「展開開発 デグレード」に近い情報
「展開」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「展開」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「展開」に関する記事情報

Windows 10向けのモダンPCとはどんなもの? Chromebookとの違い、テレワーク利用の適性

家電量販店には「モダンPC」のコーナーができ、大きなプロモーションも展開されている。「Windows 7」がサポートを終了し、今後テレワーク対応などで社用のPCを入れ替えようと考えるとき、モダンPCは果たしてどんなメリット、デメリットがあるのだろうか?

コラボレーション機能を強化するDropboxに聞く テレワーク

クラウドストレージサービスを展開するDropbox Japan。コラボレーション機能を強化する同社にテレワーク成功の秘訣を聞いた。

2026年までの年間平均成長率198%の5G、最も期待を寄せる産業分野とユースケース

2020年から商用サービスの展開が期待される「5G」。次世代通信規格として企業の目を集めるが、5Gに積極的に投資する産業分野とは。

いまさら聞けない「5G」、基礎知識と課題を総ざらい

2020年は「5G元年」にといわれ、商用サービスの本格展開に向けた準備が進みつつある。5Gが本格的に始まる前に、押さえておきたい基礎知識を無料ブックレットにまとめた。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

Amazonがカリフォルニア州の議員を「悪人」だと断じたワケ:526th Lap

AmazonはEC事業を世界中で展開して成功を収めているが、実はクラウドサービス事業で大成功している企業でもある。だが性能向上に余念のないWebサービスに思いがけない弱点が発見された。

15万時間を削減した「現場スケール型RPA」の伝道師が教える“現場増殖型RPA”とは

かつて大手企業でRPA全社展開プロジェクトのリーダーを務めた竹内氏は、現在「現場スケール型RPA」の伝道師として活動する。RPAの適応領域を拡大するには「現場増殖型RPA」に変えることが必要だと言い、3つのポイントを挙げた。

ZOZOがいきなり2000人追加採用でも雇用契約管理が破綻しないワケ

クラウド契約サービスによる契約業務効率化が注目を集めるが、実際に採用したユーザーはどう使っているか。異なる事業を展開する3社が、契約を変えたことでそれぞれの業務を大きく変革する。

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 後編

ロボットが停止し、事業運営に影響を与える事故に発展した――RPA導入企業でこうした出来事が多発している。トラブルのないRPAを目指すなら、推進の各フェーズで必ず実践すべきことがある。

「展開」に関するIT製品情報

単なる「安価な仮想化基盤」ではない、調査で見えたHCIへの“本当の期待”とは

日本電気株式会社

コストの最適化、拡張性の高さ、調達/展開の迅速性といった利点から注目されるHCI。では企業は実際に、HCIの導入により具体的にどんな“成果”を期待しているのか。調査結果から見えた真相と、それを実現する製品選びの要点を解説する。

外出先・出向先PCにも均一なポリシー運用を、サンケイリビングが選んだ手段は?

トレンドマイクロ株式会社

フリーペーパー事業を展開するサンケイリビング新聞社は多数の個人情報を扱うため、セキュリティに注力してきた。ただ、課題として残るのがPCのセキュリティ状況の把握だ。外出先・出向先のPCもセキュアにするため同社が取った改善策とは。

拠点のネットワークをエンジニアなしで一元管理、事例で学ぶ“ITシンプル化”術

シスコシステムズ合同会社

多拠点展開企業の課題となるネットワーク管理だが、人手不足で専任エンジニアの配置が難しいケースも多い。これを解消するのが、クラウドやオープンAPIを活用し、優れたダッシュボードやサポートで一元管理を容易にするソリューションだ。

仮想デスクトップインフラをモダナイズ、AWS移行で得られる効果とは?

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

仮想デスクトップインフラをAWS上に展開することで、企業はさまざまなハイブリッド機能を迅速に配信できるようになる。統合されたデスクトップとアプリケーションがもたらすビジネスメリットについて、具体的に解説する。

AWSとオンプレの使い分けでコスト最適化、事例に学ぶハイブリッドクラウド活用

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

関西電力グループのオプテージは、事業需要に応えられるインフラの構築を目指し、VMware Cloud on AWSを活用したハイブリッドクラウド環境を構築した。リソースの迅速な展開と、コスト最適化を可能としたAWS/オンプレ使い分けの秘訣とは。

「展開」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。