「メインフレーム シンクライアント 違い」に近い情報
「メインフレーム 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「メインフレーム 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メインフレームとは?

主に基幹業務で使われてきた大型のコンピュータシステムのこと。WindowsやUNIXなどを搭載したオープンシステムとは異なり、各ベンダーで独自に開発したオペレーティングシステム、ハードウェアアーキテクチャ、アプリケーションで構成されており、高速処理が可能。また、信頼性や可用性にも優れており、ほとんどの場合、24時間365日、無停止で稼働している。

「メインフレーム 違い」に関する記事情報

「サーバ」シェア(2018年第3四半期)

2018年第3四半期の国内サーバ市場動向は、x86サーバが市場をけん引し前期に引き続いてプラス成長だった。一方で、メインフレームは減少に転じたが、その理由とは。

第3のプラットフォーム市場、1兆円規模を超える

メインフレーム時代の「第1のプラットフォーム」、クライアントサーバ時代の「第2のプラットフォーム」の次に来る、第3のプラットフォーム向けITサービス市場が大きく成長を始めた。

「IBMのメインフレームを買ってみた」ある少年の奇跡:453th Lap

「IBMのメインフレームを購入した」と聞けば、「どこかの企業が導入したんだな」と思うのが普通だろう。個人がメインフレームを購入して自宅に据え置いたという話には耳を疑うしかない。

「サーバ」シェア(2012年第4四半期)

2012年第二四半期の出荷額は1044億円となった「サーバ」市場。メインフレームは金融業向けの出荷構成比が増加した。シェア情報を紹介する。

「国内サーバ」シェア(2008年)

2008年国内サーバ出荷金額は前年比7.0%減となったが、メインフレームは2001年以降、初プラス成長の「国内サーバ」。シェア情報を紹介する。

「メインフレーム 違い」に関するIT製品情報

代ゼミが基幹システムのメインフレームを廃止 移行を実現した開発ツールとは

JBCC株式会社

保守・運用コストが高い従来のメインフレームからオープンシステムへと基幹システムを移行し、業務の効率化やコスト削減を図りたい企業は多い。大手予備校である代々木ゼミナールの成功事例から、移行の課題と解決方法を確認する。

マイグレーションで運用コストを約55%も削減できた理由

NDIソリューションズ株式会社

メインフレームの老朽化による運用負担とコストの増加を解消すべく、別システムへのマイグレーションを実施した結果、約55%の運用コストを削減できた理由とは?

顧客情報1200万件を守るため、日本生命が選んだ暗号化に強いメインフレームとは

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウド全盛といわれる昨今だが、多数の個人情報を擁する保険業界では強固なセ キュリティを持つメインフレームの需要が旺盛だ。中でも日本生命が採用した製品 は、ハードウェアが暗号化機能を持ち、セキュリティと柔軟性を両立するという。

メインフレーム1台で機械学習を実現、企業のデータ活用の新たな形とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

機械学習を有効活用するには基幹データの利用が不可欠だ。しかし、個人情報を含 む基幹データをリアルタイムかつ安全に分析処理に活用することは、従来のシステ ムでは大きな障壁があった。その課題を解決する最新メインフレームを紹介する。

メインフレームマイグレーションサービス

NDIソリューションズ株式会社

オープン系への親和性とRAS性能に優れた環境への移行を実現

「メインフレーム 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。