「壁面コンセント埋め込み型 wi-fi イナバ」に近い情報
「wi-fi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「wi-fi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「wi-fi」に関する記事情報

無線LANの導入状況(2020年)/前編

2019年は、無線LANのセキュリティ対策はまだ旧来型の対策から抜け切れていない現状が見て取れたが、1年たってその傾向は変わったのだろうか。また、いわゆる「Wi-Fi 6」と呼ばれ、標準化の完了が待たれる802.11axだが、運用している無線LAN規格の動向はどう変わったのか。

PCやスマホなど、10億台のデバイスが危ない? Wi-Fiに見つかった脆弱性とは:553rd Lap

公私ともに私たちの生活に欠かせない存在となったWi-Fi通信の暗号鍵を解析されるかもしれないという、世界で10億台のデバイスが該当する脆弱性が発見された。

Wi-Fi 6が出たと思ったら今度はWi-Fi 6E? これはいったい何?

2018年10月に「Wi-Fi 6」の登場が話題になってから1年3カ月で今度は「Wi-Fi 6E」が発表された。どちらも無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に基づいた認証プログラムだという。分かりやすくなったようで、実はそうでもない「Wi-Fi」、ここで「6E」の正体とともに、無線LAN規格 全体のイメージを確認しておこう。

「たまごっち」がWi-Fiセキュリティを強化するかもって、どういうこと?:545th Lap

かつて小さなモノクロドット液晶を内蔵したタマゴ型のゲーム端末を子どもから大人まで持ち歩いていた。エサやりだ、トイレ掃除だとゲーム中の仮想ペットが鳴らすアラート音が会議中に鳴り響いたのも良い思い出だ。

「Ice Lake」と「Comet Lake」の違いは? 2020年の主力PC「Wi-Fi 6対応、AIブースター付き」で何ができるか

インテルがようやく次世代のPC向けプロセッサを発表した。中でも注目なのが、軽量PC向けに作られた「Ice Lake」と「Comet Lake」と呼ばれるプロセッサだ。

Wi-Fi6、5G……押さえておきたいネットワーク機器市場の潮流

スイッチやルーターなどネットワーク機器は成熟した市場の1つではあるものの、モバイル環境の広がりによって無線LANを中心に市場そのものは活発だ。5Gの動きも含めた、ネットワーク機器市場の今を見てみたい。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

Wi-Fi 6とは? IoT時代に最適な無線LAN「IEEE 802.11ax」

2019年度後半に最終承認される予定の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」。Wi-Fi 6とも呼ばれる新たな規格がいよいよ実装され、既にReadyな状態で製品出荷も始まっている。このIEEE 802.11axとはどんな規格なのか、スループットを支える技術概要に迫ってみたい。

「ギガ」提供は集客効果あり? シスコが個人商店向けAPを提供するワケ

シスコシステムズのネットワーク装置をECサイト「Amazon」で直接購入できるようになった。箱を開けて5分でゲストWi-Fi付きの無線LANアクセスポイントをセットアップできるという。全国の小規模事業主が気軽に顧客に「ギガ」を提供できるようになる。

「IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)」が日本でも本格普及へ、2019年の目玉となるか

IPベースのLPWAとして注目される「IEEE 802.11ah」がいよいよ日本国内での普及に向けて走り出す。1キロ先に動画を配信可能なポテンシャルに期待して57の企業・団体が結集した。

「wi-fi」に関するIT製品情報

誰でも簡単に関連機器を一元管理、Wi-Fi 6時代に選びたいネットワーク運用術

シスコシステムズ合同会社

Wi-Fi 6対応機器の導入などを見据えて、多くの企業がネットワーク運用の見直しを進めている。これを機に、全てのネットワーク関連機器を可視化し、誰でも簡単に導入・管理できるようにするためには、どんな製品を選べばよいのだろうか。

大手喫茶店チェーンも実践、集客力を強化する「無料Wi-Fiスポット」構築の秘訣

株式会社朝日ネット

インバウンド需要の拡大などに伴い、無料Wi-Fiへのニーズが急速に高まっている。これから無料Wi-Fiスポットの設置によって集客力強化や売り上げアップを狙う企業は、どのようなWi-Fiソリューションを選べばよいだろうか。

Wi-Fi 6にも対応、トラブル対応時間が激減する無線LAN環境とは?

シスコシステムズ合同会社

無線LANの運用では、「ネットワークにつながらない」「メールを送信できない」といったトラブルへの対応が日常茶飯事だ。こうした作業で奪われる時間を減らしつつ、Wi-Fi 6への対応も進めるためには、どのような製品を選ぶべきだろうか。

これからの無線LAN環境の主流は「Wi-Fi 6」、最適解となるWi-Fi製品の要件は?

株式会社日立ソリューションズ

次世代無線LAN規格として注目される「Wi-Fi 6」。既に対応製品もリリースされ始めており、今から無線LAN環境の構築やリプレースを進めるなら、新規格対応の環境を整備したい。中でも、Wi-Fi 6をより効率化する選択肢がクラウドWi-Fiだ。

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」解説、導入に向けて知っておきたいポイントは?

株式会社日立ソリューションズ

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)が注目されている。スループットキャパシティーが従来の4倍になった上、マルチユーザー機能が強化され、音声やビデオなど遅延に敏感な通信にも強くなった。新規格のポイントを確認しておこう。

「wi-fi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。