「勤怠ソフト」に近い情報
「勤怠」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「勤怠」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「勤怠」に関する記事情報

時間外労働削減、3企業の事例で理解する「仕組み化」のアプローチ

いまや企業評価サイトでも重視される残業時間。へたをすると企業ブランドを損ねかねない問題だ。3企業の事例から、課題別に勤怠管理ルールを含む「仕組み」の作り方を見ていく。

勤怠管理システムの導入状況(2018年)/後編

勤怠管理において大きな影響となるのが、2019年4月から始まる「残業時間の上限規制」だ。開始まで間もないが、企業ではどのような対策を考えているのか。後編では、他社の取り組みを紹介したい。

勤怠管理システムの導入状況(2018年)/前編

308人を対象に勤怠管理システムの導入状況を聞いた。勤怠管理システムの導入状況と勤怠管理システムに関する不満などを聞いたところ、現場から怒りの声が寄せられた。

ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員430人を対象にアンケート調査を実施した。勤怠管理システムの導入状況や満足度など実態が明らかになった。

ワークスタイル変革と勤怠管理システムの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員430人を対象にアンケート調査を実施した。自社の働き方と勤怠管理の連動性など働き方変革に乗り出す企業の実態が明らかになった。

「勤怠管理ソフト」シェア(2016年度)

2016年度の勤怠管理ソフトの市場規模は117億円だった。43.1%のシェアを持つベンダーは? シェア情報を紹介する。

業務負担を減らす、勤怠管理ツールと連携させるといいツールは?

勤怠管理ツールで従業員の正確な労働時間を把握できるようになると、他の業務課題を解決する第一歩になります。

労務管理の現場を楽にする、勤怠管理ツールの運用ポイント

勤怠管理ツールを導入するだけで、労務管理の何もかもがうまくいくわけではない。導入前に行うべきことがある。

勤怠管理ツール導入成功のために「導入前」に気を付けるべきこと

正確な勤怠管理を行うため、勤怠管理ツールを導入する会社が増えた。しかし「いきなり導入して本当に大丈夫?」不安に思う人も少なくない。

よくある「不満の声」から考える、勤怠管理ツール導入の注意点

労務管理と業務部門の負担減といった意図で導入した「勤怠管理ツール」。ところがなぜか社内のあちこちから不満の声が挙がってしまう。

「勤怠」に関するIT製品情報

STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー)

株式会社電通国際情報サービス

1100社以上の導入実績を持つWeb対応の統合パッケージ

POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理)

株式会社電通国際情報サービス

タレントマネジメント、人事・給与・就業システムの統合が可能

集計作業の削減とリアルタイム勤務状況の把握。一元管理の実現も

株式会社デジジャパン

勤怠管理における集計作業の効率化はもちろん、リアルタイムで勤務状況が分かり適切な指導が可能に。直感的に使えるタイムレコーダーは導入もスムーズに進められた。

三六協定をリアルタイム監視、中堅・大企業の働き方改革に最適な勤怠/就業管理

株式会社ウェブサーブ

労務管理の重要性が増す中、勤務時間収集と給与計算に終始する企業も多い。そん な企業にお勧めしたいのが、半年間の丁寧な導入支援費用とライセンス費用を合わ せて300万円という中堅・大企業向け勤怠/就業管理システムだ。

クラウド型勤怠管理・交通費精算ソリューション 「kincone」

株式会社ソウルウェア

クラウド型勤怠管理・交通費精算で“見えないコスト”を大幅削減

「勤怠」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。