「リプレイス リプレース」に近い情報
「リプレース」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リプレース」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「リプレース」に関する記事情報

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

Win 10リプレースや消費増税で好調な国内IT市場、2020年以降の見通しは?

2019年の国内IT市場は、Windows 10へのリプレースや働き方改革、消費増税などが需要を後押しし、プラス成長になるとみている。2020年以降のIT市場の見通しはどうか。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

「PC」シェア(2018年第3四半期)

国内の法人向けPCの出荷台数は前年同期比19.1%増の197万台で、2四半期連続で20%近い伸びを見せた。Windows 10移行に伴うPCリプレース需要はいつまで継続するのか。

部分導入か全体導入か、カスタマイズは必要か? クラウドERP導入前に確認すべきポイントを整理

ERPの導入やリプレースは企業全体の業務に関わるため、慎重に検討する必要がある。「部分導入か全体導入か」「基本機能だけで運用できるか」など考えるべき点は多い。本稿では導入前の確認ポイントを整理したい。

ファイルサーバの利用状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員対象にアンケート調査を実施した(有効回答数155)。現在利用するファイルサーバのリプレース予定やファイルサーバの代わりに利用するツールなどファイルサーバの利用実態について調査した。

Excelの利用状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員313人を対象にアンケート調査を実施した。満足度や他のツールへのリプレース意向などExcelの利用実態が明らかになった。

「L2/L3スイッチ」シェア(2016年度)

リプレース需要やIoT向け市場の拡張を背景に増加傾向で推移する同市場。シェア情報を紹介する。

業務で使う「タブレット」の活用法、リプレースの落とし穴

タニタが社員の端末をノートPCからSurface Pro 3にリプレースした。そのプロセスと直面した問題は何か。業務端末リプレースのポイントや、タブレットを選ぶ際に役立つオプション製品を紹介する。

笑顔じゃないと「出禁」になる? クラウド型勤怠管理ツールの選び方

多様な労働形態に対応し、勤務状況をリアルタイムに把握する勤怠管理ツールも種類が豊富だ。導入済みの勤怠管理ツールを更新するかリプレースするか、はたまた新規導入か使い分けか。ツールの選定ポイントを紹介する。

「リプレース」に関するIT製品情報

担当者1人で約1000台のPCを管理 トラブルの原因も迅速に究明

株式会社ディー・オー・エス

利用中のIT資産管理ツールに不具合が発生。年間ランニングコストも高額なことからリプレースを決断。同大学が選んだ、導入しやすく「無駄がない」IT資産管理ソフトとは?

無断残業の把握も可能 IT資産管理ツールで働き方改革の第一歩を

株式会社ディー・オー・エス

既存ツールでは正確なIT資産管理を実施できないとリプレースを決断したエクシング。新ツールはIT資産管理やログ管理だけでなく「働き方改革」の推進にも役立った。

基幹システムの統合やクラウド移行などの変化を見据えた、帳票ツールの選び方

ブレインセラーズ・ドットコム株式会社

業務システムの更改やクラウド移行では、自社業務に最適化した帳票ツールがネックとなりがちだ。リプレースの際には、こうした将来の変化にも低コストで柔軟に対応できる他、Webアプリケーション連携も容易な次世代帳票ツールを選びたい。

5年で陳腐化するコールセンターシステム、外為どっとコムが取った解決策は?

ジェネシス・ジャパン株式会社

外為どっとコムは、コールセンターシステムの老朽化からリプレースを余儀なくされた。そこで注目したのが、複数システムが必要だった機能を1つのプラットフォームに集約でき、5年後の環境変化にも対応できるクラウドサービスだった。

処理時間が2分の1に。高速かつ柔軟なデータ連携基盤を構築

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

ミルボンでは、新たなEAIシステムを導入したことで、データ連携の処理時間を向上させたほか、改修・リプレースが行いやすい業務システム環境を構築することができた。

「リプレース」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。