「労務可視化ツール」に近い情報
「労務」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「労務」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「労務」に関する記事情報

人事管理システムの導入状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員186人を対象にアンケート調査を実施した。人事・労務部門の課題や人事管理システムで重視するポイントなどが明らかになった。

「あの社員辞めそう」「この顧客は上確度」 文章からあぶり出すAI「KIBIT」

心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAIだ。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。

人事管理システムの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員269人を対象にアンケート調査を実施した。国内外拠点の有無や人事・労務部門の課題など実態が明らかになった。

急成長のメルカリが、社員急増でも「攻めの労務」を追求できる理由

若者に人気のフリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリ。労務担当者が1人にもかかわらず社員はどんどん増加するという状況をどのように乗り切ったのか。

労務管理の現場を楽にする、勤怠管理ツールの運用ポイント

勤怠管理ツールを導入するだけで、労務管理の何もかもがうまくいくわけではない。導入前に行うべきことがある。

よくある「不満の声」から考える、勤怠管理ツール導入の注意点

労務管理と業務部門の負担減といった意図で導入した「勤怠管理ツール」。ところがなぜか社内のあちこちから不満の声が挙がってしまう。

勤怠管理ツールのコスト感はどれくらい?

勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい。しかしコストは極力抑えなければならない。

労務管理の見直しに効く「勤怠管理ツール」とは何か

働き方の多様化など急激な環境変化に対応するためには、業務の負担を軽くする「勤怠管理ツール」が必要だ。その特長を説明する。

「労務」に関するIT製品情報

人事・給与・就業ソリューション「HIPLUS就業管理システム」

株式会社日立システムズ

働き方改革関連法への対応などを支援する労務管理システム。在宅勤務など多様な働き方に対応する。全社や部門ごとの就業状況をグラフや一覧で可視化でき、傾向が分かる。

労務管理、脆弱性、内部不正……IT活用の5大リスクの防ぎ方

株式会社ディー・オー・エス

2020年にサポート終了するWindows 7の入替問題や、パッチ未適用による脆弱性放置など、企業のIT環境に潜むリスクは多い。IT活用で生まれがちな5つのリスクと、それらを発見して対処するために必要なものとは何だろうか。

勤務実態の見えにくいテレワーク、「長時間労働」や「サボり」を防ぐには?

富士通株式会社

部下が目の前にいないテレワーク環境では、残業時間の管理や労働実態を知るといった「労務管理」が課題だ。それを解決する手段として、作業用PCを通じてテレワーカーの働き方を把握する方法をマンガで紹介する。

基礎から分かる「労務管理」、従業員の入社から退職までに必要な手続きを解説

株式会社マネーフォワード

労務管理の業務内容は多岐にわたるばかりか、労働基準法や雇用保険法、税法などの知識も求められる。従業員の入社から退職までさまざまなシーンを取り上げ、確実かつ効率的な労務管理を実践するためのヒントを紹介する。

人件費削減&労務管理にも効果大、シフト管理システムで人員配置を最適化

株式会社リクルートジョブズ

多くの企業で課題となっている、従業員のシフト管理。人件費のムダをなくし、労務コンプライアンス違反を避けるためにも、人員配置の最適化は欠かせない。そこで有効なのが、オンラインで柔軟かつ簡単にシフト管理ができるシステムだ。

「労務」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。