「富士通 se 単価」に近い情報
「富士通 se」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「富士通 se」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「富士通 se」に関するIT製品情報

サポート終了目前のWindows Server 2008/R2、今からでも間に合う延命策とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2020年1月にEOSが迫るWindows Server 2008/R2だが、時間の制約からリプレースが難しいケースも多い。そこで、体制が整うまで既存OSを延命したい企業に注目されているのが、現環境のまま手間なく移行できるクラウドサービスだ。

Windows Server 2008を容易に「延命」、OSやアプリの再構築が不要な方法とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了が間近に迫っているが、短期間でのOS移行にはさまざまなリスクがある。そこで注目したいのが、EOSを迎えるOS環境を“そのまま”クラウド移行する「延命策」だ。

最新のクラウドサービス開発手法に取り組むべく富士通が採用した管理ツールとは

ギットハブ・ジャパン合同会社

富士通のパブリッククラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」では、Github.comと同等の機能をセキュアに利用できるマネージドサービスが組み込まれている。このサービス実装は、実は同社の社内開発環境での成功を受けてのものだった。

Windows Serverユーザーだからこそできる、コストを抑えたHCIの構築方法

富士通株式会社

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はヴイエムウェアベースの製品が多いが、Windows Serverベースでももちろん実現できる。マイクロソフトのSDSを利用すれば、安価なコストでHCIを構築することも可能だ。

Oracle DB環境をワンクリックで構築――DBのクラウド移行における最適解とは

富士通株式会社

クラウドファーストを方針にICT環境の刷新に取り組むカネカだが、利用しているOracle Databaseのクラウド移行には技術や運用に伴う課題が浮上していた。解決策となったのは、クラウド上でOracle Databaseの全機能を提供するPaaSだった。

「富士通 se」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。