「リスクフェッチとは」に近い情報
「リスク」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リスク」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「リスク」に関する記事情報

国土交通省が描く新デジタルツイン構想「Project PLATEAU」って何?

都市の幾何学構造ばかりでなく建造物の役割や災害リスクまでの視覚化を目指す国土交通省のプロジェクト「Project PLATEAU」の成果がオープンデータとして公開され始めた。公共目的と産業応用の両面で期待が膨らむ、この新「デジタルツイン」構築計画を解説する。

SaaSアカウント管理とは? IDaaSとの違い、働き方の変化に合わせるコツを解説

企業が使うSaaSの数は数十とも数百ともされる。SaaSの権限管理の漏れは重大なインシデントにつながるリスクがあるが、これらを表計算シートで管理するのは現実的ではない。外部パートナーを含めた人材情報とアカウント情報を一元的に管理する方法とは。

「ジョブ型雇用」まる分かり 基礎知識と導入ポイント、事例まとめ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を背景に、テレワーク時代にフィットすると関心を集める「ジョブ型雇用」。今さら聞けないとなる前に、基礎知識やリスク、従来の雇用制度とうまく折り合いを付けて導入するポイント、企業の事例などを押さえておこう。

2021年の個人情報保護はこう変わる セキュリティ対応のポイントを弁護士が解説

個人情報の保護を単なるコンプライアンス対策ではなく、ビジネスリスクの低減と企業競争力の強化を図る機会として対応サイクルを回すには、国内外の最新動向を知る必要がある。同分野で著名な弁護士が語る「2021年の対応のポイント」とは。

SASEとは? ゼロトラスト、リーントラストとの関係と構成要素……各セキュリティ用語の概要と違い(2)

従来の境界型防御では対策しきれないリスクの増大を受け、新しいセキュリティの概念やフレームワークが提唱されている。ゼロトラストとリーントラストの違いやZTAとSASE、CARTAの概要を3回に分けて解説する。

ゼロトラスト、ZTA、SASE、CARTA、リーントラスト……各セキュリティ用語の概要と違い(1)

従来の境界型防御では対策しきれないリスクの増大を受け、新しいセキュリティの概念やフレームワークが提唱されている。ゼロトラストとリーントラストの違いやZTAとSASE、CARTAの概要を3回に分けて解説する。

ゲストのリスクを最小限に抑える「来訪者管理システム」とは

ビジネスを続けながら感染症を完全に抑えるのは、現実的には困難だ。対面と非対面の両方のコミュニケーションを取り入れるとともに、対面会議における「万が一」に備える必要がある。自社と相手のリスクを最小限に抑えるためのシステムとは。

経営者が語る「コロナ禍中のIT事業」、何を見据えてどう進めるか

コロナ禍中、企業の対応は「攻め」と「守り」で顕著な違いが出ている。グローバルでDXが進む中、日本においてはIT業界自体のビジネス環境や人材育成、事業リスクはどう変わっただろうか。

3分の検査で「潜在意識」を可視化、生産性低下リスクを事前に見つけるSaaSとは

これまでの「出勤はしているが、不調で生産性が低下している状態」と「欠勤している状態」による評価では、生産性の低下は事後にしか把握できなかった。3分程度の検査で生産性低下のリスクを事前に察知する取り組みが始まっている。

プロが解説「ジョブ型雇用のリスクとギャップ」 導入前に確認すべき3つのポイント

人事においてジョブ型雇用が今一つのトレンドとなっているが、適切に運用しなければ、リスクとなる側面も持つ。今一度立ち止まって考えたいポイントを整理した。

「リスク」に関するIT製品情報

持ち出しPCにデータを残さない徹底した情報漏えい対策を実現

株式会社ZenmuTech

テレワークにおいて多くの企業が抱える課題は、社外に持ち出したPCからの情報漏えい対策だ。リスクを低減しながら高効率な働き方を実現するために有効な対策とは?

暗号化ソリューション「nShield HSM」

エントラストジャパン株式会社

高レベルの暗号化処理により、あらゆるセキュリティリスクから組織を保護

情報漏えいに対処する監査証跡製品を、運用負荷を抑えて導入

株式会社オーク情報システム

仕事の自宅持ち帰りなどで情報漏えいが発生するリスクに対処するために、ガスターではネットワーク監査証跡製品を導入。運用段階の負荷を軽減できた理由とは。

内部脅威検知サービス「Internal Risk Intelligence」

株式会社エルテス

複数ログを組み合わせた「人間の振る舞い」から、情報持ち出しなどの組織の内部リスクの予兆を検知。テレワーク中の隠れ残業などの労務管理にも活用可能。

クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View

Sky株式会社

リスクの発見から、テレワークの運用管理まで支援。

「リスク」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。