「企業メールアドレス決め方」に近い情報
「企業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「企業」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやりとりする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやりとりするための「電子メール」、社内外でやりとりされる電子メールを捕捉し、削除や改ざんができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーにのっとり、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「企業」に関する記事情報

AI導入で苦戦する企業は何がダメなのか? 陥りやすい失敗パターンと解法

AI(人工知能)を導入しようと考えるも、失敗に終わるプロジェクトは何が問題なのか。計画から導入までのプロセスに潜む陥りやすい落とし穴と注意点を説明する。

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

「クラウド・バイ・デフォルト」が生むクラウドセキュリティ市場への影響

IDC Japanは2023年までの国内クラウドセキュリティおよびモバイルセキュリティの市場予測を発表した。市場予測から見えたこれからの企業に求められるセキュリティとは。

原価も粗利も見えない「どんぶり勘定の収支管理」カンタン改善法

ある中小規模の製造系企業は、受注案件の製造進捗(しんちょく)と予実管理に悩んでいた。経営に必要なデータである原価率や粗利をリアルタイムに把握できず、かといってパッケージシステムを導入しようにもコストがネックだった。選んだ解決法とは。

企業を狙うランサムウェア、脅威の可視化が急務――トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロが報告書「2019年 上半期セキュリティラウンドアップ:法人システムを狙う脅迫と盗用」を公開した。日本と海外の脅威動向をまとめている。

1296社のCIOに聞いた、DX予算よりも深刻な問題

IDC Japanは、1296社のCIO(最高情報責任者)を対象として、IT投資動向に関する調査を行った。企業が投資を増やしている分野や、IT部門が抱える課題が明らかになった。

部分最適DXで新たなサイロ化が進む?

デジタルフォーメーション(DX)というキーワードが叫ばれて久しいが、企業の取り組みは進んでいるのか。IDC Japanは、国内企業を対象にDXの動向調査を実施。同社によれば、多くの企業がDXの効果を実感できていないという。DXの課題とは?

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

負担の多い業務だけを安易にRPA化するのは間違い――皆が気付かない真実とは

「日ごろ手が掛かっている業務」を基準にユーザー企業がRPA化の対象業務を選定し、必要なロボットを検討する――。こうしたケースは珍しくありません。しかし、ここに思わぬ落とし穴が潜んでいます。

ダークウェブに氾濫する自社情報をチェックせよ! 脅威ベースのペネトレーション・テスト最新動向

脅威にさらされている企業ネットワークが健全な状態かどうかのアセスメントを行うための侵入テスト、いわゆるペネトレーション・テスト。これまでは単なる侵入テストでシステムの脆弱(ぜいじゃく)性を調査する手法だったものが、今では具体的な脅威をベースとした疑似攻撃を仕掛けることで、SOCをはじめとした社内体制の強化につなげる動きが主流となっている。今回は、そんなペネトレーション・テストの実態について、現状の動向を踏まえながらそのトレンドついて見ていきたい。

「企業」に関するIT製品情報

求められる「Webセキュリティ」のグローバル対応、最初に取り組むべき対策は?

マクニカネットワークス株式会社

グローバルにビジネスを展開する企業にとって、国内外の拠点で統制の取れたWebセキュリティは欠かせない。とはいえ、まだ海外拠点の対応まではできていないという企業は多いはずだ。そんな企業は、どこから手を付ければよいのだろうか。

いまさら聞けない「メールセキュリティ」の7大基礎技術

デル株式会社

メールセキュリティプロトコルの導入から、フィッシング詐欺の危険に関するユーザー啓発まで、企業のメールセキュリティに関するさまざまなベストプラクティスを紹介する。

実機検証で見えた最新HCIの実力、仮想マシンを300個複製しても容量は変化なし?

SB C&S株式会社

成熟期を迎えつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場では、その製品の進化も目覚ましい。国内でもいち早く実機検証を進めてきた仮想化業界のスペシャリストを2名招き、最先端製品の実力と国内企業の関心を議論しあった。

ラボ環境からスムーズな運用へ、ビッグデータ管理に不可欠な「3つの柱」とは?

インフォマティカ・ジャパン株式会社

企業の革新に不可欠な要素となったビッグデータだが、その可能性を最大限に引き出すには、適切なアーキテクチャが必要になる。その中で特に重要となるデータ管理の観点から、3つの柱となる要素と、具体的な運用環境の構築方法を解説する。

BI/アナリティクスの価値を高める、データ管理基盤の構築に必要な3本柱とは?

インフォマティカ・ジャパン株式会社

多くの企業がBI/アナリティクスへの投資を続ける一方、成果を上げている企業は多くない。その原因となっているのが、データ活用の前段階である、データ管理基盤の未整備だ。この状況を脱するために必要な「3本柱」の構築方法を解説する。

「企業」に関する新着セミナー

ITIL(R)エキスパート企業が解説!システム運用の負担増加に対応するために、運用プロセスを見直す

マジセミ株式会社

2019/10/18(金)15:30~17:10

  • 神奈川県
無料 | 定員17名 | 運用管理

【ユーザー企業優先】IDaaSで AD や社内システムと連携する方法

マジセミ株式会社

2019/09/30(月)16:30~17:20

  • 東京都
無料 | 定員18名 | エンドポイントセキュリティ

DX時代に向けた企業システムの攻めと守り ~データを制する者が勝利を手に~

株式会社アイ・ティ・イノベーション

2019/10/16(水)15:00~17:35

  • 東京都
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報システム | データ分析

「企業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。