「人間探知機」に近い情報
「人間」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「人間」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「人間」に関する記事情報

カエルの合唱が意外なアレに使える大発見:497th Lap

生物の習性や特徴が人間の生み出す技術に採用されることは少なくない。クモの糸に着想を得た超強力な人工糸、ハチドリの羽ばたきを応用したドローン、ヤモリの指先を模倣したテープ。今度はカエルの鳴き声がヒントになった。

メルカリ弁護士が語った「AIにシゴトを奪われる人間」の生存戦略

今ある仕事の47%がAIに奪われる時代に、われわれは何をなすべきか。日本有数のAIベンチャーで法務や事業開発を担ってきた人物が語る、将来AIに仕事を奪われる側の人間がこの先生きのこる方法とは。

「脳をネットワークでつないじゃう技術が“爆誕”」というウワサは本当? 読者に聞いてみた

「人間の脳同士をネットワークで接続して直接意思の疎通ができるようにするブレインマシンインタフェース技術がついに実用化した」という、ウソかホントか分からないネタが聞こえてきた。読者の役3割が本当と回答したこのウワサの真相は?

AIに採用を任せて大丈夫? 運用方法と導入事例

AI技術を採用活動に生かすことで得られるメリットとは。また、AI(人工知能)による評価の精度や人間がAI採用を攻略してしまうリスク、AIを採用に活用する際の注意点なども紹介する。

イヌ専用の脳トレ? ネコ専用のVRゲーム? ペットのためのヘンテコIT:462nd Lap

人間がテクノロジーを活用して生活を豊かにしていくのは当たり前の話となった。これからはペットが最新テクノロジーの恩恵を受ける時代が到来しそうだ。身近なペットであるイヌやネコで興味深い試みが進んでいる。

AIは人間の仕事を奪うのか? ビジネス現場の導入実態

読者1549人に聞いた、2018年に注目すべきITトピックス。「AI活用」編では、企業規模別のAI活用実態や課題についてまとめた。

なぜ「Excelだけではもうダメ」か? 営業のデジタル化で真っ裸

SFAを導入したのに業績停滞、営業未達は3期連続、退職者が増え……。どん底を味わった企業が取り組んだ営業改革はどんなものか。そしてAIは営業の仕事を人間から奪うのだろうか。

女子高生「りんな」にみんな骨抜き? 人間らしさとAIらしさの間で

女子高生「りんな」を知っているだろうか。疲れたとメッセージを送れば「なんだか疲れることっていっぱいあるよね」と返してくれる。思いやりを持つ人気者の彼女だが、実は人間ではない。その性格の秘密に迫る。

なぜ今までのツールは運用管理の課題を解消できなかったか

運用管理の課題は、いつどのレポートを見ても同じで変化はない。レガシーなシステムを得意としてきたIBMもクラウドネイティブを意識して、判断の自動化、最適化など、人間の行動を軸に運用管理ツールを見直し中だ。

「あの社員辞めそう」「この顧客は上確度」 文章からあぶり出すAI「KIBIT」

心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」という感覚を学ぶAIだ。営業、コンプライアンス、人事、労務、コールセンターなど企業のあらゆる業務で活躍する。

「人間」に関するIT製品情報

データ管理の負荷から人間を解放、“インテリジェンス時代”のAI活用術とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社

データの爆発的な増加やインフラの複雑化といった課題の全てを人間が解決するのは、もはや不可能になりつつある。そこで注目されるのが、インテリジェンスを獲得したAIを活用し、高負荷かつ低難度の作業をオフロードするアプローチだ。

「ビジネスメール詐欺」徹底解説:攻撃の仕組みと“なりすまし”対策の考え方

日本プルーフポイント株式会社

メールを介した攻撃が今日の攻撃の大半を占めるのは、セキュリティを技術的に突破するよりも、人をだます方が簡単だからに他ならない。人間の脆弱性を把握し、組織的にセキュリティ意識を高め、ITが補完する体制を構築したい。

正常な通信パターンを“自己学習”、未知の脅威に強い最新機械学習セキュリティ

ダークトレース・ジャパン株式会社

未知の脅威への有効策として注目される、機械学習を活用したセキュリティ対策。だが学習には既存の攻撃DBが必要になるため、作成の手間や見落としは避けられない。そうした人間の介在による課題を解決する、新たな機械学習アプローチとは?

人手による基準のバラつきを解消、AIで進化する脅威検知ソリューション

ダークトレース・ジャパン株式会社

人間がルールを設定するSIEM製品などで“異常”な通信を識別することは、基準のバラつきや非効率な運用といった課題を生む。そこで有効なのが、確率論的判断を用いて機器やネットワークの“生活パターン”を自己学習する「AI」の活用だ。

生産性と人間工学で考える、「マルチタスキング2.0」に必要なデバイスとは

レノボ・ジャパン株式会社

マルチタスクの生産性を高めるには、深い内容を瞬時にやりとりできるよう設計されたコンピューティング環境が求められる。この「マルチタスキング2.0」と呼ぶべき環境を構築するための、ハードウェアや周辺機器選定のポイントを解説する。

「人間」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。