「中国中継センター どこ」に近い情報
「どこ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「どこ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「どこ」に関する記事情報

AI-OCRは「手書き文字」をどこまで正確に読み取れるのか

AI-OCRの読み取り精度は既存のOCRと比べてどこまで実用水準に達しているのか。3つのAI-OCR製品を使って、個人差が大きく識別が困難とされる手書き文字の認識率の違いをMM総研が検証した。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2019)/後編

Office 365とG Suiteにはオフィスアプリケーション以外にもチャットツールやビデオ会議ツール、クラウドストレージなど数多くの機能を備える。だが、これらの機能はどこまで現場で使われているのか。多機能であることは、現場にとって“正義”なのか。実態を調査した。

AI翻訳はどこまで実務で使えるか 「100種類超の文書を2カ月で翻訳」を迫られた神戸製鋼の実例

以前から日本語を母語としない従業員を採用してきたが、日本語の読み書きができないスタッフを迎え入れるのは初めてだ。しかし、社内文書の多くは日本語版。そこで自動翻訳サービスを利用することを思い付いた。しかし、セキュリティ、コスト、短期導入と求める条件は多い。神戸製鋼はどうしたか。

NECとBoxが協業、互いの強みを生かした「働き方改革」を支えるソリューションとは

NECとBox Japanはクラウドコンテンツマネジメント分野で協業することを発表した。この協業に関し、BoxとNECはそれぞれどのような強みを生かせるのか。

図解で分かるソフトウェアアーキテクチャ 「MVVM」のテスタビリティーと3つの特長

アーキテクチャを選定する上で重要な視点の一つにテスタビリティ―がある。「MVVM」はMVCやMVPとどこが違い、何に優れているのか。図を交えて解説する。

AI活用事例集~SNSマーケ、バックオフィス効率化、Webサービス最適化~

ビジネス現場でAIの導入検討が進む。まだAIを使いこなせない企業にとって「どこでどのAIをどう使うか」は想像し難く、有効な活用策を見いだせない状況だ。そこでブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。

中国の保険AIはどこまで顧客体験を変える? 平安保険の狙い

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

「WANサービス」シェア(2018年)

IDC Japanが「国内WANサービス市場シェア」を発表した。大手5社が市場シェアの8割が占める中、その競争は激化しているという。2018年に首位を取ったサービスベンダーはどこか。

勤怠管理「紙のタイムカード」以外に何がある? 3つの移行先を一挙解説

勤怠管理の厳格化が求められるとはいえ、今まで使っていた紙のタイムカードシステムの乗り換え先はどこにすれればいいのでしょう? 今回は乗り換え先として考えられる3つの方法と主要なツールの特徴をまとめて紹介します。

「どこ」に関するIT製品情報

いつでもどこでもアクセスでき、管理性にも優れた最新アクセス制御の在り方

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

SaaSやWebアプリケーションの利用が拡大し、ワークスペースがオフィスに限定されなくなった今、企業に求められるのはセキュリティアプローチの進化だ。きめ細かなアクセス制御、コンテキストに応じたポリシー適応などの機能を実装したい。

成熟するHCI市場、製品選びで失敗しないために重視すべき3つのポイントとは?

株式会社日立システムズ

省スペース性や管理の効率化など、多くのメリットを持つハイパーコンバージドインフラ(HCI)。市場拡大でさまざまな製品が登場している中、選定の際に重視すべきポイントはどこなのか、分かりやすく解説する。

費用をかけたくない帳票設計ツール、コスト効率とデザイン機能を両立するには

ブレインセラーズ・ドットコム株式会社

従来の帳票ツールは、デザインや運用の柔軟性を求める場合にオプションが必要になるなどコストパフォーマンスの面で不満があった。そこで、柔軟なデザイン機能をはじめ、多様な機能をオールインワンに備えたWeb帳票ツールを紹介する。

社内外コミュニケーションからコンタクトセンターまでをクラウド化する利点

ジェネシス・ジャパン株式会社

社内外のコミュニケーションやコラボレーションの核となるユニファイドコミュニケーション&コラボレーションツールを導入する企業が増えている。しかし、デジタル化のハードルやツールの陳腐化対策など課題も多い。その解決策を紹介する。

既存業務から経営戦略へシフトせよ――経理部門、業務改革のカギはどこにある?

株式会社富士通マーケティング

経理部門を経営戦略プランニングへシフトする流れが加速している。しかし、そのためにはまず既存業務の効率化が不可欠だ。いまだExcelによる手作業も多く残っている、経理部門の業務改革はどう進めるべきなのだろうか?

「どこ」に関する新着セミナー

ドコモオフィスリンク体験セミナー & 説明会

協立情報通信株式会社

2019/09/25(水)13:30~14:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | スマートデバイス

労基対策もお任せ! どこでもできる勤怠管理コース

協立情報通信株式会社

2019/09/25(水)13:30~14:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | スマートデバイス

「どこ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。