「仮想サーバー バックアップ」に近い情報
「バックアップ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「バックアップ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「バックアップ」に関する記事情報

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

バックアップツールの導入状況と課題(2018年)

キーマンズネット会員141人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントや満足度などバックアップツールの導入実態が明らかになった。

退職者のPCをフォーマットしてはならない、自社を守るバックアップ製品の選び方

自社を訴訟リスクから守るバックアップ製品やアーカイブ製品にはどんな種類があるだろうか。リスクの種類や製品ごとの特性の違いから、選び方を見ていく。

業務PCのバックアップ先を賢く選ぶ方法

業務用PCを組織として保護する必要性は理解できたが、普通のバックアップでは容量も世代管理もままならない。効率の良いバックアップ先を賢く選ぶ方法を指南する。

業務PCバックアップに「組織として対応」すべき理由

情報漏えいやデータ喪失、訴訟リスクは企業のIT予算の割合とは関係なしにやってくる。万一の自体に、組織として誠実に対応するために手軽で効率よくデータを保護する方法を考えよう。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などが明らかになった。

BCPとバックアップツールの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員401人にアンケート調査を実施した。BCP(事業継続計画)の対応状況やバックアップツールの導入状況などが明らかになった。

何ペタまで自力でバックアップするつもり? 巨大化するファイルサーバは「自前で運用しない」

止められない業務データを格納しているファイルサーバ。増える一方のデータを、どこまで自前で運用し続けられるのか? ストレージ拡張以外のファイルサーバ置き換え案を考える。

クラウドファースト時代のバックアップ&リカバリー運用術

大量の仮想マシンが並ぶ環境を効率よくバックアップするには? 運用の極意とリカバリーの新技術を紹介する。

クラウドを前提としたバックアップ&リストア計画、効率化の考え方

クラウドが当たり前になると、システムのバックアップは煩雑になりがちだ。どうすれば運用を楽に、効率的にできるだろうか?

「バックアップ」に関するIT製品情報

IT専門担当は不要、AWSの導入/運用にまつわる不安を解消するサービスとは?

ファーストサーバ株式会社

企業のクラウドサービス利用率が右肩上がりに上昇する中、社内リソースやコスト、バックアップ、セキュリティなどの懸念から導入に踏み切れない企業も多い。そうした企業のクラウド導入を後押しする、強力なマネージドサービスを紹介する。

バックアップの悩みを安全・低コストに解決するクラウドサービスはどれ?

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

拡張性や運用コストなど、バックアップシステムが抱える多数の課題を解決する手段として、クラウドサービスが選ばれるケースが増えている。中でも堅牢性やコスト面で優れているのが、AWSを利用した国内バックアップサービスだ。

1TBの仮想マシンのバックアップも1分以内に――最新HCIが変えた企業の運用環境

日本ヒューレット・パッカード株式会社

伸び悩む国内IT市場にあっても導入が進んでいる製品の1つがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。運用の属人化やバックアップ、現場への環境の展開などの課題を解決した国内企業事例から、最新HCIの効果を明らかにする。

15分未満のRTOとRPOを実現、大規模化が進む仮想化環境におけるデータ保護の秘訣

東京エレクトロン デバイス株式会社

仮想化環境へのフラッシュストレージの採用が進む一方、その大規模化・複雑化によりバックアップやDR対策の新たな課題が見えてきた。バックアップシステムの確実性と可視性を高め、運用を容易にする方法とは?

インフラのクラウド移行とDR対策を両立、事例で学ぶSDNネットワークの実力

テルストラ・ジャパン株式会社

インターネット環境のアップグレードに伴い、バックアップサーバを含むインフラのクラウド移行に取り組んだマナテック。BCP/DR対策の強化もにらみ、ネットワークの回復力と効率向上をテーマとした同社が選んだ方法とは?

「バックアップ」に関する新着セミナー

Veeam新機能 徹底解説 Part 2:ランサムウェア/GDPR対策リストア

株式会社クライム

2019/03/07(木)17:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | バックアップ | 運用管理

Veeam新機能 徹底解説Part1:Oracle RMAN連携~運用変えずVeeamでらくらくバックアップ&リストア~

株式会社クライム

2019/02/21(木)17:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | バックアップ | 運用管理

「バックアップ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。