「全銀 パソコン手順 ベーシック手順 違い」に近い情報
「全」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「全」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説パソコン(PC)とは?

「パソコン」(PC)は、「パーソナルコンピュータ」の略称であり、いまや業務に欠かせない個人向けのコンピュータの総称である。基本的なPCの構造は、筐体内のマザーボード上にCPU、メモリ-、各種コントローラーチップなどが搭載され、そこにHDDなどの外部記憶装置が接続され、電源装置によって電力を供給している。操作にはキーボード、マウスといった入力装置の他、処理状況をユーザーに提示するディスプレイ装置が必須となる。さらに、OSがインストールされることで初めて「PC」として動作することが可能である。PCが業務において担う役割は多く、アプリを利用した各種文書の作成を筆頭として、ネットを介した情報収集、電子メールなどによるコミュニケーションと多岐にわたる。

「全」に関する記事情報

Microsoft 365は何がどうなった? 新ライセンス体系と最新ユーザー利用動向を解説

「Office 365」が「Microsoft 365」になってライセンスプランはどう変わったのか。Office 365/Microsoft 365を含むオフィススイートの利用率は2019年と比較してどう変わったのか。無料ブックレット(全18ページ)で解説する。

シングルサインオンとは 増え続けるアカウント、負荷を増やさず安全な認証をする方法

パスワードを巡っては昔から、弱いパスワードが使われたり、使い回しが発生したりといったリスクが指摘されてきた。昨今はクラウドサービスの広がりもあって、1人のユーザーが管理すべきパスワードの数は増える一方だ。この課題を解決するIDaaSのシングルサインオン機能について解説する。

コロナ禍のテレワーク実態調査総まとめ~セキュリティ/デバイス/通信/服装・マナー

COVID-19の影響で突然訪れた全社的なテレワーク対応。従業員は何を思い働いていたのだろうか。編集部が緊急事態宣言期間中に大規模な読者調査を実施したところ、思わぬ課題や今後のテレワークへの教訓が明らかとなった。

経理の業務も自動化へ 日本通運が導入した経理業務DXの中身

日本通運は経理処理に「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用した。「タスク管理」と「勘定照合」の2つの機能を本社と一部の子会社から導入し、段階的にグループ全体に広げる。

会議の実施状況とIT活用(2020年7月)/前編

2020年1月と比較して今の会議の実施状況はどう変化したかをアンケート調査。全体としては会議時間が短くなる傾向が見えたが、時間が短縮したことがそのまま生産性アップにつながっているかは疑問が残る結果となった。

コロナ禍でも約半数が“毎日出社”の中小企業の経理、なぜ「出社しない経理部」を作れたのか

ラクスが発表した調査によれば、従業員数「301~400人」規模の中小企業の経理は、コロナ禍であっても約半数が「週5日以上出社している」と回答したという。一方で、「全く出社しない経理部」を実現した企業があるという。

緊急事態宣言の前後で企業ITへの意識はどう変わったか~調査で振り返る“第1波”への皆の対応、今後の課題

企業にITが普及してから初めて日本企業が経験した大規模テレワーク。働き方改革とは全く異なる問題が体験して初めて明らかになった。従業員は何に不安を抱き、何が足りないと感じたのかを調査を通じて考察する。

Office 365の導入から定着、組織改善まで “導入マイスター”が解説する成否の分岐点

「Office 365」(Microsoft 365)のツールやサービスの利用を組織に広めるにはどういった手だてを講じる必要があるか。Office 365の導入のプロによる解説を無料ブックレット(全28ページ)にまとめて提供する。

テレワークのネットワーク課題 家族全員在宅で帯域が不足、莫大な通信費用……企業はどう解決すればいい?

コロナ禍のテレワークで、多くの人が自宅回線で業務に取り組んだ。急きょ自宅回線を業務で利用したことで帯域不足や通信費用といった多くの課題が見つかった。企業はこれからどう対応するのか――。548人から寄せられた課題観と対応策を紹介する。

ニューノーマルに向けた新アプリを発表したServiceNow Japanが指摘する“デジタル後進国”の改善策とは

緊急事態宣言が全面解除されたからといって「元通りの状態」に戻ることは難しい。日本企業はコロナ禍で露呈したデジタル化の課題とどう向き合っていけばいいのだろうか。

「全」に関するIT製品情報

スマートファクトリー化が招く攻撃経路の増加、いま製造企業が取るべき対策は?

トレンドマイクロ株式会社

近年、製造企業は、IT、OTおよび知的財産の全てが集約され、高度に相互接続された効率的な製造プロセスによって市場競争力を高めている。しかし、これに伴うサイバー攻撃経路の増加は深刻な問題だ。いま製造企業に推奨される対策とは?

クラウドストレージ構築ソフトウェア 「CLOUDIAN HyperStore」

株式会社 科学情報システムズ

Amazon S3完全互換!簡単・手軽にクラウドストレージを構築・運用

多くの社員が使い慣れた「Facebook」 安全・手軽な社内情報共有基盤にするには

株式会社サテライトオフィス

多くの社員になじみのあるインタフェースを備え、クローズドな情報共有基盤を手軽に導入できるビジネス版Facebook。社内情報のナレッジ化や社内コミュニケーションの基盤として注目されるビジネス版Facebookの機能や活用シーンを紹介する。

UTMだけではカバーできない村内ネットワークの安全を強化

株式会社パイオリンク

長野県の栄村役場では、セキュリティ診断を実施したところ業務に関係のないパケット通信が判明、内部対策強化のためにセキュリティ機能付きスイッチを導入した。

人手不足の情シスの救世主? 構築から保守まで効率化する「次世代HCI」の実力

日本電気株式会社

DXの推進により管理すべきシステムが増加する中、人手不足に悩む情報システム部門の負荷が高まり続けている。この状況を打破するものとして注目されるのが、導入検討から保守に至るまでの、作業プロセス全体を効率化する次世代HCIだ。

「全」に関する新着セミナー

オフィス、在宅勤務、それともサテライトオフィス? ~コロナ禍に考える快適で安全なオフィスネットワークとは~

マクニカネットワークス株式会社

2020/10/30(金)09:00~09:35

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | ネットワーク機器

事例紹介:国内外の全社データをハイブリッドクラウドで連携〜データファブリックを実現する三星ダイヤモンド工業〜

ネットアップ 合同会社

2020/09/29(火)12:00~12:20

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ストレージ | 情報システム | バックアップ

御社のクラウド化、安全ですか? ~Splunk パブリッククラウドセキュリティセミナー~

マクニカネットワークス株式会社

2020/10/01(木)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | ネットワークセキュリティ

「全」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。