「情報システム部門の将来像 otとit」に近い情報
「情報システム部門の」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報システム部門の」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説情報システムとは?

情報系システムとは、企業が利用する各種情報システムの中で、ビジネス活動のさまざまな場面における情報を管理し、意思決定を支援するためのシステム群のこと。具体的には、顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するための「CRM(Customer Relationship Management)」や、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できるさまざまな情報を吸い上げて活用できるようにする「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」、あるいはコールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用される「CTI(Computer Telephony Integration)」などが挙げられる。これら情報系システムに対し、企業活動を遂行する上で必要不可欠となる情報システム群は、基幹系システムと呼ばれる。

「情報システム部門の」に関する記事情報

2020年注目の技術は? IT担当者500人が答えた「来年注目のテクノロジー」

2020年の企業情報システム担当者が注目するテーマはかなり攻め気味――。情報システム部門の会社員約1000人を対象に「今年と来年に注目/期待するテクノロジやソリューション」を調査。回答者が2020年に注力すると答えた技術とその概要を紹介する。

ひとり情シスを救うための終活? 「もう1人じゃない」を実現する方法

1人で情報システム部門の担当者を務めるひとり情シスの苦悩は、古今東西で共通して深い。この状況を打破するべく、Dell EMCが立ち上がった。施策の中には、「終活ソリューション」といった耳慣れないものもあるが?

「情報システム部門の」に関するIT製品情報

複数拠点の無線LANを一元管理、3社の事例に学ぶネットワーク運用のシンプル化

シスコシステムズ合同会社

複数拠点への無線LAN導入が当たり前となる一方で、その運用管理を担う情報システム部門の負担が増大している。この課題を解消するためには、拠点に専任者を配置しなくても、あたかもそこにいるかのような管理性を実現することが重要だ。

PC運用の負荷が増大、情報システム部門の業務改善はどこから手を付けるべき?

ヤマトシステム開発株式会社

人材不足や役割の高度化、Windows 10移行など複合的な要因により、情報システム部門のPC運用に関する負担はますます増加している。この状況を改善するには、既存業務の棚卸しを行い、タスクの“選択”と“集中”を考える必要がある。

経営層と情シスが今すぐ取り組むべき10大業務課題

CTCシステムマネジメント株式会社

現代のビジネスにおいてITの活用は重要なミッションであり、適切なIT投資を行うためには経営層と情報システム部門の連携が不可欠だ。2者が連携して取り組むべき業務課題と、その解決に必要なシステムとは何かを確認していく。

最新ワークフローシステム 選定/乗り換えガイドブック

CTCシステムマネジメント株式会社

旧来のワークフローシステムに不満を抱いている情報システム部門の担当者に贈る、次世代型ワークフローシステムの選定/乗り換えガイドブック。「働き方改革」など、日々変化するビジネス環境に対応するためにも必読だ。

RPAツールとデータ連携ミドルウェアの活用で業務を完全自動化

アステリア株式会社

フォーバルテレコムはRPAツールとデータ連携ミドルウェアの活用で業務自動化を実現。情報システム部門の業務時間と負荷は減り、手動操作による誤実行もなくなった。

「情報システム部門の」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。