンコ」といった言葉に見られるように、バックオフィスのデジタル化に関心が集まる。最近では、電子契約サービスの利用も進んでいるようだが、法的視点で見て本当に問題ないのだろうか。

ペーパレスだけじゃない課題山積の契約管理業務、コロナ前後で問題意識はどう変化したか?

新型コロナウイルス感染症の拡大前と後で、契約業務における課題意識はどこまで変わったのか。本稿では、業種別に課題意識の変化を見ていく。

国内サーバ市場の成長を支えるものとは? 2024年までのサーバ市場予測

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて2020年はマイナス成長となるが、回復期に当たる2021年よりも2020年の市場規模の方が大きくなるとみている。

国内ビッグデータ、アナリティクス市場調査から見る、データ分析の需要と予算の増減

IDC Japanが発表したユーザー調査によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で先行きが不透明であるが、6割以上の企業がデータ分析への予算について、「前年と変わらない」または「増加する」と回答した。

CIOが答えた2020年度IT予算の増減と今後の注力投資分野は?

2020年に入って新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが世界中を騒がせ、売り上げに大きく影響を受けた企業もある。企業のCIOは今後のIT投資の見通しをどのように考えているのか。IDC Japanが1467人のCIOに尋ねた。

改善傾向を見せるIT市場、新型コロナの影響は2020年下半期以降どうなる?

IDC Japanは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるIT市場予測の、上方修正を発表した。2020年5月7日の予測からインフラストラクチャ関連が最も大きく改善した。

「感染」に関するIT製品情報

マネージドEDRサービス for CrowdStrike

株式会社ラック

高い脅威検知性能を誇るCrowdStrikeのEDR機能で感染拡大を防止するとともに、マネージドサービスを利用することにより情報システム部の運用負荷を大幅に削減する。

新型コロナウイルス便乗型攻撃が増加、テレワークの安全性をどう担保する?

フォーティネットジャパン株式会社

新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークが急速に普及する一方で、この状況に便乗したサイバー攻撃が増加している。特に利用の多いビデオ会議ツールの脆弱性をはじめ、企業が今注意すべき点は何か。課題と対策を解説する。

対応遅れで被害を拡大、インシデント対応を外部専門家に任せるべき理由

株式会社日立ソリューションズ

マルウェア感染などのインシデント発生時に、どう対処すべきかが分からず、被害を拡大させてしまうケースは多い。100%の防御ができない以上、万が一の際に確実かつ迅速に対応できる体制の構築が必要だ。

海外拠点のマルウェア感染を回避、グローバルセキュリティに必要な2つの可視化

株式会社IIJグローバルソリューションズ

通信の多くがWebベースに移行し、日本企業のグローバル展開が加速する中、海外拠点におけるマルウェア感染のリスクが増大している。これを回避し、グローバル全体のITセキュリティを管理するためには、“2つの可視化”が重要となる。

ランサムウェア攻撃件数は減少も感染は増加、巧妙化が進んだ2019年の脅威動向

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃のトレンドは刻一刻と変化する。ランサムウェアは全体的な件数こそ減少したものの法人での感染被害件数はむしろ増加、その進化を見せつけた。その他にも攻撃手法に多様な変化が見られた2019年上半期の脅威レポートをお届けする。

「感染」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。