「展開開発 デグレード」に近い情報
「展開」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「展開」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「展開」に関する記事情報

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

Amazonがカリフォルニア州の議員を「悪人」だと断じたワケ:526th Lap

AmazonはEC事業を世界中で展開して成功を収めているが、実はクラウドサービス事業で大成功している企業でもある。だが性能向上に余念のないWebサービスに思いがけない弱点が発見された。

15万時間を削減した「現場スケール型RPA」の伝道師が教える“現場増殖型RPA”とは

かつて大手企業でRPA全社展開プロジェクトのリーダーを務めた竹内氏は、現在「現場スケール型RPA」の伝道師として活動する。RPAの適応領域を拡大するには「現場増殖型RPA」に変えることが必要だと言い、3つのポイントを挙げた。

ZOZOがいきなり2000人追加採用でも雇用契約管理が破綻しないワケ

クラウド契約サービスによる契約業務効率化が注目を集めるが、実際に採用したユーザーはどう使っているか。異なる事業を展開する3社が、契約を変えたことでそれぞれの業務を大きく変革する。

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 後編

ロボットが停止し、事業運営に影響を与える事故に発展した――RPA導入企業でこうした出来事が多発している。トラブルのないRPAを目指すなら、推進の各フェーズで必ず実践すべきことがある。

壁だらけのロボット展開、RPAに求めるべき品質ってなに? 前編

企業の高品質なRPA運用を支援するコンサルタントが、本当にあったRPAの事故の原因に切り込み、トラブルのない"優等生ロボット”をどのように実現するのかを解説する。

ツール選定の失敗、運用の挫折 RPAの落とし穴を避ける方法

RPAを導入し、全社展開に取り組むものの思ったような効果を得られない。これからRPAの全社展開を目指す企業が、必ず押さえて欲しい項目を紹介する。

標的型攻撃への対策状況(2018年)/前編

キーマンズネット会員197人を対象にアンケート調査を実施した。実際に標的型攻撃を受けた経験の有無や被害内容などに関する質問を展開した。

Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

「展開」に関するIT製品情報

多忙な作家もスマホで簡単に署名押印、集英社に学ぶ契約プロセス効率化の秘訣

ドキュサイン・ジャパン株式会社

「週刊少年ジャンプ+」をはじめ精力的なデジタル展開を進める集英社では、契約事項の増加に伴い、業務プロセスの効率化を検討することとなった。多忙な作家との契約締結に多くの課題を抱えていた同社が選んだ、電子署名ツールの実力とは?

「Microsoft Azure」環境と相性のいいオンプレミス環境とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

「Microsoft Azure Stack」は、クラウド環境とオンプレミス環境の双方で同様のアプリケーション展開を可能にするAzureの拡張機能だ。今回はAzure Stackと専用ハードウェアについて、詳しく説明する。

6万人超の学生の学習過程に合わせたサービスを実現、iPaaSのデータ統合がカギに

Dell Boomi

ユーザーの状況に合わせたサービスを大規模に展開するには、オンプレミスのIT統合システムでは限界がある。そこでグローバルに教育プログラムを展開するStudy Groupは、iPaaSを採用することでデータの統合、管理の合理化に成功したという。

海外で増すシャドーITの懸念、クラウドサービス単位のリスクをどう可視化する?

株式会社IIJグローバルソリューションズ

クラウドサービスの利用拡大とともに、情報漏えいリスクも増加している。特に海外展開する企業にとって懸念されるのがシャドーITだ。日本で知られていないサービスが海外拠点で利用されるケースも多く、対策が喫緊の課題となっている。

世界各拠点のナレッジ活用や成果物の再利用を新ポータルで実現

株式会社イージフ

グローバルに事業を展開する横河電機は、どの国でも同じ品質でサービスを提供するため、同社のさまざまな要件を満たす、新しいイントラネットポータルを構築した。

「展開」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。