「受託開発型 システム サービス提供型 違い」に近い情報
「システム 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「システム 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「システム 違い」に関する記事情報

AI導入は苦悩の連続、パーソルは3つの壁にどう立ち向かったのか

パーソルテクノロジースタッフは、求人ニーズと求職ニーズをマッチングさせる業務の効率化を図ろうと、AI(人工知能)を活用したシステムの開発に着手した。しかし、その道のりは苦難の連続だった。

企業におけるSaaSアプリの利用状況(2019年)/前編

いまや一般企業の業務の中で当たり前に使われるようになったSaaS。システム管理なしで簡単に始められ、社外からのアクセスも容易なため、働き方改革の視点からも人気だ。だが実際にはどのくらいの企業がどんな業務をSaaSで運用しているのだろうか。最新の調査では新たなサービスが存在感を強めていることが明らかになった。

食品ロス削減へ、入社2年目のITプロが挑んだ飲食業界の経営大改革

「ブラック企業」からSDGs先進企業へーー入社2年目のITプロが取り組んだのは業務システムを使った食品ロス削減と経営改革だ。なぜ食品ロス削減が経営改革につながったのか。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

「Cisco Meraki」はどこまで使える? AWSとの相性は? 導入企業4社が本音で激白

企業が持つさまざまなシステムがクラウドに移行する中、ネットワークインフラもクラウド的なオペレーションが求められるようになった。「Cisco Meraki」はこうしたニーズをひろう製品の一つとされるが、実際にどこまで「使える」のだろうか。先行する導入企業が本音で語った。

O365やG Suiteのメールアーカイブもクラウドで――Aecserveがクラウドサービスを拡充

クラウドメールのアーカイブを安心して長期保存するには、メールシステムと別でメールアーカイブを持つ必要がある。監査や訴訟、インシデント対応に必須のシステムをシンプルに利用できるサービスが登場した。

レガシーシステムを捨てると失うもの大事なもの――挽回した3社の事例

令和の時代にも残る昭和の資産の中で、「無くしたいのに無くせない」メインフレームやオフコンなどのレガシーシステム。マイグレーションのポイントは「バッチ処理」にあった。

2020年注目の技術は? IT担当者500人が答えた「来年注目のテクノロジー」

2020年の企業情報システム担当者が注目するテーマはかなり攻め気味――。情報システム部門の会社員約1000人を対象に「今年と来年に注目/期待するテクノロジやソリューション」を調査。回答者が2020年に注力すると答えた技術とその概要を紹介する。

名刺管理ツールの利用状況(2019年)/後編

後編は、名刺管理アプリや勤務先で利用する名刺管理システムの便利な点、不便な点、また勤務先での名刺管理にまつわる課題について寄せられた現場の生の声を紹介したい。

「外付け型ストレージ」シェア(2019年第2四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比21.9%増の471億6300万円だった。2001年以降で最も高い支出額成長率を達成した要因とは。

「システム 違い」に関するIT製品情報

改正労働安全衛生法に対応可、労働時間の客観的な記録に適した手軽なツールとは

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ

労働安全衛生法の改正などにより、労働時間を適切に把握することが義務化された。その上で、従業員の自己申告の妥当性を確認するため、“客観的な記録”によるチェックが求められている。こうした課題を解決する安価で手軽なツールとは?

ERP導入でシステム統合とデータの一元化を実現、“短期集中”が成功のカギに

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

業務管理システムが部門ごとに独立していては、データのサイロ化は避けられない。ERPパッケージ導入によりデータの一元化を実現したクララオンラインの事例から、初めてのパッケージ導入を確実に成功させるためのポイントを探る。

ライセンスもデモデータも網羅、中小企業のERP導入を支援するトライアルキット

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

さまざまな基幹業務を1つのシステムで管理できるERPだが、コストやスキル不足が課題となり、導入に二の足を踏むケースは多い。そこで注目したいのが、1ユーザーから気軽に導入できるクラウド型ERPツールのトライアルキットだ。

“情報系”との融合がカギ、基幹系システムを使いこなして生産性を高める方法

株式会社OSK

全社的な生産性を高めるには、基幹系システムでバックオフィス業務の効率化を図るのはもちろん、情報系システムと融合させることのメリットも大きい。その理由と実践方法について、分かりやすく解説する。

開発ツールやRPA機能も搭載、「基幹系/情報系統合ソリューション」の実力とは

株式会社OSK

業務効率化に向け、基幹系/情報系システムの活用が進んでいる。その一方で、データの二重入力や転記ミスなど、改善の余地は大きい。そこで注目したいのが、基幹系/情報系システムを同一プラットフォームで運用できるソリューションだ。

「システム 違い」に関する新着セミナー

G Suiteセミナー in Tokyo Notesからの移行による業務効率化

日本情報通信

2020/01/28(火)14:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員100名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

E資格試験(エンジニア)「深層学習」Ian本 輪読会

株式会社アーク

2020/02/01(土)09:30~2020/02/02(日)18:00

  • 東京都
33,000円(税込) | 定員24名 | 情報システム | 運用管理 | 開発

インターネット分離における無害化の最新事情と効果的な実現方法

株式会社アズジェント

2020/02/20(木)14:00~16:20

  • 福岡県
無料 | 定員40名 | 基幹系システム | メール | ネットワークセキュリティ

「システム 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。