「国内 utmメーカー」に近い情報
「国内」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「国内」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説UTM(Unified Threat Management)とは?

UTM(Unified Threat Management)は、主にインターネットと社内ネットの境界(ゲートウェイ)に設置し、通信の内容をセキュリティ上のさまざまな視点でチェックして、社内ネットワークと社外ネットワークの接続制御を行うシステム。ファイアウォールに加え、IPsec VPN、IDS/IPS、アンチウイルス、Webとメールのフィルタリング、さらにSSL VPNやWAF、DLP(Data Loss Prevention)、次世代ファイアウォールなどの防御対策機能も搭載している。

「国内」に関する記事情報

エンドポイント対策の役割が変わる!? アフターコロナのセキュリティ動向予測

テレワークが進む中で、セキュリティ対策も新たな環境への対応が求められる。2019年における国内情報セキュリティ市場の実績を振り返りながら、アフターコロナを見据えた今後のセキュリティ対策について、2020年以降の予測を踏まえて解説する。

パナソニック初のオンライン採用面接、数千人規模の新卒採用をぶっつけ本番で実行した現場の奮闘劇

国内外の大学生、大学院生など数千人から応募があるというパナソニックの新卒採用。2020年、コロナ禍をきっかけに2021年卒の新卒採用を100%オンライン化した。同社の取り組みやオンライン採用活動をやって分かったことを聞いた。

「クライアント仮想化」シェア(2019年通年)

IDCは、2019年の国内クライアント仮想化関連市場の調査結果を発表した。

COVID-19が3Dプリンタの認知度向上を後押し!? プリンタ市場概観

業務用途で普及している高速印刷が可能なプロダクションプリンタやA2など大型印刷を可能にするラージフォーマットプリンタなどの国内インダストリアルプリンタ市場と、コンシューマーにも広がりつつある3Dプリンタの市場予測を見ていきたい。

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

紙業務の減少がコロナ禍の“功罪”となるか、最新プリント市場予測

IDCは国内オフィス/ホームプリント市場への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響予測を発表した。コロナ禍による影響で大幅な減少が予測されるプリント市場だが、コロナ禍収束後も市場の持ち直しは難しいと予測される。

コロナ禍なのにコラボレーション市場が"谷"を迎えたワケ

IDC Japanによれば、国内ユニファイドコミュニケーション、コラボレーティブワークスペース市場は、2020年は一時的に鈍化するものの2021年以降は堅調な伸びが予測されるという。

テレワークツール無償提供まとめ 今からでも申し込みできる製品・サービス5選

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークに取り組む企業が急増している。長引くテレワークを支援するために国内で無償提供されているテレワークツールを5つ紹介する。

IaaS/PaaSの市場規模がハウジングを抜く 国内データセンタービジネス市場予測

富士キメラ総研の調査によると、従来データセンターサービス市場の中心であったハウジング市場をIaaS/PaaS市場が上回る結果となり、今後もその傾向は顕著になると予測されている。また、これまで半々だった国内のオンプレミスとデータセンター内稼働サーバの割合にも、大きな変化が訪れそうだ。

新型コロナウイルス感染症がICT市場に与えるインパクト

2020年4月現在、世界規模で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっており、日本においては緊急事態宣言が発出されるなど、ビジネス環境での変化も避けられない状況だ。ここで、COVID-19の最新状況を考慮した国内ICT市場予測について見ていきたい。

「国内」に関するIT製品情報

医療業務の存続を脅かす、「医療情報セキュリティ」への5つの誤解とは?

トレンドマイクロ株式会社

医療業界でサイバー攻撃の被害が相次いでいるが、医療情報セキュリティに対する誤解が根強く残る国内医療機関の反応は鈍い。そこで、医療業務の存続においてリスクとなり得る、これらの誤解と早急に取り組むべき対策について解説する。

2020年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えたマルウェアやサイバー犯罪の動向

トレンドマイクロ株式会社

2019年後半、日本でも「EMOTET(エモテット)」の攻撃が本格化。第4四半期には1万件を超え、前期比で61.7倍となった。その拡散経路や、国内最大のサイバー犯罪となったフィッシングの新たな傾向など、国内外の最新脅威動向を解説する。

欧米よりも遅れている原因は? 日本のセキュリティ対策にいま求められる視点

マクニカネットワークス株式会社

個人情報保護の取り組みが強化される一方で、「欧米よりも遅れている」と指摘されることも多い日本のセキュリティ対策。さまざまな課題を俯瞰した場合に見えてくる、国内におけるセキュリティ対策の問題点とは?

トロイの木馬から進化し続けるEmotet、業種や規模を問わない脅威への対抗策は

フォーティネットジャパン株式会社

単純なトロイの木馬として登場した「Emotet」は、強力な拡散力を持つ脅威へと進化し、2020年に入った今もなお国内企業に被害を与えている。この大きな脅威から組織のエンドポイントやメールを効果的に保護する手法を探る。

ITサービスの4大課題を解消、国内シェアNo.1「サービスデスクツール」の実力は

株式会社野村総合研究所

ITサービスへの満足度を左右するサービスデスクだが、ノウハウの共有不足や、運用プロセスの不備といった理由から、利用者の不満を招いているケースは多い。これらの課題を解消するための4つのポイントを解説する。

「国内」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。