「マルチホーミング」に近い情報
「マルチ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「マルチ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説マルチホーミングとは?

マルチホーミングとは、拠点間のネットワークの冗長化を実現するための技術。インターネットの接続を同時に複数回線で行うことで、通信の負荷分散を行い、パフォーマンスを向上させながら、ネットワークの可用性を高められる。VPNの強化、DRサイト構築、インターネット回線の強化、WANの信頼性とスループットの向上、VOIPやWeb会議のトラフィック最適化、BCP対策などに役立つ。

「マルチ」に関する記事情報

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

ハイブリッドクラウド構築で企業が最も重視することは?

複数のクラウドを適材適所で使い分けるマルチクラウドの一般化を背景に、ハイブリッドクラウドを構築する企業も増えている。構築の際に、最も重視されることとは?

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

ビジネス効果を高めるマルチクラウド運用のツボ

IT部門がまとめて仕入れ、業務部門が必要に合わせて活用できるようなマルチクラウド運用は今後ますます拡大していく。より効果的な運用管理の在り方を考えてみる。

マルチクラウド運用ツールで管理業務を1つに集約する3つのメリット

複数のクラウドサービスから最適なものを組み合わせて利用している企業も多く「マルチクラウド運用」のニーズは今後ますます高まりそうだ。マルチクラウド運用管理の実態を紹介する。

既存光ファイバーの10倍以上の伝送速度「マルチサブキャリア光送受信」とは?

基幹ネットワークの高速化が期待される中、1波長当たり1Tbpsを超える超高速伝送技術が登場した。既存速度のおよそ10倍を達成する。

マルチベンダーストレージ環境の自動運用を可能にする「SDS」とは?

単一ベンダーでしか構築できなかったストレージ仮想化をソフトウェア定義で実現するSDSが登場。SDNからSDSへ、どこまで広がるか?

マルチデバイス時代に向けたIT資産管理の勘所

スマートデバイスが普及する中、標的型攻撃対策などIT資産管理の役割や形態も大きく変化している。実態を徹底解説。

10Pbps到達目前、「マルチコア・マルチモード光ファイバー」とは?

1万本分の2時間ハイビジョン映画をわずか1秒で送信できる新たな光ファイバーが限界を超えて登場した。先行する日本の速度技術に注目だ。

データ連携ツール最前線、民主化するシステムの中核だ

アプリケーションやデータのポータビリティ性能が飛躍的に向上する中、マルチクラウド環境でのシステム構築に役立つ「データ連携ツール」が進化を続けている。

「マルチ」に関するIT製品情報

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」解説、導入に向けて知っておきたいポイントは?

株式会社日立ソリューションズ

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)が注目されている。スループットキャパシティーが従来の4倍になった上、マルチユーザー機能が強化され、音声やビデオなど遅延に敏感な通信にも強くなった。新規格のポイントを確認しておこう。

クラウド型IT資産管理「ISM CloudOne」

クオリティソフト株式会社

クラウド型資産管理市場におけるシェア4年連続No.1! 導入実績6万社以上。国内・海外の拠点やマルチデバイスのセキュリティを一元管理。

全てのクラウドERPが同じではない、“真のクラウドERP”の見分け方は?

日本オラクル株式会社

企業成長を加速しようと、ERPの刷新時に「クラウドERP」を検討する企業は多いが、クラウドERPの全てが同じメリットを提供できるわけではない。マルチテナンシーをはじめ、“真のクラウドERP”を見分けるポイントを解説する。

サルでも分かる「マルチクラウドストレージ」 ハイブリッドクラウドとの違いは

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ビジネスアプリケーションのクラウド移行戦略において、新しい技術をいかに活用してストレージインフラの迅速性・柔軟性・堅牢性を確保するかは重要な課題だ。その解決策「マルチクラウドストレージ」について分かりやすく解説する。

加速する基幹系のクラウド化 Oracleも含めたマルチクラウドへの変貌を実現

株式会社日立システムズ

多くの企業が、基幹システムの次期更新時にクラウド化を予定している。昨今のトレンドであるマルチクラウドでの基幹系システム利用に向け、他のパブリッククラウドと容易に接続できるマルチクラウドにOracleを包含、新たにリリースを予定。

「マルチ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。