「リスプレイ とは」に近い情報
「リス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「リス」に関する記事情報

アナリストが警告 日本のAI活用が今のままでは“まずい”ワケ

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

部下をつぶす、その言動

部下とはきちんと対話できている――そう思っているのは上司だけかもしれません。コミュニケーションのない職場は、ときに部下の病気を引き起こすこともあります。まずはチェックリストで診断してみましょう。

RPAブームに陰りか 国内RPA市場規模予測とユーザー企業の挙動

2018年度の国内RPA市場規模は、2017年度と比較して大幅成長を見込む。しかし、下半期にはリスクや課題が浮き彫りになり、ブームに陰りが見えた。今後の展望は?

社員任せのWindows 10アップデートはリスクだらけ、IT資産管理ツールでどう回避する?

Windows 7のサポート終了を目前に、Windows 10へ移行を急ぐ企業は多いが、移行して終わりではない。WIndows 10のアップデート管理という次なる問題もある。今までのようにアップデート運用を社員任せにしていては、大きなリスクを引き起こす恐れがある。

費用は? 無料版は? いま知らないとマズい企業Webサイト常時SSL対応の基礎

GoogleなどのWebサイトの多くが「常時SSL」に移行しつつある。一般企業のちょっとした「ホームページ」もこのトレンドに追従しなければ大きなリスクがある。問題の概要と対策方法を解説する。

RPA導入で必ず起こる、テストの問題とは

RPA導入で必ずぶつかる壁として「テスト」がある。いい加減にしたり、従来のシステムと同じ要領で行ったりすると、思わぬロボトラブルにつながってしまう。テスト時によくある7つの失敗事例とその原因を紹介する。

5歳の子供に負ける? AI画像認識のワナ

AIならば何でもできる、取りあえず画像を学習させよう――そう思い込んではいませんか。AI画像認識は魔法のつえでも完全無欠のエキスパートでもありません。今回は、その勘違いが生むリスクについて説明します。

組織ネットワークの脆弱性をモノリスが教えてくれる「NIRVANA改弐」

組織ネットワークをグラフィカルに視覚化するとともに、脆弱性情報を常時入手して、リスクのある箇所を自動発見、警告を行う脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐(ニルヴァーナ・カイ・ニ)」とは。

RPAがセキュリティリスクに? 企業が知らない盲点とは

人の作業を代行するRPAが、コンプライアンス違反やセキュリティリスクの原因になり得ることはご存じでしょうか。RPAの活用が進むにつれて危険性は高まります。そうなる前に企業はどのような対策ができるのか、具体例とともに紹介します。

実例で学ぶ、RPAが止まる4つの原因と回避の手引き

RPA導入企業の4割が「ロボットの業務が滞る」と悩む。彼らの前に立ちはだかるのは、ロボットの作り方に起因した4つの“ロボトラブル”だ。図や表、チェックリストで、その対策を分かりやすく解説する。

「リス」に関するIT製品情報

求められるのは犯罪者を凌ぐイノベーション、4つの観点からみる企業保護の要件

レノボ・ジャパン株式会社

あらゆるデバイスがリスクにさらされる今日、企業の保護にはイノベーションで犯罪者をしのぐ信頼できるプロバイダーが欠かせない。セキュリティの柱となる4つの観点から「Security by Design(計画的なセキュリティ)」の要件を紹介する。

過剰なアクセス制限は不要、分類できないWebサイトのリスクも排除する方法とは

株式会社シマンテック

リスク評価の難しいWebサイトやフィッシングの脅威は防ぎたいが、Web利用を過剰に制限したくない。こうしたニーズに応えるのが「Web Isolation」だ。アクセス拡大とユーザー保護を最小限の負荷で実現するその実力を、詳しく紹介する。

「ビジネスメール詐欺」徹底解説:攻撃の仕組みと“なりすまし”対策の考え方

日本プルーフポイント株式会社

メールを介した攻撃が今日の攻撃の大半を占めるのは、セキュリティを技術的に突破するよりも、人をだます方が簡単だからに他ならない。人間の脆弱性を把握し、組織的にセキュリティ意識を高め、ITが補完する体制を構築したい。

基礎から解説、セキュリティ侵害の被害を最小化する「IRプラン」策定のヒント

トラストウェーブジャパン株式会社

セキュリティ侵害の発生防止が困難な昨今、インシデントレディネス/レスポンス(IR)の重要性が高まっている。攻撃者や手口の理解、IRチームの編成、証拠保存など、IRプラン策定の方法について、チェックリストを交えて詳しく解説する。

なりすましや乗っ取りをどう防ぐ? 実例に見る不正行為の6つのパターンと対策

Splunk Services Japan

デジタル時代のサービス提供には、乗っ取りやなりすましといった不正行為から顧客を保護するための一元的な対策が不可欠だ。そこで、不正行為に先手を打つ、マシンデータの活用に注目が集まっている。

「リス」に関する新着セミナー

内製化vsアウトソース「増えるWebアプリ・スマホアプリ・IoT機器…セキュリティテストは誰がやる?」

株式会社ベリサーブ

2019/07/05(金)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員30名 | スマートデバイス | 情報システム

「リス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。