「リコー lp ids」に近い情報
「リコー」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「リコー」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「リコー」に関するIT製品情報

Excelベースの簡単3ステップで導入、ITスキル不要のAIチャットbotサービス

株式会社リコー

問い合わせ対応業務の負荷削減に有効なAIチャットbotだが、専門知識不足から導入/運用に二の足を踏むケースは少なくない。そこで注目したいのが、タグを1つ埋め込むだけでチャットボタンが設置できる、コスパにも優れたサービスだ。

請求書の封入・投函にも対応、“脱Excel”にも効く帳票管理サービスとは?

株式会社リコー

非効率な手作業や人的ミスの発生、入金消込み作業のブラックボックス化などの問題を抱える請求関連業務。手間のかかる「請求書の印刷・封入・投函」といった作業まで効率化し、働き方改革の実現へとつなげるためにはどうすべきだろうか。

とにかく面倒な「請求業務」、現場や経理をもっと楽にする方法は?

株式会社リコー

ビジネスに見積書や請求書は付き物だが、その作成や管理、発送における非効率性には現場も経理も不満を抱えている。請求業務から無駄とミスをなくし、現場と経理をもっと楽にするにはどうすればよいのだろうか。

請求書処理はAIでどれだけ楽になる? クラウド型OCRソリューションの実力とは

株式会社リコー

データ入力や確認、突合チェックなど、ただでさえ手間と時間を要する請求書処理業務だが、特に月末/月初は担当者の負荷が増大しミスが生じやすい。こうした課題を解決するものとして注目されるのが、AI技術を使ったOCRソリューションだ。

これからのシステムは4Uで収まる? 秒速&全自動バックアップ対応HCIの実力

リコージャパン株式会社

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の登場により、30~40Uで構成された従来型システムも4Uに集約可能となった。さらに新世代のHCIは、1TBのデータをわずか60秒で全自動リストアできるなど、DR/BCP対策の面でも大きな進化を遂げている。

「リコー」に関する新着セミナー

AI+人+クラウドで解決!請求・会計業務の働き方改革 ~中小企業の企業間取引にまつわる業務の課題と解決策~

リコージャパン株式会社

2020/02/20(木)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 基幹系システム

AI+人+クラウドで解決!請求・会計業務の働き方改革 ~中小企業の企業間取引にまつわる業務の課題と解決策~

リコージャパン株式会社

2020/03/18(水)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 基幹系システム

「リコー」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。