「受託開発型 システム サービス提供型 違い」に近い情報
「システム 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システム 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「システム 違い」に関する記事情報

レガシーシステムを捨てると失うもの大事なもの――挽回した3社の事例

令和の時代にも残る昭和の資産の中で、「無くしたいのに無くせない」メインフレームやオフコンなどのレガシーシステム。マイグレーションのポイントは「バッチ処理」にあった。

2020年注目の技術は? IT担当者500人が答えた「来年注目のテクノロジー」

2020年の企業情報システム担当者が注目するテーマはかなり攻め気味――。情報システム部門の会社員約1000人を対象に「今年と来年に注目/期待するテクノロジやソリューション」を調査。回答者が2020年に注力すると答えた技術とその概要を紹介する。

名刺管理ツールの利用状況(2019年)/後編

後編は、名刺管理アプリや勤務先で利用する名刺管理システムの便利な点、不便な点、また勤務先での名刺管理にまつわる課題について寄せられた現場の生の声を紹介したい。

「外付け型ストレージ」シェア(2019年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比21.9%増の471億6300万円だった。2001年以降で最も高い支出額成長率を達成した要因とは。

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

「紙に手書き」文化が根強い中小企業の業務デジタル化の現在地

「紙の文書に手書きのサイン」が色濃く残る中小企業。電子サインといったソリューションが出始めている中、中小企業への浸透具合はどうだろうか。アドビシステムズは、中小企業における業務デジタル化の現実を調査した。

電子帳票に挑む、ある中小メーカーの取引先を巻き込んだペーパレス計画

発注書や請求書、伝票などの電子帳票化が進んでいる。しかし、帳票の電子化を進めようとなると突き当たるのがシステム周りの問題だ。中小企業は大手企業ほどの予算も人材もない。本記事では、ある中小企業の事例を基にスグに始められるカンタン電子帳票化メソッドを紹介する。

九州電力が発送電分離対応でIT刷新、法的分離に対応した財務会計の新システムが稼働

九州電力が2020年の発送電事業の法的分離に対応すべく、会計系のシステムを再構築した。法規制と自由化への対応を伴う電力会社のIT変革はどんなものか。

原価も粗利も見えない「どんぶり勘定の収支管理」カンタン改善法

ある中小規模の製造系企業は、受注案件の製造進捗(しんちょく)と予実管理に悩んでいた。経営に必要なデータである原価率や粗利をリアルタイムに把握できず、かといってパッケージシステムを導入しようにもコストがネックだった。選んだ解決法とは。

「システム 違い」に関するIT製品情報

SIも運用もアウトソース、三菱商事RtMジャパンの取引リスク管理システム刷新術

キヤノンITソリューションズ株式会社

取引リスク管理システムの運用課題に加え、システム基盤の見直しが迫っていた三菱商事RtMジャパン。そこで選ばれたのが、ハイブリッドクラウド基盤やアプリケーション開発、ヘルプデスクを包括したフルアウトソーシングだった。

奈良市教育委員会が実践、利便性と安全性を両立するガイドライン対応の進め方

株式会社ソリトンシステムズ

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」は、厳格なセキュリティを要求するため、その対応において利便性が損なわれることも多い。セキュリティと利便性を両立させるため、奈良市教育委員会はどのような方法を採用したのか。

「BIツール」基礎解説:導入前に知っておくべき製品選びのポイントとは?

株式会社ジャストシステム

データに基づく迅速な意思決定に欠かせないBIツールだが、自社に最適な製品を選ぶのは意外と難しい。そこでまず理解しておきたい基礎知識として、BIツールの種類や、それぞれのメリット/デメリットを分かりやすく紹介する。

vCloud Directorとスムーズに連携、仮想環境に最適な“バックアップ版HCI”とは

ノックス株式会社

システム運用に欠かせないバックアップ環境だが、複雑化した環境は、日々の運用やインシデント対応、障害対応などにおける課題を抱えてしまうことも多い。バックアップにおける課題を解消する方法をインテックの事例から探った。

AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素

トレンドマイクロ株式会社

クラウド環境のシステムの安全は、クラウド事業者のセキュリティ対策だけでなく、ユーザー企業自身の対策が加わって初めて確保できるといえる。そのためにユーザー企業自身が押さえておくべきポイントとは?

「システム 違い」に関する新着セミナー

1億会員が利用する、国際的スポーツイベント採用の本人認証システム「着信認証」を紹介

マジセミ株式会社

2019/12/11(水)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員17名 | エンドポイントセキュリティ

【G Suite / Office 365】クラウド比較セミナー in 東京

株式会社ファインディックス

2020/01/22(水)13:00~16:00

  • 東京都
無料 | 定員20社40名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール | メール

SAP S/4HANAコンバージョンセミナー

株式会社電通国際情報サービス

2019/12/03(火)14:00~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

「システム 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。