「ミスミ」に近い情報
「ミス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ミス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ミス」に関する記事情報

「クラウドRPA」とは? オンプレミス型との違い、3つのタイプを整理

「RPAのコストが高すぎる」「RPAの対象業務が少ないない」「開発や運用を担える人材がいない」――課題の解決を目指した「クラウドRPA」がブームとなりつつある。クラウドRPAの利用形態と、それぞれのメリット・デメリットを整理した。

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

RPAの導入効果を高めるために 「取りあえず人気ツールを導入してみよう」がミスのはじまり

RPAの導入効果を得るためには、最低でも4つのポイントを押さえなければいけません。今回は、その内「RPAの導入目的を明確にする」「目的に応じたツールを選ぶ」の2点について専門家が説明します。「取りあえず人気のツールを入れてみよう」と考える企業は、逆に成功から遠ざかっている――?

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

AIがミスリードする“人件費”にまつわる誤解

AIを導入すればすぐに人件費を削減できると思っている、AIに仕事を奪われるとやみくもに恐れる――こうした間違いによって、AI画像認識の導入は頓挫してしまいます。その理由とは?

広がるクラウド財務会計の実力

クラウド化が進む財務会計システムだが、オンプレミスとの違いや注意すべきポイントがある。クラウド環境で利用できる財務会計システムを解説する。

CRMシステムが備える「4つ」の基本機能とは?

大企業向けと中小企業向け、クラウド型にオンプレミス型など、数あるCRMシステムに備わる機能も多種多様だ。しかし、ほぼ全ての製品が共通して備える機能がある。

ウェアラブルデバイス最前線、これでまる分かり製品スペック一覧

業務用ウェアラブルデバイス、主要6製品のスペック表を徹底比較。人材不足や人的ミスなど日本を襲う問題の救世主となるか?

運用は何が変わる? メール誤送信防止ソリューションの基礎知識

うっかりミスによるメール誤送信を防ぐために役立つメール誤送信防止ソリューションだが、導入することで現場の運用がどう変わるのか?

費用はどれくらいかかるの? 「グループウェア」のコスト感

どうしても気になるのが「導入にどれぐらい金額がかかるのか?」という点。月々支払う「クラウドタイプ」と、一括購入する「オンプレミスタイプ」。さらに、欲しい機能によってさまざまなメニューがあって戸惑いますよね。

「ミス」に関するIT製品情報

開発ツールやRPA機能も搭載、「基幹系/情報系統合ソリューション」の実力とは

株式会社OSK

業務効率化に向け、基幹系/情報系システムの活用が進んでいる。その一方で、データの二重入力や転記ミスなど、改善の余地は大きい。そこで注目したいのが、基幹系/情報系システムを同一プラットフォームで運用できるソリューションだ。

テレビ会議クラウドサービス4種を比較、自社課題を解決できるのはどれ?

VTVジャパン株式会社

オンプレミス型多地点接続装置(MCU)のサポート終了を受け、テレビ会議の接続方法をクラウドへ切り替える企業が増えている。そこで4種のクラウドサービスをピックアップし、それぞれの特長や解決できる課題を紹介する。

請求書の封入・投函にも対応、“脱Excel”にも効く帳票管理サービスとは?

株式会社リコー

非効率な手作業や人的ミスの発生、入金消込み作業のブラックボックス化などの問題を抱える請求関連業務。手間のかかる「請求書の印刷・封入・投函」といった作業まで効率化し、働き方改革の実現へとつなげるためにはどうすべきだろうか。

とにかく面倒な「請求業務」、現場や経理をもっと楽にする方法は?

株式会社リコー

ビジネスに見積書や請求書は付き物だが、その作成や管理、発送における非効率性には現場も経理も不満を抱えている。請求業務から無駄とミスをなくし、現場と経理をもっと楽にするにはどうすればよいのだろうか。

請求書処理はAIでどれだけ楽になる? クラウド型OCRソリューションの実力とは

株式会社リコー

データ入力や確認、突合チェックなど、ただでさえ手間と時間を要する請求書処理業務だが、特に月末/月初は担当者の負荷が増大しミスが生じやすい。こうした課題を解決するものとして注目されるのが、AI技術を使ったOCRソリューションだ。

「ミス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。