「富士通 コールセンター ai」に近い情報
「富士通 ai」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「富士通 ai」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、もともとはコンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「富士通 ai」に関する記事情報

レーダー画像から地面の空洞を検知、AIは業務をどう変えるのか

AIは業務どうを変えるのか。富士通がAI「Zinrai」を活用し、川崎地質とともにレーダー画像を解析して地面の空洞を検知した事例の他、2017年5月の「富士通フォーラム2017」内覧会で紹介された実例を見ていきたい。

AIは仕事を奪わない? 富士通のAIがつくる未来のかたち

膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」というコンセプトを掲げている。果たしてその真意とは?

「富士通 ai」に関するIT製品情報

人材不足に苦しむコンタクトセンター、その穴を埋める「2つのIT活用法」とは?

富士通株式会社

顧客満足度の向上に影響するとして、コンタクトセンターを重視する動きが高まっている。一方で大きな課題となっているのが、人材の採用・定着だ。その解決策としてAIやRPAが注目されているが、この2つで何がどう変わるのだろうか。

ディープラーニングを左右する基盤選び、セットアップなく開発に着手するには

富士通株式会社

第3次AIブームのきっかけといわれるディープラーニング技術。その活用には、膨大な学習データを何度も演算処理する必要がある上、学習するための環境構築やシステム選びなどハードルも多い。そこで重要になるのが基盤選びだ。

AI市場の裾野を広げる、日本発のディープラーニング専用プロセッサに注目

富士通株式会社

今後ますます拡大が期待されるAI市場。その鍵を握るともいわれるのが、ディープラーニングを高速化するための専用プロセッサだ。2019年中にも市場に投入される計画という、日本発のAIプロセッサに迫る。

Oracle DBとオープン技術を融合、SoRとSoEをつなぐクラウド基盤の実力とは?

富士通株式会社

AIやIoTの普及によりクラウド化が加速する中、業務にあわせて自社でコントロール可能なプラットフォームが求められている。定番のOracle DBやオープン技術の融合により、SoRとSoEの自由な連携を実現するクラウドサービスとは?

統合業務ソリューション(ERP)GLOVIA iZ

株式会社富士通マーケティング

経営情報のリアルタイム可視化からワークスタイル変革まで

「富士通 ai」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。