「個人認証技術 普及」に近い情報
「普及」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「普及」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザー本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。IDとパスワードを入力させる方式の他、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「普及」に関する記事情報

ローカルブレークアウトとは? SD-WANでどう実装? 仕組みと使い方

SaaS型アプリ利用の増加で注目を集めるのが「ローカルブレークアウト(インターネットブレークアウト)」だ。ローカルブレークアウトを実現する重要な技術がSD-WANだが、日本での普及はこれからと見られる。基礎情報、選定のポイントを解説する。

5年後には2018年の約19倍に? 爆発的成長を見込む国内SD-WAN市場

IDC Japanの調査によれば、SD-WAN市場は2019年には揺籃(ようらん)期から成長期に移り市場に広く普及するだろうと予測する。2023年までの市場規模(支出額ベース)を発表した。

国内5G市場の飛躍に欠かせないものとは? 今後市場はどう成長する?

IDC Japanが、国内5G市場予測を発表した。5Gが広く普及するには、通信サービスや多用な端末の普及が欠かせない。国内でこれらの準備が整うのは、いつなのか。

日本IBM“7年ぶりの日本人社長”が語る「日本企業デジタル変革」のリアリティ

日本IBM社長にはえぬきの社員が就任。日本の企業ITに「コグニティブ・エンタープライズ」を普及させるため「丁寧なコミュニケーション」と総力戦で挑むという。具体策はどうなっているか。

総務省が旗を振るQRコード決済統一規格「JPQR」、普及事業の参加企業が明らかに

キャッシュレス決裁の業界では、事業者や標準化団体が多数立ち上がるなど過剰な競争が行われる状況だ。総務省は国内事業者と共同で「統一QR『JPQR』普及事業」を推進する。2019年8月1日から期間と地域を限定して検証する。

ガートナー調査:BI導入企業の割合と普及率の隔たりに見る、日本企業の現実

「世の中ではBIが普及しているようだが、私たちはさほど使っていない」。肌感覚で分かっていたことが調査でも明らかに。セルフサービス化して従業員皆でBIを使う、という世界はまだ遠いようだ。

BIツールの導入状況(2019年)/前編

様々な経営指標を一意に可視化できるBIツール。定例の業務進捗報告などの無駄を解消するツールとして注目を集めたこともあるが、普及の状況はどうなっているだろう。調査ではいっこうに業務が楽にならない現場リーダーの苦悩が垣間見られる状況が明らかになった。

29年前のWindowsソフトが最新アプリとしてリリースされた件:500th Lap

日本語版「Windows 3.1」が発売されたのが1993年のこと。国内のWindowsの普及はここから始まったともいえる。Windowsの黎明(れいめい)期を知っている人はどれほどいるだろうか?

FIDO2普及元年、脱パスワードで変わる認証システム

パスワードの必要ない世界を実現するといわれる「FIDO」。2018年には、ブラウザでの認証をより便利にする「FIDO2」が発表され、2019年は“脱パスワード”が進むと予想できる。今知るべき、FIDOの各仕様の概要とメリットを解説する。

まだ現役だったの? ついに「ポケベル」終了も血脈は死なず:492nd Lap

1990年代半ばに爆発的に普及した通信サービスが終焉(しゅうえん)を迎える。「ははん、ポケベルね」と思ったあなたは鋭い。しかしそれは半分正解で半分間違っている。

「普及」に関するIT製品情報

ペーパーレス化で何が変わる? 欧米企業の事例に学ぶ“経営効果”の実態

ドキュサイン・ジャパン株式会社

既に「ペーパーレス」の考え方が広く普及している欧米では、契約書や請求書のやりとりから紙をなくし、競争力強化を実現した企業が増えている。本資料では、そうした企業の実例を基にペーパーレス化の経営効果を考察する。

市場調査から導く、いま選ぶべきオススメHCIとは?

株式会社ネットワールド

既存システムの複雑化やインフラ管理者不足などの課題を解消するものとして、普及が進むHCI。しかし多様な製品の中から自社に合うものを選ぶのはより困難になっている。そこでHCIの特徴を改めて解説しながら、今選ぶべき製品を紹介する。

人材不足の打開策? 「非エンジニア」へのIT研修がもたらす5つのメリットとは

キラメックス株式会社

クラウドサービスなどの普及によりIT人材の需要が高まる一方、教育/育成面ではその需要に追い付いていない現状がある。そこで注目されているのが、「非エンジニア」に対するITスキル研修だ。その5つのメリットについて、詳しく解説する。

電子契約を導入しても消えない“紙の契約書”、ネスレ日本に学ぶ管理のコツとは

弁護士ドットコム株式会社

電子契約の普及が進んでいるが、紙の契約書をゼロにするのは難しく、その管理に多くの時間を奪われている企業も多い。そうした課題を解消したネスレ日本の事例から、電子契約と紙の契約書を併用する上での管理術を解説する。

データセンターとクラウド間通信の課題を一掃、「SD-WAN」の実力とは?

株式会社日立システムズ

クラウドの普及によりネットワークの流れが変化したことで、データセンターのインターネット接続が多くの企業でボトルネックとなっている。そこで注目したいのが、回線コストの増大や拠点間通信の管理といった課題を一掃する「SD-WAN」だ。

「普及」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。