「工数 予実管理」に近い情報
「工数」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「工数」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「工数」に関する記事情報

何からはじめる? AI画像認識、3つの活用ステップ

AI画像認識を導入する際に、必ず踏まなければならないステップがあります。例えば、「AIは運用前の事前作業に最も工数がかかる」といわれますが、どのような作業が必要なのでしょうか。図で簡単に説明します。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

ERPの導入状況(2018年)/前編

主要パッケージ製品やバックエンドのサーバ製品の保守サポート終了やクラウドサービスの隆盛など、ERPを取り巻く環境は節目を迎えつつある。加えて工数やコストを抑えて導入できるクラウドERPの選択肢も増えてきた。約1年前の調査と比較して変化はあっただろうか。

ポーラの「中の人たち」が3年間やってみて分かった「シナプス型」業務改善のコツ

毎日の小さな非効率も積み重なれば年間数万ステップ以上の工数に。カイゼンのサイクルが回り出したポーラが、3年かけて実現したのは「シナプス型」の組織風土。プロジェクト担当者が成功のコツを語る。

デスクトップ仮想化でコスト抑制する奥の手とは?

「仮想PC方式」のデスクトップ仮想化で障壁になりがちなコスト課題。ストレージやライセンスコストの削減、運用管理工数を削減する、DaaS利用などコスト抑制策を考える。

今、あらためて問う「BRMS」の真価

ビジネスロジック内のルールを体系的に管理することで開発工数削減を実現するBRMS。誕生から15年、あらためて脚光を浴びる理由とは?

「工数」に関するIT製品情報

脱Excel、煩雑な請求業務をクラウド帳票管理で効率化する方法

株式会社リコー

事業を行っていく上で欠かせない請求業務だが、実際の作業は煩雑で、帳票伝票の作成、郵送、入金管理など工数も多い。この負担を軽減し、人的課題の解消とともに働き方改革の一環としてペーパーレス化を推進する方法に迫る。

バックアップの管理工数をほぼゼロに、成城大学はデータ管理をどう改善した?

ルーブリック・ジャパン株式会社

6800人を超える学生と教職員を抱える成城大学のITチームでは、データ保護や事業継続性を強化すべく、データ管理ソリューションの刷新を決めた。“労働集約型”の旧システムの課題を一掃した、新たなデータ管理製品の実力とは?

勤休管理システム「勤時(きんとき)」

株式会社 科学情報システムズ

工数管理と就労時間の可視化により「働き方改革」!!

各現場で作業する社員の効率的な勤怠・工数管理とは?

株式会社 科学情報システムズ

毎月、各現場は紙の出勤簿やタイムカードを本社へ送付し、本社は収集したそれらの集計に手間をかけている企業も多い。そうした煩雑な運用の負荷を軽減するには?

OSSの監視ツールを使うなら知っておきたい、システム運用工数の増大要因と対策

株式会社野村総合研究所

システム監視業務のコスト削減に向けて、OSSの監視ツールを採用する企業は多い。しかし、複数の監視ツールを導入した結果、膨大なメッセージ対応工数に悩まされるケースもある。監視ツール本体に手を加えず、この課題を解決する方法とは。

「工数」に関する新着セミナー

帳票作成は難しくない!Salesforceから見積書や請求書を出力で工数削減

株式会社Fleekdrive

2019/11/21(木)16:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 基幹系システム | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「工数」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。