「ユーザカバレッジとは」に近い情報
「ユーザ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ユーザ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ユーザ」に関する記事情報

テレワーク中の業務アプリアクセスもゼロトラストに セキュリティサービス「Pulse Zero Trust Access」

パルスセキュアジャパンは、業務アプリケーションなどへのセキュアなアクセスを維持するクラウドサービス「Pulse Zero Trust Access」の提供を開始する。ユーザーの機器がアプリケーションにアクセスする前に、ユーザーIDや機器の状態を自動的に検証してアクセスを管理できるようにする。

「ハンコ出社」撲滅なるか、Dropboxが提案する脱ハンコ機能とは

Dropbox Japanは、2020年の注力機能を発表した。新たに提供する電子署名サービスでは、社外の取引先がユーザーかどうかにかかわらず電子署名の利用ができるという。

eラーニング市場最新予測、コロナ禍で需要増も法人向けは微妙な伸び?

コロナ禍でユーザーが増加するeラーニング市場だが、金額ベースでの市場成長はそれに比例しないようだ。

気付かないうちに乗っ取り完了? 最新のAndroid脆弱性が怖すぎる件:565th Lap

Androidスマートフォンにかなり危険な脆弱性が見つかった。なんでも"全て"のアプリを装いユーザーのデータや認証を奪うことが可能という。その真相とは。

「Office 365離れ」はなぜ起こる? 導入のプロが語る利用促進の成否の分岐点

数々のOffice 365の導入案件に関わるマイスターは、Office 365導入後もユーザー企業から相談が絶えないという。それは、ツールの定着に関する悩みだ。なぜこうした相談が多く寄せられるのか。またOffice 365から「Microsoft 365」への突然の名称変更についてもコラムで詳しく解説する。

無償で利用できるテレワークシステムをNTT東日本とIPAが提供、契約や登録も不要

NTT東日本とIPAは「シン・テレワークシステム」の無償提供を開始した。契約とユーザー登録なども不要だというがどういったものか。なお、NTT東日本によれば、「シン・テレワークシステム」の「シン」は「シンクライアント」と「新しい」の「シン」を意味するという。

テレワークで注目のZoomに情報漏えいや乗っ取り? 脆弱性問題とは:557th Lap

テレワーク需要で急速にユーザーが拡大した「Zoom」に発見された脆弱性とは?

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

国内大手企業でもAI活用に足踏み 「先駆的利用」はわずか7.6%

IDC Japanは、国内大手ユーザー企業を対象に企業のAI活用を調査を。結果を分析したところ、AIを先駆的に活用できている企業はわずか7.6%にとどまることが分かった。

調査で見えた、ユーザー企業の「5G」への期待と意欲

国内における「5G」のサービス開始も目前に迫る。期待が集まる中、企業の5G利用意欲はどうだろうか。IDC Japanが1087人に聞いた。

「ユーザ」に関するIT製品情報

ユーザー構築型ワークフロー「Web PerformerWf」

キヤノンITソリューションズ株式会社

自社のルールに合ったワークフローシステムをGUIで簡単構築

ユーザーID棚卸をクラウド化。3カ月で約7,500ID分の管理効率化

NTTテクノクロス株式会社

auカブコム証券は、以前から導入していたユーザーID棚卸ツールのバージョンアップを行い、ID棚卸業務の効率化とデータの正確性の向上、属人化の脱却を実現した。

BIソリューション「MicroStrategy 2020」

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

ビジネスユーザーとITユーザーの全ユーザー層が使えるBIソリューション

AWS環境での公開サーバ構築、ユーザー側のセキュリティ対策はどこまで必要?

トレンドマイクロ株式会社

AWSでの公開サーバ構築においては、責任共有モデルを踏まえたセキュリティ対策が必要になるが、その内容を十分に把握している企業は多くない。改めてユーザー側の責任範囲はどこまでなのか、必要な対策は何なのかを確認しておきたい。

複雑な認証はサイト離れの一因に 高精度なbot対策をもっと簡単に実現するには

株式会社日立ソリューションズ

bot対策の代表的な手段には、指定した画像などを選ばせる「CAPTCHA」や、ログイン時の「二要素(多要素)認証」などがあるが、複雑にすればするほどユーザーの利便性は低下してしまう。この課題を解消する、AIを活用した新たな対策とは?

「ユーザ」に関する新着セミナー

Dropbox Business Demo (ユーザー画面編)〜「使いやすい」・「選ばれる」製品の実画面をご紹介〜

Dropbox Japan

2020/09/29(火)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール | バックアップ

【オンライン開催】ユーザー事例とデモで学ぶ「Create!FormV11.2」セミナー

インフォテック株式会社

2020/08/27(木)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム

【オンライン研修】効果的なユーザーストーリー【1日間】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2020/10/12(月)10:00~17:00

  • オンラインセミナー
55,000円(税込) | 定員20名 | 開発

「ユーザ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。