「会議 it」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「会議 it」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「会議 it」に関する記事情報

会議の実施状況とIT活用(2020年7月)/後編

テレワーク制度導入で、会議、出張、どうなった? 調べてみたら、2割の企業がやむなく出張会議を決行、Web会議導入で効率ダウンなど、一筋縄では行かない厄介な問題が見えてきた。

会議の実施状況とIT活用(2020年7月)/前編

2020年1月と比較して今の会議の実施状況はどう変化したかをアンケート調査。全体としては会議時間が短くなる傾向が見えたが、時間が短縮したことがそのまま生産性アップにつながっているかは疑問が残る結果となった。

会議の実施状況とIT活用(2020年)/後編

後編では、出張会議の有無やテレワークに焦点を当てて調査結果を解説する。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策として注目を集めるテレワークだが、組織制度として取り入れている割合はどの程度か。また、テレワーカーとの会議の実施方法は?

会議の実施状況とIT活用(2020年)/前編

従業員の生産性を阻み、時間を奪うと考えられがちな「会議」にまつわる不満はなかなか減らない。2019年の調査結果と比較して、会議にまつわる問題意識はどう変化したのだろうか。

ITリテラシが高いはずの若手がハマる「働き方改悪」、脳機能から見る組織の課題とは

ソフトウェア市場の拡大により、経費精算など特定の業務に特化した業務用アプリケーションが多数登場している。中には、会議室を予約するためだけのアプリケーションなどもある。ツールが分散した結果、業務を阻害している可能性もあるようだ。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2019)/後編

Office 365とG Suiteにはオフィスアプリケーション以外にもチャットツールやビデオ会議ツール、クラウドストレージなど数多くの機能を備える。だが、これらの機能はどこまで現場で使われているのか。多機能であることは、現場にとって“正義”なのか。実態を調査した。

会議支援ツールの導入状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員607人にアンケート調査を実施した。会議を最適化するためのITツールの導入状況や遠隔会議の可能性などなど実態が明らかになった。

会議長すぎ、会社に残りすぎ? カナダ人IT企業社長のWhy Japanese people

「『会社に14時間いて頑張りました』ということがお客さまの満足度につながるわけではない」と話すヴイエムウェアの代表取締役社長ジョン・ロバートソン氏。柔軟に働ける環境作りに注力する同社の取り組みを紹介する。

経営判断に必要なデータ分析に2週間、そんな経営速度を上げたのは

あの有名なIT企業でも、経営会議に向けたデータ分析に2週間も掛かっていた……。セゾン情報システムズが選んだデータ分析方法と、各部署が受けた恩恵とは?

遠隔会議システムの導入状況(2014年)

IT担当者332人を対象に遠隔会議システムについて調査を実施。導入状況、きっかけ、導入しない理由など気になる実態が明らかに。

「会議 it」に関するIT製品情報

書類も会議も作業指示も効率化、鹿島建設に学ぶコラボレーションツール活用法

シスコシステムズ合同会社

IT化が進みづらい建設の現場で、積極的にITの導入を進める鹿島建設。今ではコラボレーションツールを活用し、業務の効率化と円滑な情報共有を実現している。現場の声を基に、このツールの実力と活用のポイントを探る。

多様な働き方を求めるミレニアル世代 ニーズに合致する未来型オフィスとは?

株式会社 日本HP

ITネイティブ世代が従業員の多数を占める昨今、オフィスの在り方にも変化が求められている。適切なテクノロジーや制度を採り入れ、在宅を含むワークスペースや会議スペースの整備を生産性向上につなげるには、何に注意すればよいのか。

独自技術で安定した音声と画像を持続 いま選ばれている「Web会議システム」

キヤノンITソリューションズ株式会社

国内外の拠点や顧客と場所を問わず交流でき、離れた場所との「距離感」を縮めるために欠かせないWeb会議システム。ある製品は独自技術で安定した映像とクリアな音声を実現し多くの組織で採用されている。事例集からその魅力に迫る。

Web上の「ワイガヤ」実現でコミュニケーションを活性化させる製品とは?

キヤノンITソリューションズ株式会社

Web会議システムは多くの企業に導入され、働き方改革にも欠かせないツールとなっている。しかし、使い勝手が悪かったり、通話の品質に問題があったりすると、その活用は広がらない。そのため、ツールの選定は慎重に行う必要がある。

IT担当者がいない海外拠点にも安心して導入可能、TOTOが選んだコラボツールとは

株式会社IIJグローバルソリューションズ

TOTOは世界18カ国にビジネスを展開する一方でビデオ会議システムが未整備という 課題を抱えていた。無料のWeb会議ツールでは海外利用において信頼性に不安が 残る。そこで同社が注目したのがクラウド型のコラボレーションツールだった。

「会議 it」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。