「ワークフロー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ワークフロー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ワークフローとは?

ワークフローツールとは、上長や他部門に対して行われる稟議申請といった業務上の手続きを、事前に定義したフローに沿ってシステム化することが可能なツールのこと。主な用途としては稟議申請や経費精算などで、例えば稟議申請は企業ごとに大きくその運用が異なるが、基本的にはこれまで紙で行ってきた運用を電子化することが前提となるため、稟議内容によっては複雑なルートをたどることもある。また経費精算の場合は、会計システムとの連動が行われることが多いが、事前に設定するフローはシンプルで、複雑なルートをたどることは少ない。

「ワークフロー」に関する記事情報

ServiceNowとは何か、企業全体の働き方改革にどう効くか

ServiceNowがいよいよ非IT部門を含む日本企業の業務改革全般に本腰を入れる。ITサービスマネジメントで培った標準化と運用のノウハウを、人事やマーケティングその他、全社ワークフローの標準化に適用すべく、エコシステムを拡大する。

ワークフローツールの導入状況(2019年)/後編

キーマンズネットが行った読者調査によると、今後、ワークフローツールを導入する企業は減少傾向にあることが明らかになった。その理由は?

ワークフローツールの導入状況(2019年)/前編

利用企業は一定数あるものの、不満も多いワークフローツール。心を無にして「入力マシン」に――業務ごとに乱立した結果、何度も同じデータを入力するムダに耐える現場の声も聞こえてきた。

BtoBメーカーの業界再編、三菱商事グループ3社が選択したIT基盤「合従連衡」策とは

事業の統廃合や買収、企業グループ間の移動はもはや当たり前によくある話。ワークフローを整理してすぐに成果を出さなきゃいけない時代に、IT部門に課されるお題はムチャぶりだらけ。どうすれば効率よくできる?

ワークフローツールの導入状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。ワークフローツールの導入目的や連携システムの有無など実態が明らかになった。

ワークフローツールの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。ワークフローの運用状況や利用ツールなど実態が明らかになった。

「ワークフロー」シェア(2016年度)

2016年度の市場規模は85億2000万円と見込まれるワークフロー。シェア情報を紹介する。

事例で理解するワークフローツールの最新活用法

ツールの機能が洗練されたことに加えて、クラウド(SaaS)型ツールも使いやすくなり、より現場の業務に近い部分での活用が広がり始めているワークフローツール。導入事例を基に最新活用法について考えてみる。

最新ワークフローツールの役割と7つの導入メリット

さまざまな業務プロセスの中で、伝票や帳票などと呼ばれる紙の書類がつなぎ役を果たしてきた。紙は便利だが、業務のボトルネックにもなり得る。ワークフローツールは、業務改革を進める重要なツールの1つだ。

「手作業のExcel集計」のムダを自動化する「Masume(ますめ)」

経費精算などの「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」というワークフロー。ありがち過ぎて改善できなかったムダを自動化するには?

「ワークフロー」に関するIT製品情報

ExchangeUSEワークフロー

富士電機株式会社

ユーザー企業独自の業務にマッチしたワークフローシステムを提供

稟議や経費精算プロセスを電子化、意思決定を迅速化するワークフローシステム

新日本コンピュータマネジメント株式会社

稟議や経費精算をいまだ紙ベースで運用している企業は少なくないが、そのことにより意思決定に遅れが出ているケースもある。そこで注目されるのが、複数人が連携する業務を“電子化”し、生産性を向上させるワークフローシステムだ。

多言語で申請・承認、グローバル処理が可能なワークフローで意思決定を高速化

新日本コンピュータマネジメント株式会社

スピード感の早まる今日のビジネス環境において、ワークフローシステムは素早い意思決定や業務遂行までを見据えて製品を選定したい。多言語対応、柔軟なルート変更、さらにはAI連携といった高度な要件に対応する製品を紹介する。

AI活用を左右するストレージ選び、GPUの高速性を最大限に引き出す要件は?

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン

AIやディープラーニングの中核はワークフロープロセスにある。だが、採用したフレームワークや戦略、機能によって、プロセスの規模と複雑さは際限なく拡大する。その負荷を解消し、迅速に処理するためにはストレージの選択が重要だ。

ローコード開発でニーズと効率性を両立、モバイルやクラウドへの拡張も容易に

Dell Boomi

ワークフローアプリケーションは多様なシーンで必要とされているが、求められる機能を正攻法で開発するのは負担が大きい。そこで注目されるのが、既存アプリケーションやクラウドと容易に連携できるローコード開発プラットフォームだ。

「ワークフロー」に関する新着セミナー

使いやすさで選ばれるワークフロー

インフォテック株式会社

2019/11/08(金)15:30~17:20

  • 東京都
無料 | 定員7名 | 基幹系システム

ワークフロー作成、申請~決裁までを体験できる 「Create!Webフロー」ハンズオンセミナー

インフォテック株式会社

2019/10/11(金)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | 基幹系システム

「ワークフロー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。