「富士通 サーバ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「富士通 サーバ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「富士通 サーバ」に関する記事情報

サーバは水没させる時代、液浸冷却技術で消費電力4割減

機器を液体につけて冷却する富士通の「液浸冷却技術」は、データセンターの電力消費を40%削減する他、機器設置スペースを50パーセント削減し、ファンを回さない静かなデータセンターを実現する。

「富士通 サーバ」に関するIT製品情報

再構築や改修は不要、オンプレのvSphere環境をそのままクラウド移行する方法

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

VMware製品で仮想化したオンプレミスのサーバを、そのままクラウドに移行したいというニーズは多い。その実現法となる「V2C(Virtual to Cloud)」方式のクラウド移行について、実行の手順や注意すべきポイントを解説する。

VMware環境のクラウド移行につまずかない、手順別の確認事項チェックリスト

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

VMware製品による仮想化サーバをそのままクラウド化するなら、VMwareベースのパブリッククラウドが最適だ。アプリケーションの改修や再構築の手間を省き、ニーズ通りの移行を実現できる。ただ、この条件でも押さえるべきポイントはある。

ラックマウント用コンソールドロワー 「フルHDモデル」

富士通コンポーネント株式会社

フルHD対応、サーバラック用コンソールドロワー

FUJITSU ビジネスアプリケーション WorkSpiceポータル

富士通株式会社

IBM Dominoサーバに簡単アドオン!ポータルを低コスト・短期間で

SERVIS Multi-Platform Multi-User KVM

富士通コンポーネント株式会社

最大300m延長してPC/サーバを管理

「富士通 サーバ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。