「ランサムウェア テープバックアップ」に近い情報
「ランサムウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ランサムウェア」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説テープバックアップとは?

カートリッジの中にデータを記録する磁気テープがリール状に収められているものをバックアップテープというが、これをバックアップの記録媒体として使うバックアップ方式のこと。中規模以上のITシステムのバックアップに使用される機会が多い。テープカートリッジの構造や、読み書きの仕組みは規格によってそれぞれ異なる。さまざまな規格が規模別に用意されているが、エントリークラスではDDSが、ミッドレンジではLTOが現在の主流である。

「ランサムウェア」に関する記事情報

企業を狙うランサムウェア、脅威の可視化が急務――トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロが報告書「2019年 上半期セキュリティラウンドアップ:法人システムを狙う脅迫と盗用」を公開した。日本と海外の脅威動向をまとめている。

人質は公共サービス、自治体のランサムウェア被害が増大:520th Lap

ランサムウェアが猛威を振るっている。端的にいえば「身代金を要求するマルウェア」だ。PCなどを勝手にロックして「解除してほしければビットコインを支払え」と脅してくる。自治体は絶好のカモだ。

ランサムウェア攻撃に「うちは狙われない」は正しくない

「日本は安全」という神話の上にあぐらをかいた「うちは関係ない」「うちは狙われない」という考え方が、いまだ多くの経営者の中にある。

人口45万人の都市がランサムウェアに感染、その時、何が起きたのか?:461st Lap

ランサムウェアの被害は減るどころかますます増加している。個人だけでなく企業もターゲットになる傾向にあるのだが、最近では都市を狙うランサムウェアが増加中というではないか。

人口45万人の都市がランサムウェアに感染、その時、何が起きたのか?:461st Lap

ランサムウェアの被害は減るどころかますます増加している。個人だけでなく企業もターゲットになる傾向にあるのだが、最近では都市を狙うランサムウェアが増加中というではないか。

ランサムウェアや標的型攻撃は多層防御で撃退、最新UTM事情

今日のランサムウェアはファイアウォールでは止められない。「WannaCry」の金銭要求画面に遭遇しないためにもUTMの活用が効く。UTM vs. ランサムウェア、最新動向を追う。

「WannaCry」で振り返る、適切なランサムウェア対策とは?

2017年5月に発生したランサムウェア「WannaCry」は、世界的に大きな被害をもたらした。過去にない特徴があったからだ。

日本は最もランサムウェア攻撃を受ける割合が高い

Kaspersky Labが、2016年度のサイバー脅威の統計を公開。1年間に検出したランサムウェアの亜種は5万4000種以上にもなった。

企業を狙うランサムウェア、手口が巧妙化

ランサムウェアの被害件数が過去最大といえるレベルまで拡大した。トレンドマイクロによれば、2016年1~6月における日本での被害報告件数はは前年同期比の7倍という数字だ。

ランサムウェアの身代金、300万円以上支払った人も

トレンドマイクロが「企業におけるランサムウェア実態調査2016」を発表。暗号化されてしまった被害者の6割が身代金を支払ったという。

「ランサムウェア」に関するIT製品情報

2019年第1四半期セキュリティ概況:活発化するランサムウェアとフィッシング

トレンドマイクロ株式会社

2019年は沈静化していたランサムウェアが活発化し、法人においては世界的な被害を発生させている。前年から継続するフィッシング詐欺や「正規サービス」を隠れみのとする新たな標的型攻撃など、国内外における最新の脅威動向を解説する。

2019年第1四半期サイバー攻撃最新動向:“標的型”へ変貌する脅威をどう防ぐ?

フォーティネットジャパン株式会社

ランサムウェアやマルウェア、エクスプロイト、botネットなど、サイバーセキュリティ上の脅威は、2019年に入っても依然として勢いを増している。それらの最新動向から、企業が今取るべき対策を考える。

日本語だと無視できない――急増する「詐欺・脅迫メール」の最新手口と被害状況

トレンドマイクロ株式会社

システムの脆弱性を利用したランサムウェアの勢いが急減する一方、近年は「人」の誤解や思い込みを利用したフィッシング詐欺が増えている。そして、一般利用者/法人の間でその被害をさらに深刻化させるのが、詐欺メールの“日本語化”だ。

ディスクの情報を簡単・高速に“丸ごと”バックアップ/リカバリー

株式会社ラネクシー

バックアップ/リストアは、サーバで稼働する基幹システムや仮想化環境が中心だった。しかし、ランサムウェア対策やWindows 10更新プログラムへの対応の必要性から、クライアントPCのバックアップが注目されはじめている。

RTOの“2分の1”、2時間でランサムウェア被害から仮想マシン復旧した方法とは

アクロニス・ジャパン株式会社

物理サーバから仮想環境への移行後、バックアップシステムのセキュリティ品質やコストが課題となった、カナダの自動車販売代理店Ready Honda。複数拠点を抱える同社が、バックアップ/復元の一元管理とRTO短縮を実現した方法とは?

「ランサムウェア」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。