「中国 公証 認証申請表の記入例」に近い情報
「中国」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「中国」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説認証とは?

認証とは、クライアントPCや社内ネットワーク/システムへのアクセス、あるいはオフィス自体への入退室を行う際に、正規なユーザー本人か否かを判定することでセキュリティを確保する仕組み。IDとパスワードを入力させる方式の他、指紋認証などのバイオメトリクス(生体認証)、ワンタイムパスワード、USBトークン、電子証明書などが利用され、それらを組み合わせた二要素認証を用いる場合もある。

「中国」に関する記事情報

日本は現金主義とはもう言えない? 増税で一変しそうなキャッシュレス事情

中国や韓国に比べてキャッシュレス後進国だといわれる日本だが、その状況が変わりつつあることが、スマートサウンド・ラボの調査レポートから分かった。さらに、増税を受けてキャッシュレス決済の利用が加速するという。その要因は? 台頭する決済サービスは?

中国の保険AIはどこまで顧客体験を変える? 平安保険の狙い

保険や金融業界でAI活用やRPAによる業務自動化が注目を集める中、中国で急成長を遂げる技術重視の保険会社は全く別の方法で顧客体験とサービスそのものを変えるアプローチを取る。大方のサポートは10分で自動処理可能なところまで作り込んでいるという。その詳細を聞いた。

かの国の裁判所が続々とAIを導入、まさかの役目とは?:473rd Lap

最新のIT技術の導入にためらいを見せることが少ないお隣の国、中国。交差点で信号無視する人を街角の大型ディスプレイに瞬時に拡大表示したり、トイレのペーパーを一定量提供するのに顔認証技術を採用したりと話題には事欠かない。

iPhoneを売るために、Appleが中国政府に売り渡したモノとは:455th Lap

Appleは2018年内に新型iPhoneを3機種投入するのだそうだ。もちろん、まだうわさに過ぎない。例年どおりとはいえ、毎年リリースされるiPhoneが新たなユーザーを開拓してきたのは間違いない。

Office 365とG Suiteの選択、最後の見極め方は?

Office 365とG Suiteを比較した際、導入の決め手になるのは何なのか? 「中国での利用」や「準拠法」「管理の手軽さ」「サービスの多さ」など、両サービスを比較した際のポイントを紹介する。

中国サイバーセキュリティ法の実態、日本企業への影響は?

市場拡大を続ける中国において、2017年6月1日に施行された「中国サイバーセキュリティ法」。急務となる日本企業の対策とは?

なぜ中国のIPアドレスが攻撃に使われるのか

中国発のサイバー攻撃の検知に強い米セキュリティ企業が日本でのサービスを始める。サイバー空間における攻撃の40%は中国保有のIPアドレスからという理由とは。

国内での遠隔会議と何が違う? 海外接続AtoZ

海外との遠隔会議を実現する際には、日本とは異なる環境があることに注意すべきだ。中国におけるグレートファイアウォールや南北問題、文化の違いなど、海外接続におけるTIPSを紹介する。

「中国」に関するIT製品情報

中国におけるビジネスの必須知識、現地の通信事情と越境通信のポイントを解説

株式会社IIJグローバルソリューションズ

企業が海外、とりわけ中国に拠点を展開する際、懸念されるのは各種の規制や通信品質が日本やその他の国とどれだけ違うかという点だろう。こうした懸念を少しでも低減するため、押さえておくべき規制や通信の実情とその対応策を紹介する。

攻撃手口から“逆算”して考える、ビジネスメール詐欺対策の4つのポイント

トレンドマイクロ株式会社

世界中でビジネスメール詐欺の被害が深刻化する中、国内でもその影響が広がりつつある。取引先や経営幹部になりすました巧妙な攻撃による情報窃取や不正送金ビジネスメール詐欺の被害を防ぐため、組織に求められる4つの対策ポイントとは?

専用線がなくても快適な国際通信を 中国・東南アジアとつながる新サービスとは

株式会社縁通

グローバル化が進み、中国や東南アジアに拠点を持つ国内企業が増えつつある中、国境を越えるインターネット通信の「遅さ・つながらなさ」が課題となっている。専用線を使わずに安定した国際通信を低コストで実施できる解決策はあるのか?

マイクロサーバで止められない高セキュリティなシステムを構築

エリアビイジャパン株式会社

三井倉庫ホールディングスでは、中国拠点との間で利用してきたSWANStorを日本で稼働させ、ミッションクリティカルなシステムを構築するため、SWANBoxを導入した。

発展を遂げるアリババの「スマートロジスティクス」

SBクラウド株式会社

2017年の独身の日に8億1200万件もの配送注文を処理したアリババ。中国で51%の オンラインショッピングのシェアを担うアリババの最高レベルのAIとクラウド技術 を駆使した「スマートロジスティクス」の内実に迫る。

「中国」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。